【鎌倉】茶房 雲母で和スイーツを堪能してきた【神奈川のグルメ】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、茶房 雲母(さぼう きらら)と言う甘味処です!

鎌倉駅の西口から歩いて10分くらいの所にあるこちらの甘味処は、今話題の抹茶白玉を使ったあんみつなど、魅力的な和スイーツがいっぱいです。

 

周りは住宅街で、そんな住宅街の中に1つだけお店がありました。

雨のふる土曜日に行き、10時40分頃に着くと、既にお店の前には行列が出来ていました。

ここのお店、普段は11時開店なのですが、土日祝日は10時半に開店します。

そして、そこから30分ほど外で待っていると、中へ案内されました

 

こちらは待っている時に撮った店頭の看板。

右の白いものはメニュー表です。

 

それでは早速、注文したメニューを紹介していきたいと思います!

 

抹茶ミルク

メインのスイーツの前に、飲み物を飲もうと思い注文したのが抹茶ミルクです。

値段は550円。

ティーカップに入っていて、クッキーが付いてきます。

普通の抹茶を頼むと、茶碗に入って干菓子が付いてくるので、和と洋に区別されています。

抹茶ミルク自体に甘みが一切ないので、甘さが欲しい人向けに砂糖の筒も付けてくれます。

 

抹茶本来の苦味がミルクをいれることによって、優しい苦味になる一杯です。

入っているカップこそ洋風のものでしたが、味は日本の抹茶な苦味を感じる美味しい味でした!

 

白玉きな粉

メインとして頼んだ一品です。

ここのお店、注文を受けてから白玉を茹でてくれるので、少しくるまでに時間がかかります。

白玉きな粉自体が運ばれてくる前に、黒蜜と漬け物が花を添えて運ばれてきました。

白玉が茹で上がるまで抹茶ミルクと漬け物を食べて待ちます。

黒蜜は、白玉きな粉にかける用です。

 

そして運ばれてきた白玉きな粉がこちら。

値段は750円。

 

もちもちだけど柔らかい食感の白玉です。

茹でたてなので、ほんのり温かみも感じました。
濃厚な和の甘みの黒蜜をたっぷりかけて食べると、きなこと黒蜜の甘みが口の中で広がって幸せな気分になります。
黒蜜を上からかけると、きな粉がはじくのでみていて面白いです。

味だけでなく、見るもの楽しめる一品で大満足です。

 

宇治白玉クリームあんみつ

最近話題の抹茶白玉ののったあんみつです。

こちらも白玉きな粉と同じタイミングで注文しました。

値段は850円。

 

別の時に訪れた茶房 雲母の宇治白玉クリームあんみつ。

抹茶の白玉は、普通の白玉と違い、それだけで食べると少し抹茶の苦味を感じる味です。
抹茶ソースをかけることで、よりこの白玉の旨味を引き出す事が出来ます。
抹茶アイス、あんことの組み合わせは更にお互いの良さを引き立たせ合っていて美味しいのでオススメです。

 

1つだけ白い白玉があり、4つ抹茶白玉があります。

あんこと抹茶蜜を少しかけて抹茶白玉をいただきます!

 

くずきり 抹茶蜜

こちらがくずきりです。この状態で運ばれてきます。

値段は800円。

 

黒蜜と抹茶蜜の好きな方を選びます。

私はこのお店といえば!と思い抹茶蜜をチョイス。

写真では色がわかりにくいですが、蓋をあけるとたっぷり抹茶蜜が入っています。

 

蜜の入った蓋を開けると、その下にこのようにみかんとさくらんぼが入ったくずが入っています。

こんな感じで抹茶蜜をかけて食べます(撮影協力 相方さん)

この蜜、ほんのりと抹茶の苦味を感じつつ、濃厚な甘みの方が強い味わいで、凄く美味しいのです。

このくずきりは、あんみつなどにかける蜜の味を堪能したい人にオススメしたいメニューです。

 

お店の人の親切さも良い所でした

茶房 雲母の白玉は、噂に違わぬ美味しさでした!

更に感動したのが、お店の人の気遣いです。

 

まず、中へ案内されるときにお冷を提供してくれるのですが、その後、注文をすると、食前に温かいほうじ茶を出してくれます。

 

また、白玉が茹で上がる数分前に、席に来て、もうすぐ白玉が茹で上がると言うことを教えてくれました。
そして、全て食べ終わった後、食後のお口直しとして温かい昆布茶出してくれました。

食後の昆布茶は、その塩っぱさが甘さで満たされた口の中をシメとして潤わせてくれました。

 

こういった親切な気遣いをして頂くと、心が温かくなりますよね。

 

お店の中のショーケースには、紙粘土で作ったこのお店の甘味が飾られていました。

可愛いですね!

こちらお店は、公式サイトなどは特にありません。

また、予約も出来ないようなので、絶対に行きたいと言う人は、朝から並ぶことをオススメします。

 

並んででも食べたいと思える、とても美味しい和スイーツが待っている茶房 雲母!

鎌倉へ行った際には是非一度行ってみて下さい。

ここから更に歩くと、銭洗弁天へも行けるので、銭洗弁天へ行く途中、もしくは寄った帰り立ち寄るのも良いと思います。

 

 

アクセス

住所 神奈川県鎌倉市御成町16-7
電話番号 0467-24-9741
営業時間 月~金 11:00~18:00

土日 10:30~18:00

定休日 なし

広告



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。