【冠の雪原】ポケモン剣盾 バドレックス(はくばじょうのすがた)【育成】

こんにちわ!マベ太郎です!

さて、今回はポケモン剣盾の新しいダウンロードコンテンツ”冠の雪原”が解禁になりまして、その中で新たなポケモンとして”バドレックス”というポケモンが追加されました!この“バドレックス”はとても強いポケモンなので、育成してみました!まぁ~ランクマッチで使用できないと思いますけど・・・笑

バドレックス(はくばじょうのすがた)

さて、さっそくですが、“バドレックス”(はくばじょうのすがた)”をお見せしましょう!

バドレックス(はくばじょうのすがた)
種族値:HP:100、こうげき:165、ぼうぎょ:150、とくこう:85、とくぼう:130、すばやさ:50

こちらがバドレックス(はくばじょうのすがた)になります!今回のバドレックスというポケモンは通常の姿とさらに今回のように馬に乗った姿の”2種類”ありまして、さらに馬も2種類、“こくばじょうのすがた”“はくばじょうのすがた”の2つが存在します。

今回の“はくばじょうのすがた”というポケモンともう一体、“こくばじょうのすがた”があります。ボクは”はくばじょうのすがた”の方を選びました。この“はくばじょうのすがた”“エスパー/こおり”タイプになっていて、もう一体の”バドレックス(こくばじょうのすがた)”は“エスパー、ゴースト”タイプになっています。なぜ、こっちを選んだのかというと、こうげきの種族値がとても高く、さらにHP、ぼうぎょ、とくぼうの種族値も全て3桁あり、耐久力も優れているからです。逆にもう一方の方はすばやさととくこうがとてもたかいのですが、ぼうぎょととくぼうは少し低いので、こちらの方が使いやすいのかな?と思ったのと、この頃、トリックルームを使って対戦を行っているので、そこで活躍ができるんじゃないか?と思いました。

そんな、バドレックスの今回の努力値は“こうげき”、”HP”、”ぼうぎょ”に振りました。具体的には“こうげき:252″、”HPには108″、”ぼうぎょに148”を振りました。HPと防御になぜ割り振ったのか?というと、HPの値とぼうぎょの値を同じ値にした方が物理耐久が上がるかな?と思ったからです。そして、性格は“ゆうかん”にして、“こうげき”をあげて、”すばやさ”を下げました。実数値で言うと上記の数字になっています。頑張って、すばやさが最も遅い個体を厳選しようとしたのですが、なかなか出てこなかったので、“まぁまぁ”な個体で妥協しました。

また、わざは専用わざの”ブリザードランス”、”インファイト”、”ヘビーボンバー”、”トリックルーム”の4つにしました!今後、カプ系のフェアリータイプが増えるという事を考えて、はがねタイプの技を入れました。また、インファイトで“はがね”や”あく”にも対応できるようにしました!インファイトがある事で、ダイマックス時には自分で攻撃を上昇させることができるというのも、良いと思います!そして、最後の1枠は“トリックルーム”です。誰かにトリックルームを使ってもらって、場に出たあと、トリックルームの効果が切れてしまった時に自分でトリックルームを起動する事ができる。また、ダイウォール枠を何か入れたかったというのがあって、この技を採用しました!どうでしょう?このバドレックス!?今度、カジュアルマッチで対戦をしてみたいな~と思います!またブログを更新します!それではまた~♪

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2 COMMENTS

マベたろうマーベル大好き

匿名さん。コメントありがとうございます。
ポケモンの育成はまだまだ初心者なので、意味不明な部分もあると思いますが、
今回のバドレックスは物理型のポケモンに強く出せるようにと思い、HとBに均一に振り分けました。
ただ、おっしゃる通りで対象となるポケモンがいないのであれば、H252でよかったかも知れないとは思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。