【名古屋】名古屋屈指のパワースポット!熱田神宮へ行ってきた【愛知の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは熱田あつた神宮です!熱田さんとも呼ばれていますよ~

名古屋を代表するとても大きな神社です。心のふるさととも呼ばれており、全国の人から崇敬されているパワースポットです!

御祭神である熱田大神は、三種の神器の1つである草薙神剣を御霊代としている天照大神です。つまり、こちらの神社には三種の神器の1つがあるのです!!

ちく

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:熱田大神
  • 相殿神:天照大神、素戔嗚尊、日本武尊、宮簀媛命みやすひめのみこと建稲種命たけいなだねのみこと
  • 御利益:諸願成就(参拝させて頂くことに感謝する場所なので、本来は願い事を叶えて頂く為にある場所ではありません)
  • 例大祭日:6月5日
  • 創建:113年

御由緒

113年、日本武尊は御東征の後、お妃の宮簀媛命のお手許に神剣(草薙神剣)を留め置かれたまま亡くなられます。宮簀媛命は日本武尊の御遺徳を偲び、後に神剣をこの熱田の地に祀られたのが熱田神宮のはじまりです。

 

※熱田神宮  境内案内より一部抜粋

実際の様子

熱田神宮の境内はとても広いです。なるべく余すところなく境内を紹介したいので、今回の記事はかなりボリューミーになっています。

また、私が廻った順番で写真を載せて境内を紹介しているので、正式に進むべきルートとは違っているかも?あくまで参考程度に見て頂ければ幸いです。

東門から境内へ

私は車で伺ったので、駐車場に近い東門から入ります。

こちらが東門と呼ばれている鳥居です。

鳥居の上に鳩ちゃんがたくさんいました。

 

参道がとっても広いです。

この道を進んでいきます。

伊勢神宮に雰囲気がそっくりでした!

ちく

途中、一緒に歩いていたヤマバトちゃん。自然豊かななので鳥をはじめ、生き物たちの憩いの場でもあるのです。

境内で鶏を発見!

東門からまっすぐ進んでいくと、道が左右に分かれます。右へ進むと本宮、左へ進むと正門(本来の正面の入口)です。

ちょっと逸れると西門へ続く道もあります。飲食店や休憩所もだいたいこのあたりに集中しています。

で、そんな分岐点のような場所で出会ったのがこの鶏さん。

めっちゃ美脚!!!

鶏って、天照大神(熱田大神)の使いにあたる動物なんですよね。

だから境内で飼われているのかなぁ。

イケメンさんですよねぇ。

ちく

本宮へ続く道には巨大な楠や手水舎があります

まずは本宮へ参拝したかったので、そちらを目指して歩きます。

ここまで来ると正門側から訪れた参拝者と合流する流れになるので、人がだんだん増えてきます。

途中、左手にちょっと開けた場所があります。

そこに寒桜が咲いていました。※伺ったのは11月下旬

 

更にその奥に巨木があります。

こちらはとっても大きな楠です。めちゃくちゃ大きいね・・・!!

 

ちょっと寄り道をしてしまいましたが、参道を進んでいくと左手に手水舎があります。

さすが大きな神社、手水舎もとっても大きいです。

 

ここまで来るともうすぐ本宮ですよ!

本宮

こちらの写真、奥に写っているのが本宮です。

こちらに三種の神器の1つである草薙神剣が奉納されています。伊勢神宮とほぼ同様の造りをしています。

こちらへ参拝させて頂きました!

 

本宮の右手はお守りや御祈祷受付、御神印(御朱印)授与を行っている授与所です。

左手にあるこちらは結婚式場です。

本宮の左脇にまだ道が続いています。進んでいきましょう。

こころの小径を歩きます

本宮の左脇にはこころの小径があります。この道を進んでいきましょう。

MEMO
こころの小径は9:00~16:00しか入ることが出来ません。

また、熱田神宮内で最も神聖な場所なので、飲食や喫煙、ペットの散歩、写真撮影、携帯電話の使用は禁止されています。

こころの小径は写真撮影が禁止!!と言うわけで小径内の写真はありません。言葉のみで魅力をお伝えしていきます。

ちく

こころの小径はこの先。ここからは写真撮影禁止です。

まずこの道を進んでいくと、一之御前いちのみさき神社があります。熱田大神の荒魂あらみたま(神様の荒々しい部分を神格化したもの)が御祭神です。

 

そこから本宮の裏手へまわり、自然豊かな道を歩きます。この辺りはほぼ貸切状態で人がほぼいなかったので、風のそよぐ音がよく聞こえてきて和みました~

次に見えてくるのは清水社です。水の神様である罔象女神みずはのめのかみが祀られています。この近くに湧水が湧いている場所があり、この水は眼病平癒や美肌効果があると言われています。

 

そしてなによりも印象に残っているのが清水社の近くにあった御神木。ひときわ大きな木に注連縄がまかれていました。一目見て、あ、この木は強いパワーがあるんだろうなと、直感で感じました。様々な寺社を訪れていますが、時々こういう感覚を感じる時があるんですよね。熱田神宮の場合、私はこの木を見てこの感覚になりました。多分、神様がいるんだろうなぁ。感動して泣きそうになったのを覚えています。

清水社の先には御田神社や龍神社、草薙神剣を奉安していた土用殿があります。

 

そして最終的に神楽殿の前に出てくる、と言うのがこころの小径の順路です。

こころの小径を抜けて、神楽殿の前を撮影した1枚。お気に入り。

ちょっとだけ紅葉していました。

神楽殿とその周辺

次に神楽殿とその周辺を紹介していきます。境内社もたくさんありますよ!

まずは正面から見た神楽殿。

とても立派な建物です。

神楽殿の左手に小さな手水舎があります。

 

近くにならずの梅と呼ばれている梅の木があります。

この名前がつけられた由来は「花は咲くが一度も実をつけたことがないから」

そのためならずの梅と呼ばれています。

 

ならずの梅の近くに西楽所にしがくしょがあります。

その向かい側あたりを歩いて行くと大幸田神社があります。

ここからは更にこの周辺の境内社を紹介していきます。

まずこちらは内天神社。

 

ここから六末社と呼ばれている社が並んでいます。

手前から順に乙子社、姉子神社、今彦神社、水向神社、素戔嗚神社、日長神社です。

 

場所は変わり、西門の近くです。

ここに菅原社があります。いわゆる天満宮です。学業成就での参拝はこちらへも忘れずに!

正門に近い境内社など

ここからは正門に近い境内社などの見どころを紹介していきます。

 

まずこちらは徹社。

その向かい側あたりに奥へ進む道があります。

その先にあるのが眼鏡之碑。土偶が乗ってるの珍しい…

 

その奥に通行禁止の石橋があります。

この橋の名前は二十五丁橋。25枚の板石を使って造られた名古屋最古の石橋です。

場所は戻り、参道です。この写真は正門が奥に写るように参道を撮ってみた1枚です。

正門へ向かって歩きます。

正門の近くに楠之御前社へ続く鳥居がありました。

 

そしてこちらが正門(南門)の鳥居。

かなり大きいです。

 

正門前、右手へ進んでいくと孫若御子神社があります。

ここから歩いて行くと色合いが特徴的な南新宮社があります。

熱田神宮内で唯一、朱色に塗られている社です。

 

この周辺にもいくつか小さな社があります。

ここから東門側へ進んでいくと清雪門があります。

668年に新羅の僧が神剣を持ち出し、この門を通ったと言われており、不開門あかずのもんとも呼ばれています。

上知我麻神社と別宮 八剣宮周辺

最後に紹介するのは正門近くにある大きな2つの社とその周辺です。

正門の左手前にあるこちらの鳥居をくぐりましょう。

鳥居をくぐってすぐ右手に手水舎があります。

そしてその更に右手に熱田神宮の別宮である八剣宮はっけんぐうがあります。

御祭神は本宮と同じく熱田大神。戦国武将 織田信長公、豊臣秀吉公、徳川家康公が崇敬した社です。

別角度から撮影した1枚。

 

八剣宮の近くに上知我麻かみちかま神社があります。

知恵の文殊さまとも呼ばれている社です。命名や学業成就の信仰が伝わっています。

▼右手前に大国主社があります。

▼左手前には事代主社があります。

大国主は大黒天、事代主は恵比寿です。縁起の良い七福神が祀られているんですよ~!

最後に八剣宮と上知我麻神社のツーショット!

御神印(御朱印)

熱田神宮では御朱印ではなく、御神印と呼ばれています。

MEMO
頂ける場所は2箇所あります。

スタンダードなのは本宮の右手にある授与所です。こちらで頂けるのは本宮の御神印のみになります。

もう1つは正門近くにある上知我麻神社の社務所です。こちらでは合計5種類の御神印を授与しています。

▼上知我麻神社で頂くことが出来る5種類の御神印

このうち、高座結御子たかくらむすびみこ神社と氷上姉子ひかみあねこ神社は熱田神宮内ではなく、近くにある境外社です。こちらの2種の御神印を頂く場合は、参拝をしてから頂きましょう。

MEMO

【高座結御子神社の住所】

愛知県名古屋市熱田区高蔵町9-9

【氷上姉子神社】

愛知県名古屋市緑区大高町字火上山1-3

今回頂いた御神印

今回頂いた御神印はこちら。

初穂料はお気持ち。私は500円を納めました。

 

伊勢神宮のように中央に社印が押されているシンプルな御朱印です。

限定御神印情報

こちらの神社では限定御神印は登場しません。

アクセス

住所 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
電話番号 052-671-4151
開門時間 24時間
御朱印受付時間 7:00~日没
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 名鉄名古屋本線「神宮前駅」西口より 徒歩3分

地下鉄名城線「伝馬町駅」1番出口より 徒歩5分

公式サイト こちら

伊勢神宮の情報も合わせてチェック!

三重県にある伊勢神宮は、ぜひ名古屋へ行った後に時間がある人は合わせて訪れてみて欲しい神社です。

人生に一度はぜひお伊勢参りに行きたいもの。ぜひ合わせてこちらの記事もチェックしてみて下さい!

【お伊勢参りを徹底紹介!】ちくの伊勢神宮参り~その1 外宮編~【三重の神社】

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

すぐ隣にある「圓通寺」

すぐ近くに圓通寺があります。

【名古屋】シールタイプの御朱印が話題!熱田神宮のすぐ近くにある圓通寺へ行ってきた【愛知の寺院】

その他の愛知の神社仏閣まとめ

名古屋/犬山/津島周辺の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

【限定御朱印情報もあるよ!】名古屋/犬山/津島やその周辺にある神社仏閣+αまとめ【愛知県】

1人で行くのは不安…効率良く人気の寺社を巡りたい!

そんな人にバスツアーをオススメします!

人気の神社仏閣、観光地を巡るツアーをクラブツーリズムで探してみましょう!

中には御朱印巡りツアーや、ツアーでしか頂くことが出来ない御朱印もあるんですよ〜

バスツアーは神社仏閣&御朱印巡り好きさんとも繋がれるきっかけになりますよ〜

ちく

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。