【吉祥寺】茶房 武蔵野文庫へ行ってきた【東京のグルメ】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは吉祥寺にある茶房 武蔵野文庫です!

吉祥寺の東急百貨店の奥にあるレトロな喫茶店です。

全体的にレモン味なものが多いかも?と言う印象を受けたお店でした!

 

早速紹介していきます!

 

お店の写真

店頭の写真はこちら。

テナントが3店舗並んでいるうち、真ん中のお店が武蔵野文庫です。

 

店内の一部。

テーブル席が並ぶ中、奥には骨董品などが並び、一部手書きのメニューがあるのも見えます。

 

カウンター席もあります。

お店の入口付近には陶器のお皿が販売されているスペースや、店内で読める雑誌が置かれているスペースもあり、居心地の良い空間になっていました。

 

このお店のクリームソーダは緑じゃない?!

クリームソーダ注文したところ、やってきたのは黄色のクリームソーダでした。

メニューはこの1種類。普通、クリームソーダが1種類しかないお店は、緑のクリームソーダなことが多いので、とても珍しいですよね!

値段は700円。

 

どこからどう見ても黄色のソーダです。

綺麗な黄色〜

冒頭でレモンのお話をしましたが、このクリームソーダ、レモン味なのです!

メロンのクリームソーダと違い、レモン味のクリームソーダのほうが甘さの中にほんのり酸味を感じる味でした。

上の方に氷が集まっているのがわかります。

この氷、四角いブロックのような大きな氷を一度欠いて細かくした状態でグラスに入れているのです。

 

その氷の上にのっているのはミルクアイス。

優しい甘さが美味しいアイスでした。

このアイスがレモン味とベストマッチ!

他では味わうことの出来ないオリジナリティの溢れるクリームソーダです。

 

茶房ババロア

ババロアがあるのは珍しい!注文してみたところ、一見レモンののったプリンのような可愛いババロアが運ばれてきました。

値段は450円。

 

見た目も珍しく可愛いババロアですが、注目ポイントはプルプルな食感!

とにかくプルプルしていて、スプーンで一口すくうと、ぷるんと揺れます。

 

ババロア自体にほんのりレモンの味がついています。

上にのっているレモンを絞り、レモン果汁をかけて更に風味をプラスするのもアリかも。

 

トースト

喫茶店の王道メニュートースト!

値段は450円。

 

こちらのお店のトーストには、同じお皿にサラダがのっています。

サラダはアルミホイルにのっていました。トーストとサラダがくっつかないようにと言う配慮かな?

 

そしてブルーベリーのジャムとバター付き。

特に朝ごはんに向いているような気がしますね〜

 

しっかりと焼かれた厚切りトースト。

ここにバターをぬって塩をかけて食べるのも美味しいし、ジャムをぬって食べるのも美味しい…!

特にこのジャムが美味しかったです…!!

 

武蔵野文庫は、コーヒーはもちろん、カレーが美味しいことで有名な喫茶店です。

ぜひ吉祥寺へ行ったら、寄ってみて下さい!

 

アクセス

住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-4 吉祥寺井野ビル1F
電話番号 0422-22-9107
営業時間 9:30~22:00
定休日 月曜日、火曜日
公式サイト ありません

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。