【鎌倉】浄妙寺へ行ってきた【神奈川の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、鎌倉五山第五位の浄妙寺じょうみょうじです!

こちらのお寺は、竹の庭で有名な報国寺のすぐ近くにあります。

この辺一帯の地名が「浄明寺」なのはこのお寺からきています。「妙」と「明」の字は別の漢字です。

 

境内に抹茶と和菓子が頂ける場所と、石窯ガーデンテラスと言うレストランがあるお寺です。

鎌倉三十三観音第9番札所、鎌倉十三仏霊場 第2番札所になっています。

早速紹介していきます!

 

寺の概要

  • 御本尊:釈迦如来
  • 宗派:臨済宗建長寺派
  • 山号:稲荷山
  • 寺号:浄妙広利禅寺
  • 通称:浄妙寺
  • 創建:1188年
  • 開基:足利義兼
  • 開山:退耕行勇
  • 御由緒

鎌倉五山の第五位の寺院として、かつては広大な寺地を有し、23箇院の塔頭を有していた。現在でも付近一帯の地名を「浄明寺」といい(地名は「妙」の代わりに「明」字を用いる)、住宅団地名にも使用されるなど、その名残を残している。寺には婦人病に霊験のある神とされる淡島明神立像を安置することから、婦人病の祈願所とされている。境内墓地には足利貞氏の墓とされる宝篋印塔がある。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

山門

山門はこちら。

ここから境内へ入ります。

入るとすぐ左手に拝観受付があるのでそこで拝観料を支払ってから先へ進みます。

 

山門を反対から見た景色。

自然に囲まれた素敵な場所です。

 

山門手前にある石碑には、かたつむりの絵が書かれていました。

別の角度から見ると「浄妙寺」と書かれているのですが、この面ではこの書を書いた人の名前が書かれているようです。

 

花塚と本堂

本堂へ続く道の途中にあったのが、この花塚。

境内にはたくさんの花が咲いていました。

供養をする為の場所でしょうか?

 

この先に見えるのが本堂です。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

喜泉庵 ※外観のみ

浄妙寺と言えば、喜泉庵と石窯ガーデンテラス。

喜泉庵は、枯山水庭園を見ながら抹茶や茶菓子を頂ける場所です。

石窯ガーデンテラスは、イングリッシュガーデンがある洋館で、カフェ&レストランになっています。お寺の境内にありながら、アフタヌーンティーを楽しめる場所です。

 

今回は満腹だったのでどちらも寄りませんでしたが、喜泉庵のみ外観を撮影しました。

こちらが入口です。

 

チラッと見えているこちらが喜泉庵の枯山水庭園。

また今度来た時には是非寄りたいと思います。

 

御朱印

御朱印は最初にある拝観受付で頂くことが出来ます。お金は拝観料と一緒に支払います。

受付は御朱印帳を預けて番号札を受け取り、帰りに御朱印帳を受け取るようになっています。

値段は300円です。

2016年5月に頂いた御朱印

はじめての参拝で頂いた御朱印がこちら。

鎌倉五山第五位の御朱印です。

「南無釋迦牟尼佛」と書かれています。

 

2018年4月に頂いた御朱印

今回頂いた御朱印がこちら。

鎌倉三十三観音第九番札所の御朱印です。

「聖観世音」と書かれています。

中央に押されている印もどちらも違いますね。

 

石窯ガーデンテラスが定休日で行くことが出来なかったので、また参拝して今度は喜泉庵も石窯ガーデンテラスも寄りたいと思います。

 

アクセス

住所 神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-31
電話番号 0467-22-2818
拝観時間 9:00~16:30
拝観料 100円
御朱印受付時間 開門時間と同じ
駐車場 無料 ※参拝者専用
最寄り駅からのアクセス JR・江ノ電「鎌倉駅」東口より 徒歩32分
公式サイト こちら ※境内にある喜泉庵のサイトです

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。