四万温泉のお寺とクリームソーダを巡る記事【群馬の寺院とグルメ】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、群馬県吾妻郡中之条町にある四万温泉しまおんせんにあるお寺とクリームソーダが飲めるお店を紹介していきます!

 

まずは四万温泉の中でも一番山奥にある日向見温泉の温泉から紹介します。

日向見薬師堂のすぐそばにある日向見薬師の足湯と御夢想の湯です。

こちらの2つは誰でも利用可能な温泉です。

 

それでは、足湯の名前の由来にもなっている日向見薬師堂から紹介して行きたいと思います!

日向見薬師堂

足湯や温泉のすぐそばにあるのがこちらの日向見薬師堂ひなたみやくしどうです。

日向見薬師堂の概要

  • 御本尊:薬師瑠璃光如来
  • 創建:989年
  • 御由緒

永延3年のころ、源頼光の家来、碓氷貞光が越後から木の根峠を越えて日向見で夜を明かすことにして、谷川の音に心を静めて一晩中お経を読んでいました。夢の中に現れた一人の童子から「あなたの読経の真心に感心し四万(よんまん)の病気を治す温泉を与えよう、われはこの山神である。」と神のお告げを聞き、目を覚ますと枕元に温泉が湧き出ていたという伝説があります。 このめでたいしるしに感じ、お堂を建てて本尊の薬師如来の像をまつりました。これが日向見温泉であり、日向見薬師堂です。 この薬師様は、病気を治すために温泉に来る人から「湯前薬師」と敬われ、昔からたくさんのお参りがありました。

 

※四万温泉観光ナビより引用

 

実際の様子

こちらが山門です。

山門の先には、茅葺き屋根が素敵な建物があります。

ここを進んでいくとすぐ奥にあるのが日向見薬師堂です。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

境内には鳥獣魚供養塔がありました。

自然の命を頂いて生きていることに感謝です。

 

御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

隣接するあづまやと言う喫茶店でお願いすると、頂くことが出来ます。

初穂料は300円。

 

冬の期間はご住職の方が3月までお休みだそうです。

 

アクセス

住所 群馬県吾妻郡中之条町四万4371
電話番号 0279-75-8814
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~16:00 ※あづまやの営業時間です
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 最寄り駅からかなり遠いので車で行くのがおすすめです。
公式サイト ありません

 

あづまやのクリームソーダ

日向見薬師堂の御朱印を頂いたあづまやは、クリームソーダを飲める喫茶店です。

こちらが店頭の写真。

こちらがクリームソーダです。

値段は550円。

一緒にチョコレートのお菓子もつけて頂きました。

 

ここのソーダは、シロップの炭酸割りなのかメロンソーダなのかわかりませんでした。

甘さがとても独特な印象です。

アイスはバニラアイスでした。

ハーゲンダッツらしいです。

 

そして、はじめてクリームソーダを運ばれてくる時に飲み始める時の注意を説明してもらいました。

最初に少しソーダを飲まないと、炭酸の泡がしゅわしゅわとグラスから溢れてしまうので気をつけて欲しいとのことです。

今までにたくさんのクリームソーダを飲みましたが、この説明をされたのはこのお店がはじめてでした。

アクセス

住所 群馬県吾妻郡中之条町四万4401
電話番号 0279-64-2688
営業時間 9:00~16:00
定休日 不定休
公式サイト ありません

 

薬王寺

日向見薬師堂のすぐ近くに、薬王寺と言うお寺があります。

このお寺は、横浜鶴見区のある妙信寺(みょうしんじ)の御住職の方が兼任しているお寺です。

薬王寺の概要

  • 御本尊:青麻大権現、薬王大菩薩
  • 宗派:法華宗
  • 山号:青麻山
  • 寺号:薬王寺
  • 御利益:病気平癒
  • 創建:1936年
  • 開基:日昭上人
  • 御由緒

昭和11年、東京府新宿区左門町にある日蓮宗陽運寺の住職・山岡日昭上人(蓮牙院日健上人)が胸の病を患い、その病を癒すために、四万の病に効くと言われていた群馬県四万温泉・日向見に湯治に訪れました。

そして1年近く湯治治療を行ったところ、無事病を克服、治癒することが出来ました。日昭上人は、その御礼を込めて地主・関備氏を始め地元の人々の協力を得まして、青麻山薬王殿を建立し、感謝の意を表しました。この日昭上人が当山の第1世上人であります。

ついで、第2世大句義史上人(妙濤院日響上人)・第3世宮村妙秀尼上人(浄妙院日晴尼上人)の代に、浅草・長国寺井桁日雄上人(本立院日雄上人)のご縁をいただき、法華宗に改宗することとなり、後、本能寺御貫首松井日宏猊下(浄勝院日宏上人)の代に大本山本能寺に運営が移りました。

そしてその任を受け、第4世池田日光尼上人(法徳院日光尼上人)が赴任し、薬王殿より薬王寺と寺号を公称し、新たなる出発をいたしました。

その後、第5世工藤妙幸尼上人(彰徳院日唱尼上人)、第6世板谷成恵尼上人、そして現在の中道善信の代に至っています。

 

※公式サイトより引用

 

実際の様子

階段の先にあるのが薬王寺です。

こちらの門の先にお堂があります。

門をくぐると、左手に小さな手水舎がありました。

こちらがお堂です。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

薬王寺の御首題

今回頂いた御首題はこちらです。

隣接する旅館 つるやのフロントでお願いすると、頂くことが出来ます。

初穂料は300円。

 

「御朱印をお願いします」と伝えた場合も頂くことが出来るのはこちらの御首題です。

このお寺は、昭和の頃に東京 新宿にある陽運寺と言うお寺の住職が病気療養の為に四万温泉に浸かり、病気を治したことからお礼としてこの地に建てられたそうです。

お堂の隣に、お守りやおみくじもありました。

アクセス

住所 群馬県吾妻郡中之条町四万4372-1
電話番号 0279-64-2927
備考 こちらはつるやの住所と電話番号です。

柏屋カフェ

最後に紹介するのは、柏屋カフェです。

ここは四万温泉の温泉街の中心あたりにあります。

店内はレトロな雰囲気です。

1階と2階があります。写真は2階席です。

運ばれてきたお冷のグラスも店内の雰囲気にマッチしていておしゃれです。

ソーダフロート(クリームソーダ)

このお店に行きたかった一番の理由はクリームソーダ!(商品名はソーダフロートです)

結構泡が溢れ出てきそうになっていました笑

値段は600円。

 

シロップの炭酸割りです。

のっているのはミルク感が強いバニラアイス。

どちらも濃い甘さが特徴です。

 

自家製プリン

そしてプリンもありました!

入っているお皿も何だかおしゃれですね〜

値段は350円。

 

バニラビーンズののったほろ苦カラメルの層と甘さが控えめのカスタードの層の2層になっています。

程よい甘さの昔懐かしい味のプリンです。

ホイップが添えられています。

 

食感が言葉で表現しにくいプリンです。

私はかためプリンが好きなのですが、ここのプリンはかたすぎず、かと言って口の中に入れたらとろけるほど柔らかいわけではない食感でした。

 

ベイクドチーズケーキ

こちらは自家製ベイクドチーズケーキ。

レアチーズケーキもありましたが、ベイクドにしました。

値段は400円。

 

レモンのような酸味が特徴のチーズケーキです。

レモン果汁が入っているのだと思います。

このレモンの酸味とチーズの酸味が美味しく混ざり合っていました。

甘さは控えめです。

 

アクセス

住所 群馬県吾妻郡中之条町四万4237-45
電話番号 0279-64-2414
営業時間 10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日 なし
公式サイト こちら

 

2箇所訪れたお寺は、どちらも秘境を訪れた感覚になりました。

御朱印の頂き方も、山の奥ならではですよね!

一緒に大好きなクリームソーダも味わえて大満足な旅でした。

ちなみに、柏屋カフェは温泉マークのカプチーノが有名らしいので、コーヒー好きな方にはそちらもおすすめです。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。