城下町山形七福神の1つ!諏訪神社へ行ってきた【山形の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは山形駅から少し歩いた場所にある諏訪神社です!

山形駅周辺の城下町山形七福神の1つに指定されている神社です!

 

変わった手水舎がある神社でもあるんですよ〜

 

早速紹介していきます!

 

神社の概要

  • 御祭神:建御名方神、大国主神、事代主神
  • 御利益:勝利祈願、五穀豊穣、商売繁盛など
  • 例大祭日:9月27日
  • 創建:1474年
  • 御由緒

公式サイトを参考にしてみて下さい。

 

実際の様子

鳥居と神門、そして他では見たことがない手水舎

道路沿いにある大きな鳥居が諏訪神社へ続く目印です。

白い石造の鳥居の先に諏訪神社の神門があります。

 

神門の先を進んで行きましょう。

神門の中の柱、そこに手水舎が備え付けで用意されているのです。

こちらがその手水舎。

近くへ行くと自動で水が流れる人感センサー付きの手水舎です。

柄杓は無く、直接手を清めるタイプの手水舎でした。

柄杓が無い手水舎は時々見かけますが、神門自体に手水舎がついていると言うのはとっても珍しいですね…!!

 

神門をくぐると左手に銅像があります。

澤村政夫宮司壽像です。

 

狛犬と拝殿

こちらは拝殿の前にいる狛犬です。

その先にある拝殿はこちら。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

境内社と太鼓橋

拝殿の右手に鳥居があります。

この先に境内社が2つあります。

まず右側へ進んで行きます。

するとスラッとしたスタイルの狛狐の姿がありました。

この狛狐の先にあるこちらの社は福禄壽稲荷神社です。

山形七福神の福禄寿(福禄壽)と宇迦之御魂神が合祀されています。

 

その隣に普賢神社です。

辰年と巳年の守り神がお祀りされています。

 

場所は変わり、授与所の近くです。

自然に囲まれたこの場所には太鼓橋があります。

小さな池にかかる太鼓橋。

実際に渡ることも出来ます。

 

この太鼓橋からは、枝垂れ桜と拝殿を見るかもことが出来ます。

葉桜になりかけの枝垂れ桜でしたが、散りゆく花びらが風に流される姿も風情があって素敵でしたよ〜

 

御朱印

御朱印は授与所で頂くことが出来ます。

授与所はとてもわかりやすいので、境内へ行くとすぐにわかると思います。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

御朱印は見開きのみで、諏訪神社と城下町山形七福神の福禄寿(境内社)の御朱印になっています。

初穂料は600円。

 

諏訪神社の御朱印は2匹の龍の印が円を描いています。

令和になった記念と言うことで、オレンジの墨書きで「奉祝」と「参拝の日付」が書かれていました。

 

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

 

アクセス

住所 山形県山形市諏訪町1-1-55
電話番号 023-622-6358
開門時間 24時間
御朱印受付時間 8:30〜17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス JR「山形駅」より 徒歩10分
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

同じ山形駅周辺に歌懸稲荷神社豊烈神社があります。

文翔館のすぐ近くに湯殿山神社があります。

少し移動すると山形縣護国神社があります。

 

北山形駅の方へ移動すると豊富な種類の御朱印が話題の伝昌寺があります。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村