【鎌倉】安国論寺へ行ってきた【神奈川の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは鎌倉にある日蓮宗のお寺安国論寺あんこくろんじです!

見どころが多く、プチ登山を楽しみつつ、境内から山を見ることも出来るお寺です。

御朱印にも特徴がありますよ〜!

 

早速紹介していきます!

 

寺の概要

  • 御本尊:久遠実成本師釈迦牟尼仏
  • 宗派:日蓮宗
  • 山号:妙法華山
  • 寺号:安国論寺
  • 別名:松葉ヶ谷霊跡 安国論寺
  • 創建:1253年
  • 開山:日蓮聖人
  • 御由緒

長勝寺・妙法寺と並び、日蓮が鎌倉で布教するに際して拠点とした松葉ヶ谷草庵の跡とされ、松葉ヶ谷霊跡安国論寺とも言う。開山は日蓮とするが、弟子の日朗が文応元年に、日蓮が前執権北条時頼に建白した「立正安国論」を執筆した岩穴(法窟)の側に安国論窟寺を建てたのが始まりである。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

山門から手水舎までの道

大きな道路から1本小道に入った先に安国論寺があります。

隣に病院があるので、目印になると思います。

この写真の中央に見えている山門から安国論寺へ入りましょう。

 

一番最初の階段を上ると、一度平坦な道になります。

山門の前に続く階段を上り、山門をくぐりましょう。

 

順路を進んでいきます。

写真の左手に見える大きな石灯籠の手前に御札所があり、こちらで御守や御札、御朱印を頂くことが出来ます。

 

こちらが手水舎。手を清めて先へ進みます。

道を挟んで向かい側に御茶室もあります。

 

本堂とその周辺

順路をまっすぐ進んで行くと奥に本堂があります。

順路に従い、まずは本堂へ参拝させて頂きました。

 

本堂の向かい側には仏様の足あとながあります。

本堂の向かい側を少し進むと御小庵があります。

日蓮聖人が日蓮宗の布教をされていた場所です。

本堂もそうですが、古都らしい古い木造のお堂がとても素敵です。

 

その隣にある熊王殿。正式には熊王大善神尊殿。

日蓮聖人にお仕えした熊王丸を神様として祀っています。

厄除、眼病平癒、歯痛止め、縁結び、交通安全、家内安全、学問成就など様々な御利益があります。

 

富士見台と鐘楼

熊王殿の隣に長い階段があります。

この先に続いているのは富士見台です。

上ると鎌倉の街と海が見えます。

日蓮聖人は毎日ここから富士山に向かって法華経を読んでいたそうです。

 

富士見台の先を進んで行きましょう。

細い山道のようになっていました。

 

歩いていると平和の鐘が見えてきましたよ〜

更に先へ進むと、灯篭や大きなイチョウの木が見えてきました。

ここで二手に道が分かれています。

更に先へ進むコースと本堂前へ戻るコースです。

 

体力的に疲れていたので今回はここで引き返すことにしました。

すると本堂付近に日朗上人御荼毘所が見えました。

日朗上人を荼毘だび(火葬)した場所です。

 

また鎌倉へ行く際は奥まで行きたいと思います!!

 

御朱印

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

値段は300円。

 

南無妙法蓮華経の略「妙法」が力強い墨書きで書かれている御朱印です。

ご住職が不在で、書置きの御朱印を帳面に貼ったものを頂きました。

 

ご住職がいらっしゃる場合は御首題を頂くことも可能です。

 

限定御朱印情報

こちらのお寺では限定御朱印は登場しません。

 

アクセス

住所 神奈川県鎌倉市大町4-4-18
電話番号 0467-22-4825
開門時間 9:00~16:30
御朱印受付時間 開門時間と同じ
定休日 月曜日(祝日の場合は拝観可能です)
拝観料 100円
駐車場 ありません
最寄り駅からのアクセス JR横須賀線/江ノ島電鉄「鎌倉駅」より 徒歩15分
公式サイト ありません

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村