ひたち海浜公園でネモフィラとチューリップを満喫してきた【茨城の観光地】

2017年9月14日

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回は茨城のひたちなかにある、国営ひたち海浜公園の紹介です。

4月から5月にかけてはネモフィラ、夏〜秋はコキアで有名な丘のある公園です。

大人は入場料410円で入ることが出来ます。

 

2017年のGW真っ只中の5月3日。

ネモフィラを見に混雑がピークな時期に行きました。

車で行ったのですが、お昼の12時半頃に着くと、駐車場は入る列こそ出来ていましたが、待っていれば車を停められるような状態でした。

 

中に入ると、ネモフィラだけでなく、魅力的なところがいろいろありました。

写真付きで何箇所か紹介していきたいと思います!

 

2017年ネモフィラシーズンのひたち海浜公園

くまさんのカステラ

プレジャーガーデンと言う、遊園地のようなアトラクションがたくさんある辺りにあるお店がこちらのくまさんのカステラです。

観覧車と共にお店の看板、買ったカステラの袋を撮影しました。

お店は屋台のようになっています。

 

8くま入り 330円

15くま入り 530円で販売しています。

1個ではなく1くまと言う数え方が可愛いです。

 

中を開けると、くまさんの形をしているカステラが入っています。

こげ茶色がココア味、茶色がプレーン味です。

人形焼のような味で甘くて美味しかったです。

 

チューリップ

たまごの森フラワーガーデンでたくさん咲いていたのがチューリップです。

 

様々な種類のチューリップが綺麗に咲いていました。

花びらが開いている物もあります。

こちらは見ごろが終わりかけなのだと思います。

 

こちらは、バラのように花びらが開いているチューリップ。

普段目にしているチューリップとは違う形で、珍しいですよね。

色合いが綺麗で可愛いと思います。

 

こちらは色が珍しいと思ったチューリップ。

暗い色合いのチューリップもあるのですね。

ここに来て、はじめて見ました。

 

ピンクの開いた花びらが特徴的なチューリップ。

チューリップらしくない見た目ですが、特徴的で可愛い見た目だと思います。

 

白くて綺麗なチューリップ。

よく見かけるような見た目のチューリップです。

こういうチューリップも、可愛いですよね。

 

古民家とこいのぼり

ネモフィラのある丘の手前から見える景色がこちらの古民家とこいのぼり、そして菜の花です。

こいのぼりはこどもの日の前だったのであったのだと思います。

 

別角度からのこいのぼり。

風の中を優雅に泳いでいます。

 

古民家は玄関から入って中を見学することが出来ます。

ただし、畳のある部屋など、奥の方へ入ることは出来ません。

 

ネモフィラ

GWシーズンのお楽しみといえばのネモフィラですよね!

近年、テレビやネットで特集されることが多くなったひたち海浜公園のネモフィラは、大人気でした。

 

古民家側から見たネモフィラの丘。

人が凄いです…!

丘を登る大行列ができていました。

 

ネモフィラをアップに撮影した写真。

奥に人の列が見えています。

こちらの画像は、設定を少し暗くして、ネモフィラの青を濃く写しています。

 

更にネモフィラをアップにした写真。

こちらは原色そのままのネモフィラです。

原色の薄い青のほうが綺麗に見える気がします。

 

2017年の夏のライトアップシーズンに再訪!

2017年のライトアップは8月18日~27日の10日間です。

時間は18時~21時半までやっていて、この時間内はコキアのある場所以外にも一部のエリアが見ることが出来ます。

またこのライトアップのみを車で見に行く場合、西駐車場以外は18時までで閉まってしまうので、利用する際は西駐車場を利用するようにしましょう。

駐車料金は普通車510円です。

 

私は26日に行ってきました!

夕方17時半頃に西駐車場へ行きましたが、駐車場にはそれなりに空きがありました。

中へ入るのもそこまで混んではいませんでした。

 

色々な風景写真

まずはヒマワリ以外の写真を載せていきます。

夕方の空と花の景色。

こちらは夕焼け空とステージの写真。

綺麗な景色です。

 

古民家の写真。

暗くなってくると、こちらもライトアップをされるようです。

 

みはらしの丘から見える海の写真。

海浜公園の外の写真です。

この頃には完全に暗くなっていました。

 

テラスハウスと言う建物の中にあったひょうたんランプの写真。

とても綺麗ですよね。

こちらは常陸太田市のおばあちゃんの作品です。

色々な絵の描かれたランプです。

私のお気に入りはこの鳥さんたち。可愛い。

 

 

ヒマワリの写真

次はヒマワリの写真を載せていきます。

まだ日が沈んでいない頃の写真。

青空とヒマワリ。

ヒマワリは1種類ではなく、様々な種類が咲いていました。

 

夕焼けとヒマワリの写真。

たくさんのヒマワリの写真も良いですが、1つだけ咲いているヒマワリの写真も綺麗ですよね。

古民家とヒマワリと夕焼け空。

夜のライトアップヒマワリ。

綺麗ですねぇ。

 

夕暮れのコキア

コキアへと続く道です。

ヒマワリ畑の先に、コキアが広がっています。

 

もこもこ。

緑のコキアに近付きました。

 

日が暮れてきた頃のコキア。

一部が赤く見えているのは、ライトアップで照らされているコキアです。

 

夕焼け空とコキア。

いい雰囲気ですねぇ。

一部が明るい光で照らされているコキアは、神秘的な感じですね。

照らされていない景色もまた別の良さがあります。

こちらの写真は、ことりっぷのコンテストで入賞した写真です!

 

だんだん空が暗くなってきました。

と言うわけで、次はライトアップコキアを詳しく紹介していきます。

 

夜のライトアップコキア

空が暗くなってくると、音楽に合わせてライトアップショーがはじまります。

 

10分ごとに4つのあるテーマのうちの1つの音楽に合わせて、コキアが光のショーで照らされます。

5分のショーの後、5分の休憩のサイクルでおこなっていました。

この上と下の写真は、5分休憩の間のコキア。

休憩の5分は、白いライトがコキアを照らしています。

 

ショーの最中は、ライトがカラフルです。

ピンクのライト。

右奥に見えるライトの光が、コキアと共にショーを盛り上げています。

同じ場所でも、ショーに合わせて色が変わっていきます。

上は白、下は青いライト。

ピンク、白、青と様々な色で照らされるコキア、一部の照らされているのを見るだけでも楽しいですね。

 

全体の様子。

全体を見渡せる場所はとても人気で、三脚をたてて撮影している人がたくさんいました。

一面が全く違う色に変わる音と光のコキアショー、とても綺麗です。

 

 

ひたち海浜公園とても広く、1日中楽しめる場所です。

今回紹介したところ以外にも、遊べる場所、フォトスポットはたくさんあります。

観光、遊び、グルメなど色々楽しめる場所があるので、是非一度行ってみて下さい。

 

アクセス

住所 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605−4
電話番号 029-265-9001
入場料金 大人(15歳以上) 410円

小人(小中学生) 80円

シルバー(65歳以上) 210円

休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)

他にも休園日がある場合があるので、公式サイトを確認して下さい。

公式サイト こちら

広告



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村