【目黒】山手七福神の1つ!人の優しさに触れることが出来る蟠龍寺(ばんりゅうじ)へ行ってきた【東京の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは蟠龍寺ばんりゅうじです!

山手七福神の辨才天がいるお寺なんですよ~!

都会の一角にある小さなお寺ですが、その境内には池もあったりと、見どころが多いお寺です。

何よりも印象深いのはお寺の方の丁寧な対応!心がほっこりしたなぁ

ちく

早速紹介していきます!

 

寺の概要

  • 御本尊:阿弥陀如来
  • 宗派:浄土宗
  • 山号:霊雲山
  • 院号:称明院
  • 寺号:蟠龍寺
  • 創建:1175年
  • 開山:霊雲上人

御由緒

目黒行人坂付近にあった称明院を、増上寺の霊雲上人が浄土宗の戒律を復興するため現在地に移し、1709年、霊雲山称明院蟠龍寺と改名再建されました。

次いで、1794年律院となりましたが、「不許辛肉酒しんにくしゅ入山門」の結界石がその名残を今にとどめています。

 

※境内にある看板より一部抜粋

 

実際の様子

本堂

お寺の入口はこちら。「出世開運 岩屋辨天」と書かれた間の道をまっすぐ進んでいくと境内に辿り着きます。

途中には車が停まっていたり、住宅街になる場所もあります。

ひたすらまっすぐ進むと、本堂が見えてきました!

この写真の奥に写る建物が本堂です。

こちらへ参拝させて頂きました。

ちなみに左側にある建物は寺務所です。御朱印の対応はこちらでして頂きました!

 

本堂には蟠龍寺と書かれた立派な額があります。

よくみると、この額には龍が彫られているんですよ〜!

山手七福神 辨才天(べんざいてん)

本堂の右手に順路が2つ続いています。

この写真の中央、下側辺りに書かれている順路の案内と、その先に続く階段の2つの順路があるのです。

 

本堂寄りの順路の先には岩窟になっている場所があります。

この中に安置されているのは辨才天の石像です。

凛々しいお姿の辨才天ですねぇ。

 

左側には白蛇さんもいました。

目がくりっとしていて可愛いですねぇ〜

 

もう1つの順路、階段の先に辨天堂があります。

こちらには木造の辨才天が安置されているのです。

2つの辨才天像がいらっしゃるお寺なのですね~!

MEMO
この2つの辨才天像は、江戸の裏鬼門鎮守として、こちらに安置されているそうです。

辨天堂の先へ進むとたくさんの仏様が並んでいました。

その隣にはおしろい地蔵と言うお地蔵さんの像があります。

お地蔵さんの顔におしろいをつけ、願掛けをすると綺麗になれると言われているお地蔵さんです。

おしろいも用意されているので、誰でも願掛けが出来るようになっています。

おしろい地蔵さんについて、解説している看板がすぐ近くにありました。

このお地蔵さまは関東大震災で被災をしたために、浅草より当寺へ移って来られたもので、お顔がかけている珍しいお地蔵さまです。

言い伝えによると、その昔、顔に痘痕あばたのある娘さんが、そのために人並みの結婚ができずに悩んでおりましたが、このお地蔵さまに願掛けをしたところ痘痕が消え、幸せな生涯を送ることができたという故事にならい、若い女性がお参りに来られるようになったと言われております。

江戸時代には、歌舞伎役者がおしろいに含まれる鉛の害に悩み、おしろいをお地蔵さまのお顔につけ、願を掛けたと言われており、現在でもこのようにしてお参りをされる方を時節お見かけします。

いつの世も美しくなりたいという願いは変わらないようですが、一番大切なことは、心を常に美しく養い保つことで、美しい心が美人をつくるということ、つまり心美人であるということではないでしょうか。

 

本堂前には小さな池もあります。

辨才天を祀る場所には池があることが多いので、こちらもその1つと言うことでしょうか?

 

また、伺ったのが2月月下旬と言うこともあり、境内には梅の花が咲いている場所もありました。

同じ木から白とピンク、2色の梅の花が咲いている珍しい品種の梅の木でしたよ〜

思いのままと言う名前の品種なのだそうです!

御朱印

こちらのお寺では御本尊 阿弥陀如来と山手七福神 辨才天の御朱印を頂くことが出来ます。

値段は1つ300円です。本堂の左手前にある寺務所内で対応して頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印とお寺の方の親切な対応

今回頂いた御朱印は山手七福神の辨才天の御朱印のみです。

中央に辨才天と墨書きされているのが特徴的な御朱印です。

その奥に押されている岩屋辨天の印、迫力があって素敵ですねぇ。

 

私が伺った時は、お年を召した女性が対応して下さいました。

穏やかで優しい話し方をする女性で、御朱印を書き終えた後に楽しく談笑させて頂きました。

最後に、寺務所の玄関から外へ出る際、玄関を閉じるまで深くお辞儀をして見送って下さった姿がとても印象的でした。

とても温かい気持ちになりました。

限定御朱印情報

こちらのお寺では限定御朱印は登場しません。

 

アクセス

住所 東京都目黒区下目黒3-4-4
電話番号 03-3712-6559
開門時間 不明
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 ありません
最寄り駅からのアクセス JR山手線「目黒駅」西口より 徒歩9分
公式サイト ありません

公式Facebookはこちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

すぐ近くに目黒大鳥神社五百羅漢寺蛸薬師成就院目黒不動尊(瀧泉寺)があります。

目黒駅の近くの有名なホテル 雅叙園のそばに大圓寺があります。

このうち、目黒不動尊、大圓寺は山手七福神のお寺です。

鳥の彫刻がいっぱい!目黒総鎮守 大鳥神社へ行ってきた【東京の神社】 ちくの東京五色不動めぐりその1〜瀧泉寺(目黒不動尊)編〜

 

東京都庭園美術館側(白金台側)へ進んでいくと、山手七福神のお寺妙円寺瑞聖寺覺林寺(覚林寺)があります。

【目黒&白金台】山手七福神の1つ!妙円寺(妙圓寺)へ行ってきた【東京の寺院】 【白金台】現代的なオシャレな空間のある山手七福神のお寺!瑞聖寺へ行ってきた【東京の寺院】 【白金高輪】山手七福神の1つ!加藤清正公ゆかりの覺林寺(覚林寺)へ行ってきた【東京の寺院】

 

その他の東京都内の神社仏閣情報や限定御朱印情報はこちらの2つの記事でチェックしてみて下さい!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。