【マスターボール級をめざせ】ポケモン剣盾 ランクマッチ 第6回【パッチラゴンの活躍】

こんにちわ!マベ太郎です!

さて、今回もランクマッチでバトルをしてきました!そのバトルの様子をブログでお伝えしていきたいと思います!

自分のチームの紹介

さて、まずはチームですが、以前の紹介の通り、下記のチームになっています!

あ、今回はツボツボの持ち物を”レッドカード“に変更してみました!これによって、相手が攻撃をしてきた時に、相手を強制的に手持ちに戻す事ができるようになります!そうする事によって、相手に積まれたとしても気にしなくてもよくなりました。逆に、状態異常になった際に、かなりつらくなりました。ねむり、まひで行動が出来なかった時がかなり厳しいです・・・

対戦スタート

今回、対戦で戦う事になったのはこのようなチームの方です!kazuさんという方です!よろしくお願いします!

相手のチーム、“ドラピオン(タイプ:あく/どく)”“バイウールー(タイプ:ノーマル)”“エースバーン(タイプ:ほのお)”“ハッサム(タイプ:むし/はがね)”、”ポリゴンZ(タイプ:ノーマル)”、”カメックス(タイプ:みず)”の6体です。相手のチームを観て、ほのおがタイプ相性が良いのが、バイウールーとハッサム。あと気を付ける必要があるのが、カメックス。からをやぶるを打たれて、全滅するパターンは避けるために、パッチラゴンは必要な気がします。他のポケモンもでんきわざが通りにくいポケモンはいないので、パッチラゴンは使いやすそうです。そのパッチラゴンを生かすためにも、ツボツボは必要になると思いました。という事で、ツボツボ、パッチラゴン、エースバーンの3体を選出しました!

いざ、勝負!

1ターン目

相手:ドラピオン(あく/どく)
ポケモンの状態:
場の状態:

VS

自分:ツボツボ(いわ/むし)
ポケモンの状態:
場の状態:

 

まずは、相手がドラピオンを出してきました。対する自分は、ツボツボ。相手のドラピオンはどういったわざ構成なのかがわからないので、ここは普通に自分のやりたい展開をそのまま進めます。ということで、“ねばねばネット”を打ちます。

まず、相手の攻撃ですが、“はたきおとす”でした!これで、ツボツボが持っている、”レッドカード”が叩き落とされてしまいます。はたきおとされた事によって、効果は発動されずに終わりました。そして、こちらの攻撃、“ねばねばネット”!これで、相手のポケモンのすばやさをさげられる準備ができました。

 

2ターン目

相手:ドラピオン(あく/どく)
ポケモンの状態:
場の状態:ねばねばネット

VS

自分:ツボツボ(いわ/むし)
ポケモンの状態:レッドカードが叩き落とされている
場の状態:

さて、さきほどのターン、ドラピオンは普通に攻撃をしてきていたので、このターンも普通に攻撃してくるだろうと思いました。ただ、ツボツボに対する有効技がないと思うので、ここは普通に場を整える行動を優先。したがって、“ステルスロック”を選択にしました。

相手はというと、“がんせきふうじ”で攻撃してきました。とはいっても、ツボツボの防御はかなり高いので、ダメージは全然入りませんでした。そして、こちらの攻撃“ステルスロック”が通りました!

 

3ターン目

相手:ドラピオン(あく/どく)
ポケモンの状態:
場の状態:ねばねばネット、ステルスロック

VS

自分:ツボツボ(いわ/むし)
ポケモンの状態:レッドカードが叩き落とされている、すばやさ1down
場の状態:

この時点で、ツボツボはこれ以上に役割がないため、あとは”はたきおとす”で相手のポケモンの持ち物を無効化する程度しかないので、“はたきおとす”を選択。もし、交代をされたとしても、この攻撃は有効だなと思います。

さて、相手の攻撃ですが・・・“どくづき”でした。

 

ここで、ツボツボがどく状態になってしまいます・・・うーん、固定ダメージを受けるのは厳しいですね。そして、こちらの攻撃“はたきおとす”ですが、この技によって・・・

 

“とつげきチョッキ”をはたき落としました!これはかなり重要な一撃です。とつげきチョッキの効果で上がっていた、とくぼうを下げる事ができているのでよかったです!とは言っても、こちらのポケモンにとくしゅ攻撃を行うポケモンはいなかったですが・・・

 

4ターン目

相手:ドラピオン(あく/どく)
ポケモンの状態:とつげきチョッキを叩き落とされている
場の状態:ねばねばネット、ステルスロック

VS

自分:ツボツボ(いわ/むし)
ポケモンの状態:レッドカードが叩き落とされている、どく状態、すばやさ1down
場の状態:

ここまでくると、ツボツボは“がんせきふうじ”を使い、相手にダメージを与えつつ、すばやさをさげるだけ。

さて、相手は、“どくづき”を使ってきましたが、おおきなダメージは与えられず、こちらの”がんせきふうじ”も普通に当たり、すばやさがさがりました。

 

5ターン目

相手:ドラピオン(あく/どく)
ポケモンの状態:とつげきチョッキを叩き落とされている、すばやさ1down
場の状態:ねばねばネット、ステルスロック

VS

自分:ツボツボ(いわ/むし)
ポケモンの状態:レッドカードが叩き落とされている、どく状態、すばやさ1down
場の状態:

さて、決定打がない状況ですが、かわらず“がんせきふうじ”をうちつづけます。というのも、ここで交換をしても、交換したポケモンにダメージが入ってしまうという状況になるので、そんなに良い点がないからです。

と、ここで相手はドラピオンをカメックスに交換してきました!膠着状態がついに解かれ、大きく展開を変えようとしています!ただし、この瞬間、相手のすばやさは1段階下がり、ステルスロックでダメージが入ります!

 

 

が、ここで相手の持ち物“しろいハーブ”が発動して、能力ダウンが無効化されました。

これはラッキーです。というのも、通常であれば、”からをやぶる”をした際に、相手の”ぼうぎょ”と”とくぼう”が下がるのですが、それを通常の状態に戻すために”しろいハーブ”が効果を発揮するのですが、それが今使ってしまった事により、そのコンボができなくなったのです!これは大きい・・・!

 

6ターン目

相手:カメックス(みず)
ポケモンの状態:しろいハーブ使用済み
場の状態:ねばねばネット、ステルスロック

VS

自分:ツボツボ(いわ/むし)
ポケモンの状態:レッドカードが叩き落とされている、どく状態、すばやさ1down
場の状態:

このターン、相手のカメックスが“からをやぶる”を使って、攻撃を上昇させてくる可能性があります。その行動に対して、対応を取りたいのですが、ツボツボをそのままフィールドに出し続けても、相手のカメックスに対して、有効な技がなく、逆に起点にされて、”からをやぶる”を理想的な形で積まれてしまいます。そこで、カメックスに優位な“パッチラゴン”に交換する事にしました!

まず、“ツボツボ”を”パッチラゴン”に交換します。そして、相手はというと・・・

 

こちらが思っていたとおり、やはり“からをやぶる”を使ってきました。こうげき、とくこう、すばやさが2段階上昇します。代わりに防御と特防が1段階下がりました。次のターンが勝負の分かれ目になりそうです!

 

7ターン目

相手:カメックス(みず)
ポケモンの状態:しろいハーブ使用済み、こうげき/とくこう2up、すばやさ1up、ぼうぎょ/とくぼう1down
場の状態:ねばねばネット、ステルスロック

VS

自分:パッチラゴン(ドラゴン/でんき)
ポケモンの状態:
場の状態:

このターン、相手は基本的に、攻撃をする準備がしっかり出来ていて、かつ、すばやさもこちらの方が遅いので、必ず一撃をくらう事になってしまいます・・・。この一撃をどうにか凌がなければ、勝ちはかなり薄いです。そうなると、”ダイマックス”をして、HPを倍にして、こちらも最大限の準備をするしかなくなります。おそらく、相手のカメックスは“れいとうビーム”を覚えており、こちらの弱点を突く事ができるので、そこが耐えられれば、かなり勝ちが見えてきて、ダメな場合には、こちらの負けが濃厚になります。という事で、“ダイマックス”をして、”ダイジェット”をする事に決定。ここで“ダイジェット”を選択したのは、相手のぼうぎょが下がっており、どのわざでも大抵の攻撃で倒す事ができそうで、且つ、すばやさをあげておくことで、そのカメックス以降のポケモンよりも早く動けるようになる可能性を考えたからです。

そして、相手の行動ですが、れいとうビームでした!パッチラゴン・・・耐えるか!?

なんとか、92残りました!そして、こちらの”ダイジェット”で相手のカメックスを一撃で倒しました!
とはいえ、もしカメックスが”ダイマックス”をしていたら、パッチラゴンは倒されていたのでは?という疑問も残るので、あとでそこは検証してみます!

そして、相手は、“ポリゴンZ”を出してきました!当然、ねばねばネットとステルスロックの影響を受けて、すばやさが下がり、ステルスロックのダメージを受けます。俄然、優位。

 

8ターン目

相手:ポリゴンZ(ノーマル)
ポケモンの状態:すばやさ1down、
場の状態:ねばねばネット、ステルスロック

VS

自分:パッチラゴン(ドラゴン/でんき)
ポケモンの状態:ダイマックス2ターン目、すばやさ1up
場の状態:

残りの相手のポケモンは”ポリゴンZ”と”ドラピオン”の2体。そうすると、ここで”ダイジェット”ですばやさをさらに上げる必要はなくなります。というのも、ドラピオンが出てきても、ねばねばネットですばやさが下がるので、こちらの方がすばやさが高いからです。正直、”ポリゴンZ”というポケモンが何をしてくるのか、わからない怖さもあったので、普通に一番火力のある“ダイサンダー”で攻撃する事を選択しました。

まず、相手はポリゴンZにはダイマックスを切ってきませんでした!
そして、こちらのダイサンダーで、一撃で倒せました!これで、残るはドラピオンのみ。ここでも、ステルスロックとねばねばネットの影響をうけて、すばやさが下がり、ステルスロックによるダメージが入ります。

 

9ターン目

相手:ドラピオン(どく/あく)
ポケモンの状態:すばやさ1down
場の状態:ねばねばネット、ステルスロック、エレキフィールド2ターン目

VS

自分:パッチラゴン(ドラゴン/でんき)
ポケモンの状態:ダイマックス3ターン目、すばやさ1up
場の状態:エレキフィールド2ターン目

さて、このターンがパッチラゴンのダイマックス最後のターンになります。ここも慎重に。

選択した技は、”ダイドラグーン”です。

なぜか、というと、相手のドラピオンは”とつげきチョッキ”を持っていたという事で、攻撃系のわざしか持っていないはずで、且つ、今までの技構成から、”物理こうげきわざ”での攻撃を得意としている事がわかっているから、であれば、”ダイドラグーン”の追加効果、”あいてのこうげきを1段階さげる”のはかなり有効だと判断したからです。

まず、相手はダイマックスをしてきました!そして、こちらのダイドラグーン!

 

ここで、半分程度のダメージが入りました!そして、相手のわざですが・・・

 

なんと、“ダイナックル”です!このわざは“こうげきを1段階あげる”というわざなので、相手もやはりこうげきを上げにきたのだとわかります。しかし、パッチラゴンが“ダイドラグーン”で攻撃を下げていた事もあり、この攻撃はなんとか耐えました!ここで、パッチラゴンが倒されなかったのも、大きいです。

 

10ターン目

相手:ドラピオン(どく/あく)
ポケモンの状態:すばやさ1down、ダイマックス2ターン目
場の状態:ねばねばネット、ステルスロック、エレキフィールド3ターン目

VS

自分:パッチラゴン(ドラゴン/でんき)
ポケモンの状態:すばやさ1up
場の状態:エレキフィールド3ターン目

さて、ダイマックスも終わり、パッチラゴンの役割も終わりが見えてきました。ここは後続のポケモンがドラピオンを倒しやすいように、確実にダメージを与えられる、“つばめがえし”を選択しました。

まずは、パッチラゴンの”つばめがえし”!

ここでしっかりとダメージを与え、ドラピオンのHPは残り1/8程度まで減りました!そして、ドラピオンの”ダイアーク”でパッチラゴンは倒されてしまいました。ただ、この試合のパッチラゴンはかなり貢献してくれました!ありがとう~!

さて、次のポケモンは”ツボツボ”です。

11ターン目

相手:ドラピオン(どく/あく)
ポケモンの状態:すばやさ1down、ダイマックス3ターン目
場の状態:ねばねばネット、ステルスロック、エレキフィールド4ターン目

VS

自分:ツボツボ(いわ/むし)
ポケモンの状態:
場の状態:エレキフィールド4ターン目

ここは相手の方がすばやさが早いので、確実に倒されてしまいます。とはいえ、このターンで相手のダイマックスターンが終わるので、このターンをツボツボで稼げるのは重要です。

相手はダイロックを選択。ツボツボは倒れてしまいます。そして、フィールドがすなあらしの状態になり、この効果でドラピオンも少しダメージを受けました。相手の体力はもう、赤ゲージ!これはかなり勝ちが近い。最後のポケモン、エースバーンを出します!

12ターン目

相手:ドラピオン(どく/あく)
ポケモンの状態:すばやさ1down
場の状態:ねばねばネット、ステルスロック、エレキフィールド5ターン目、すなあらし2ターン目

VS

自分:エースバーン(ほのお)
ポケモンの状態:
場の状態:エレキフィールド5ターン目、すなあらし2ターン目

さて、ここも少しだけ考えました。

“ふいうち”をした場合、もしかすると倒せない場合があるかなと思いました。その場合に、相手は”ダイナックル”を使っていたので、かくとうわざを覚えている事はわかっており、そのかくとうわざで倒されてしまう可能性があると思いました。逆に、一番攻撃の当たる確率が高い、“かえんボール”は5%の確率で外れますが、かくとうわざをくらっても、倒されない可能性が高くなります。という事で、ここは“かえんボール”を選択しました!とにかく、当たれば勝ちです。

そして、エースバーンの“かえんボール”。とにかく当たれぇ~!

しゃしん

しっかりとこうげきを当ててくれました!よかった・・・
勝利!対戦、ありがとうございました!

感想と検証

今回の対戦では、一個だけ相手の勝ちがあったな~と思うところがありました!
それは、7ターン目です。

“カメックスが“からをやぶる”を決め、パッチラゴンとの対面になっていたタイミング。この時にもし、相手がダイマックスをしていたら、もしかすると、パッチラゴンは倒されてしまっていたのではないか?と思ったのです・・・

という事で、スマホアプリ“ダメージ計算SS”を使って、計算をしてみました!

想定のカメックスは攻撃に努力値を”252″振られているとして、計算をしてみると・・・

なんと、乱数1発、37.5%の確率で倒されていました!もし、ダイマックスをされていたら、負けていた可能性もあるので、本当に1ターンの技の選択によって、勝敗が変わってくる、そういうところもすごく魅力だな~と思いました!これからもこのチームで対戦を進めていきます!またブログを更新します!それではまた~♪

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。