【ポケモン剣盾】意表を突ける ニャイキングの育成論の紹介!

こんにちわ!マベ太郎です!

さて、今回はポケモン剣盾で”新しいポケモン”を育成しました!今シーズンのランクマッチでは、うまく試合運びができておらず、負けが多くなっていました・・・。そんな状況を変えるために、新しいポケモンの育成を考えていた中で、今回のポケモンに出会いました!正直、「え、このポケモン、何するの!?」ってなると思うんですけど、その意表をつけると、すっごく強く立ち回る事ができたりします。(とはいえ、普通に倒されてしまう事もありますが・・・)

という事で、この新しく育成したポケモンの紹介と、なぜこのポケモンを選んだのか?というのを記事にしたいと思います!

新しい仲間:ニャイキング

さて、今回、育成したポケモンを紹介いたします!

ニャイキング
種族値:HP:70、こうげき:110、ぼうぎょ:100、とくこう:50、とくぼう:60、すばやさ:50、合計:440
努力値:HP:252、防御:252、特防:6
せいかく:わんぱく(ぼうぎょup、とくこうdown)

そうなんです!ニャイキングです!
・・・何をするのかな?って思いますよね!笑

まず、このポケモンを採用した理由なんですけど、今のパーティの中に“特性:すなかき”の”ウオノラゴン”がいまして、そのウオノラゴンを良く使っているんですけど、火力に物足りなさを感じる事が多く、そんな中で“火力をあげるためのバトンタッチ要員が欲しい”と思ったのと、さらに、可能ならば“こうげきも特攻もどちらも詰める”バトンタッチ要員がほしいな~と思いました!そんな都合の良いポケモン、いないだろう。と思ったところで出会ったのが、ニャイキングでした!!

ニャイキングは”バトンタッチ”を覚えられて、さらに、“つるぎのまい(こうげき2up)”“わるだくみ(とくこう2up)”のどちらの技も覚えるのです!さらに、タイプが”はがね”であるため、多くの技を半減で受ける事が出来るため、積み+バトンというのが通りやすくなります!さらに、“すばやさが低い”というのも利点です。というのも、先行でバトンタッチをしてしまった場合に、後攻の相手の技によってHPを削られてしまい、バトンタッチで能力が上がってはいるものの、その上がった能力を活かしきれずに、やられてしまう。という事があるからです。そういう点ですばやさが遅く、後攻でバトンタッチを行える。というのはすごく強みがあると思いました!

このニャイキングと、積めば無双できるポケモンを組み合わせて、ランクマッチで戦った結果、まだ4戦しかしていませんが、4連勝できました!ニャイキングという、ランクマッチで使っている人を見た事がないこのポケモン、なかなか面白くありませんか!?次に技構成を紹介します。

コンセプト通り、わざは積み技2種類”つるぎのまい”、”わるだくみ”、とそれを後続に引き継ぐ”バトンタッチ”、そして、唯一の攻撃技”アイアンヘッド”の4つにしました!相手のパーティによって、“攻撃”もしくは”特攻”を積んで、エースに繋ぐ!エースは引き継いだ能力上昇で、敵をばったばった、倒していく!そんな流れになっています。そして、さらに積めたらいいな~程度なのですが、攻撃技を使った時に発動する、”アッキのみ”を持たせることによって、一度、防御も1段階積んで、エースに繋ぐという事ができたらさらに良いな~と思い、このもちものを持たせました。

一緒に組むエースとしては、物理エースは“特性:すなかき”の”ウオノラゴン”にしています。自分でストーンエッジ媒体の”ダイロック”を打つことで、砂嵐状態にして、すばやさが2倍の状態を作り、あとは高火力の技をグイグイ使って、倒していきます!

そして、特殊エースは“最速アーゴヨン”にしてあります。アーゴヨンも一度、積んでしまえば、あとはバッタバッタ相手を倒してくれますし、倒すたびに”特性:ビーストブースト”ですばやさを上げていくことが出来ます!すばやさと火力を兼ねそろえたポケモンとして、アーゴヨンは強いと感じました!

なかなかランクマッチ勝てないな~どうしたらいいのかな~って思っている方、もしよかったら、今回のニャイキングを育成してみて、一緒に闘ってみるのはどうでしょうか?また、新しいポケモンを育成してみたら、またブログを更新します!それではまた~♪

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。