7月にリニューアルした池袋のサンシャイン水族館へ行ってきた【東京の観光地】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、サンシャイン水族館です!

 

2017年7月にリニューアルしたこの水族館、やっと行くことができました。

日曜日の午後に行ったら、水族館へ行くエレベーター、入場券を買う行列が出来ていて、20分待ちくらいでした。

たくさんいる生き物の中から、自分が可愛いと思った生き物、上手く撮れた生き物の写真を載せて、紹介していきたいと思います!

 

入ってすぐの水槽にいるおさかな達

青い水槽の中で元気に泳いでいるカラフルな小魚たち。

この写真にもちらほらいますが、水族館にいるとよく見かける、青くて小さい綺麗なおさかな、ルリスズメダイが好きです。

しかしなかなかピンポイントで撮るのが難しい…

小さいので泳ぐのも早いのです。

 

そして最初の水槽に、チンアナゴやニシキアナゴがいます。

数匹だけですが、元気にニョロニョロしてました。かわいい。

 

イワシ

アクアワールド大洗のように、この水族館にもイワシがぐるぐる泳いでいる水槽があります。

口を開けた瞬間のイワシ、別の生き物みたいな顔になっていてちょっと怖いですね笑

 

そしてこのイワシ水槽には主がいます。

小さなイワシの中を泳ぐ姿は、まさにイワシたちの主!

迫力が凄い!

 

メイン水槽のインパクトある生き物たち

メイン水槽、どの水族館にもだいたいありますよね。

サンシャイン水族館のメイン水槽でインパクトがあったのは、ウツボ!

岩陰などでニョロニョロしているイメージが強いですが、優雅に泳ぎ回っていました。

たまたまかもしれませんが、珍しい光景ですね。

結構泳ぐのが早くてびっくりです。

 

もう1匹はエイ。

なかなかにナイスショットな気がする!

 

クラゲ

水族館の人気者になりつつあるのがこのクラゲ。

神秘的な姿に癒される人も多いのではないでしょうか?

このサンシャイン水族館には、ミズクラゲが泳いでいるトンネル型の水槽があります。

 

こちらのクラゲがいるのはドーム型の水槽。

丸みのある水槽で、このクラゲの大きさがより大きく感じられる気がします。

 

このクラゲ達は、天井にある丸い水槽を泳いでいました。

まるで宇宙空間を漂っているような気分になりますね。

 

カラフルなこのクラゲたちは、筒状の水槽にいます。

奥に見えているのは、手前のクラゲ水槽が反射して写っている姿です。

 

クラゲエリアはかなり人気なようで、行列が出来ていました。

メイン水槽の近くにあるのですが、メイン水槽で餌やりタイムなどのイベント中は空いています。

行列が苦手な人は、このタイミングでゆっくりクラゲを鑑賞しましょう。

 

川のおさかな達

ペットの熱帯魚としてもよく見られるネオンテトラです。

一緒に別の魚も泳いでいます。

透明度の高い水槽にいるテトラは綺麗に見えますね。

 

川にもエイがいるようです。凄い模様!

左側のニョロニョロはウナギ。

ちょうどウナギの上をエイが泳いでいるところを撮りました。

なんだかエイに捕食されているみたいですね。

 

骨がスケスケのおさかな。

珍しいですねぇ。

 

こちらの川ゾーンにいたトカゲは爆睡してました笑

手を後ろにだらーんとしている感じが可愛いです。

 

カエル達

この水族館の1つの特徴、たくさんの種類のカエル。

全国にある水族館の中でも、珍しいカエル達を展示している場所はなかなかない気がします。

カエル可愛いですよね!私は鳥と魚の次に見るのが好きです(苦手な人はごめんなさい…)

 

黄色いカメラ目線の2匹のカエル。

つぶらな瞳の可愛いカエルさん達ですが、毒持ちです。

 

ニホンアマガエル。

草の大きさと比較してもわかりやすいですが、かなり小さいです。かわいい。

 

ガラスケースにはりつくカエル。

このポーズ、カエルらしい気がします。

 

こちらの綺麗な色合いのカエルさんも最初に載せたカエル同様に毒持ち。

ヤドクガエルと言う種類のカエルさんです。

 

他にも何種類かのカエルがいるので、カエル好きな人には是非見てもらいたいです。

 

次のページでは屋外エリアを紹介していきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。