【松江】月照寺を満喫してきた【島根の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは松江にあるお寺月照寺げっしょうじです。

MEMO

月照寺は山陰のあじさい寺と呼ばれる場所でもあります。

とても風情のある場所で、小泉八雲の随筆に登場する月照寺の大亀がある場所でもあります。

それでは早速紹介していきたいと思います。

寺の概要

  • 御本尊:阿弥陀如来
  • 宗派:浄土宗
  • 山号:歓喜山
  • 寺号:月照寺
  • 創建:1664年
  • 開基:長誉上人

御由緒

この地には洞雲寺とううんじという禅寺があった。永く荒廃していたが、松江藩初代藩主・松平直政は生母の月照院の霊牌安置所として、1664年に、この寺を再興した。浄土宗の長誉を開基とし、「蒙光山むこうさん月照寺」と改めた。

直政は1666年に江戸で死去したが、臨終の際に「我百年の後命終わらば此所に墳墓を築き、そこの所をば葬送の地となさん」と遺した。2代藩主・綱隆は父・直政の遺命を継ぎ境内に直政の廟所を営んだ。この際に山号を現在の「歓喜山」と改めた。以後、9代藩主までの墓所となった。

茶人藩主として著名な7代藩主・不昧の廟門は松江の名工・小林如泥の作によるとされ、見事な彫刻が見られる。境内には不昧お抱えの力士であった雷電爲右衞門の碑がある。また、不昧が建てた茶室・大円庵がある。

1891年、松江に訪れた小泉八雲はこの寺をこよなく愛し、墓所をここに定めたいと思っていたそうである。

境内にある初代より9代藩主までの廟は保存状態が極めて良好である。このため「松江藩主松平家墓所」として1996年3月29日に国の史跡に指定された。高真院(直政)と大円庵(治郷(不昧))の廟門は島根県の有形文化財に指定されている。境内には宝物殿があり歴代藩主の遺品が展示されている。また、アジサイが数多く植えられており「アジサイ寺」として開花時期には多くの観光客が訪れる。

 

※Wikipediaより引用

実際の様子

入り口から良い和な雰囲気

松江城から少し離れ場所にあるこちらのお寺、バスで行くと、入り口の目の前でバスが停まってくれるので迷わず行くことが出来ました。

 

入り口にある石碑。

紫陽花も咲いています。

7月上旬でしたが、まだこの入り口の紫陽花は見ごろの様でした。

 

こちらから中へ入ります。

奥に立派な門が見えますが、こちらの門から境内へ入るのではなく、一度右手へ曲がって先へ進むようになっています。

 

境内へ入る前に、茶の湯の水がありました。

こちらは飲料水ではないので、この場では飲んではいけません。

境内にある和室で、こちらの水を使用した抹茶を頂くことが出来ます(抹茶は拝観料とは別に抹茶代を支払うことで飲むことが出来ます)

 

この先が境内です。

門を抜け、いざ境内へ!

看板のある奥に大きく開いた玄関見えています。

こちらで拝観料を払い、まずは境内を散策します。

拝観料を払って境内を散策

まず、本堂へ参拝しました。

そして石の道を進み、境内を歩きます。

松平藩主のお墓

こちらのお寺は、松江藩主の松平家の藩主の人たちのお墓があります。

一部を紹介します。

 

まずこの立派な唐門の先に一つ目のお墓が見えてきます。

初代 直政公のお墓です。

道を進んだ先に見えています。

 

この門の先は、たくさんの紫陽花と灯篭に囲まれた場所でした。

この景色にも風情を感じます。

 

七代不眛ふまい公のお墓はこの門の先です。

 

一代目から九代目までの藩主のお墓がそれぞれ違う場所にありました。

まだあじさいの咲いている場所がありました

山陰のあじさい寺には、入り口にも紫陽花が咲いていましたが、まだ境内にも綺麗に咲いている場所がありました。

こちらの道の紫陽花はまだ咲いています。

よく見ると、砂利の上に雀もいました。

 

こちらは二代目綱隆公のお墓へと続いている道です。

まだ青い紫陽花が咲いています。

 

こちらは本堂へ向かう道です。

こちらもまた綺麗に咲いていました。

7月に参拝した時は、既に見頃が終わっていた場所もあったので、6月の方が紫陽花鑑賞の時期に向いているかも!

ちく

月照寺の大亀(寿蔵碑)

月照寺で有名な大きな亀の石碑です。

小泉八雲の随筆に登場する月照寺の大亀です。

 

その大亀(正式には寿蔵碑じゅぞうひ)は六代目のお墓の傍にあります。

こちらがその大亀。

とても立派で大きな亀です。

頭をなでると長生き出来るという言い伝えもあるそうです。

最期に庭園を満喫

境内の散策を一通り終えたら、最初に拝観料を支払った場所へ入り、風情ある日本庭園を満喫するのがおすすめです。

日本らしい風情ある風景、ここに来て良かったと思える素敵な庭園にであうことが出来ます。

こちらの庭園は眺めるだけなので、入ってはいけません。

こちらは庭園の中で見ることの出来る景色。

 

枯山水庭園です。

この写真だけホワイトバランスを変えて撮影しました。

御朱印

御朱印は拝観受付でお願いすると頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

値段は300円。

 

御本尊である阿弥陀さまのお名前が書かれている御朱印です。

こちらのお寺の御朱印は書置で頂きました。

限定御朱印情報

こちらのお寺では限定御朱印は登場しません。

しかし、出雲国神仏霊場の札所巡りをしている際は、「昧」と1文字だけ大きく書かれている御朱印を頂くことが出来ます。

 

月照寺、日本らしい風景が好きな人には絶対に行ってみて欲しいお寺でした~!

ちく

アクセス

住所 島根県松江市外中原町179
電話番号 0852-21-6056
拝観料 大人 500円

中高生 300円

小学生 250円

拝観時間 4月~11月 9:00~17:00

12月~3月 9:30~16:30

御朱印受付時間 拝観時間と同じ
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 最寄り駅から遠いので車かバスで行くのがおすすめです
公式サイト ありません

 

ちくが訪れた島根の神社仏閣まとめ

私は島根旅行へ行った時に訪れた神社仏閣を全て載せています。

旅行、観光の参考にしてみて下さい!

▼出雲大社

有名なパワースポット!出雲大社へ行ってきた【島根の神社】

▼日御碕神社

海の近くにある日御碕神社で参拝してきた【島根の神社】

▼玉造湯神社

玉造温泉にある玉造湯神社(玉作湯神社)で行ってきた【島根の神社】

▼清巌寺

【玉造温泉】清巌寺へ行ってきた【島根の寺院】

松江へ行ったら、ぜひ合わせて訪れたい場所はこちら!

松江城周辺の観光地の記事はこの記事以外にもいくつか書いています。

▼松江城編

島根県の中心にある松江城へ行ってきた【島根の観光地】

▼松江城と興雲閣と喫茶店編

松江城内ぶらり旅~松江神社と興雲閣と喫茶店~【島根の観光地】

▼小泉八雲に関係する観光地編

松江の小泉八雲記念館と小泉八雲旧居へ行ってきた【島根の観光地】

▼松江護国神社編

松江城の近くにある松江護国神社へ行ってきた【島根県の神社】

 

島根観光へ行く際は、ぜひアマゾンで観光本を購入して調べてから見るのも良いかも!

 

広告



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。