雄大な自然を堪能できる、山梨の宿”湯ノ沢 渓山荘”の紹介!

こんにちわ!マベ太郎です!

さて、今回は山梨にある旅館を紹介したいと思います。なんで、山梨の旅館?なのかというと、先日嫁ちゃんと一緒に山梨に行ってきました。その時に、泊まった旅館がとても静かでゆっくりできて、旅館内もびっくりするようなものがあって、とても良いところだったので、ぜひとも皆さんに紹介したいと思って記事にする事にしました。

そのお宿というのが“渓山荘”というところで、その旅館までの道は少し狭くて幅が広い車だと大変そうなところで、わき道からはなんと湧き水が出ていて、道に流れているという自然豊かすぎる感じなのですが、旅館はとても良いところなので、是非とも興味を持ってもらえたら、山梨に行く際には泊まってみてもらいたいです!旅館のHPをみると、なんと7月にはホタルも見る事ができるらしいです!今時、ホタルが見れるなんて貴重ですよね!

湯ノ沢 渓山荘

渓山荘

さて、少し細い道を抜けて、やってきました、”渓山荘”。深緑色の渓山荘の文字が入った木の看板が迎えてくれました。一見、普通の家かと思うところもありますが、看板が旅館であることを教えてくれます。

入口の木の看板がどこか歴史を感じさせてくれます。

 

中に入ると、大きな玄関があって、目の前にはカウンターがあります。入口には空気清浄機があって、カウンターには指手消毒用のアルコールスプレーが置いてあり、コロナ対策もしっかりと行われている印象。

玄関の写真 。この玄関に見える階段の下には・・・

 

ふと、玄関に入ってすぐ横の階段の下を見ると、そこには家の中であるのにも関わらず、“大きな池”がありました。家の中に池があるというのを初めて見たので驚きがありました!しかも、大きな金魚が数匹います。宿の人に聞いてみたら、この金魚は”屋台で取った金魚”らしいです!ひぇえええ~!屋台の金魚って、こんなに大きくなるんだ!とこれまた驚きました!そして、水が本当に透き通っていて綺麗で、藻の一つも生えていないのがすごい。管理が行き届いているからなのかわからなかったのですが、これにも驚きました。

色鮮やかな金魚が数匹。富士山の湧き水で元気に泳いでおりました!さらに・・・!

 

家の中に池、さらには金魚!なんて、すごい環境ですが、さらに池の中に目を凝らしてみると、そこには”サワガニ”でしょうか!?なんと、カニもいました!!これも宿の人に聞いたのですが、「このカニは排水するところから、自然に上がってきたカニなんです」との事!えぇぇ~!?カニが自らのこの池に入ってくるなんて、そんなこと、ありますか??

それだけ、この池で作り上げられた環境が自然界と同じようになっていて、人工的でありながらも、天然で自然なものを多く取り入れられているという事を実感しました。この池を作った人がこの旅館のどなたなのかを訊くのを忘れてしまいましたが、その方が作り上げた事”池”は素晴らしいものだな~と思いました。

カニが自らこの環境に入ってきているというのがという事がとにかくすごい。

 

玄関の素晴らしさに後ろ髪をひかれながらも、案内された二階の部屋へと歩を進めていきます。階段も綺麗なお花屋や立派なハチの巣の標本?があり、こちらも豪華でした。

部屋に入り、ゆっくりしていると部屋の横を流れる渓流のせせらぎが部屋の中からでも聞こえてきます。自然の音色に癒されます。自然に癒されたところで、お風呂へ行く事にしました。と、当日は旅館には誰もいなかったのか?はたまた時間の問題なのか?わかりませんが、ボクと嫁ちゃん以外には人がおらず、貸し切り状態になっていました。

 

富士山の溶岩で作られたかのような立派な岩風呂

岩風呂は“江戸時代天保年間に遡る鉱泉”という事で歴史を感じると同時に、その岩の雄大で荒々しい感じが印象に残っています。温かいお湯で身体も心も温まり、渓流と自然に囲まれる中でリフレッシュする事ができました。このお風呂は貸し切りで使う事が出来るとの事なので、人さえ入っていなければ一人で贅沢に入る事もできますし、家族でゆったり入る事もできます!この自然と雄大さを兼ね揃えた”岩風呂”をぜひとも堪能してもらいたいです。

さて、いかがでしたでしょうか?”岩風呂”があって、玄関にある大きな池といい見どころが多い旅館でした。夏にはホタルも出るという事なので、今度はホタルがいる季節に訪れたいなと思います。当日は天気が良くなかったため、富士山の姿を見る事はできなかったのですが、きっと天気がいい日には富士山も見る事が出来るはずなので、そういった楽しみも出来るかもしれません。もし、興味が湧いたらぜひとも、行ってみてもらいたいです!それではまた~♪

アクセス

住所 〒402-0035 山梨県都留市東桂夏狩2493
電話番号 0554-43-2088
メール info@keizanso.com

宿泊料金

12,000円(参考価格)
(1泊2食付き、税込み、奉仕料込み)
公式サイト こちら

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA