江の島ぶらり旅〜夕方の江ノ島を散策〜【神奈川の観光地】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回は、夕方は6時頃から江ノ島に行った時の旅をふり返る記事です!

 

まずは江島神社へ

北鎌倉で紫陽花を満喫した後、暗くなってきた江の島へ行きました。

江ノ電の江ノ島駅から歩いて20分くらい。

江の島に上陸し、観光客で賑わう大通りを抜けると、江島神社が見えてきます。

正面からも門と灯籠を撮影。

夕方でもまだまだ人はいます。

この先の拝殿へ参拝する為、階段を登ります。

体力に自信のない人は、有料のエスカーと言うエスカレーターに乗って上へ行くのがおすすめです。

 

階段をのぼって少し進むと、龍のいる手水舎があります。

こちらで手を清め、拝殿へ参拝しに向かいます。

江島神社の辺津宮。

まずはこちらへ参拝させて頂きました。

参拝客はあまりいなかったので、並ばずにゆっくり参拝出来ました。

 

ちなみに、社務所は閉まっていたので、御朱印は頂いていません。

 

アクセス

住所 神奈川県藤沢市江の島2丁目3-8
電話番号 0466-22-4020
拝観料 無料
公式サイト こちら

 


広告



無料で見ることの出来る江の島の景色

江島神社から更に階段を登り進みます。

紫陽花の咲いている階段。

 

階段を登り切ると、江ノ島のシンボルであるシーキャンドルがあるサムエルコッキング苑があります。

ここへ入るのは有料です。

また、シーキャンドルの上へ行くエレベーターが20分待ちとのことだったので、今回は行きませんでした。

 

無料でも江ノ島の海、景色は綺麗で満喫できる場所がいっぱいです。

海とシーキャンドル。

夕方の空とマッチしていてとても綺麗です。

 

シーキャンドルから、今度は階段を下って先へ進みます。

すると、崖の間に海が見えます。

シーキャンドルにのぼるのも良いですが、無料でも景色を満喫できるスポットがあるのです。

 

江島神社の奥津宮と龍宮(わだつみのみや)

更にすすむと、今度は江島神社の奥津宮があります。

隣にあるのは、大きな龍が特徴的な龍宮(わだつみのみや)

近付くと、立派な龍を間近で見ることも出来ます。

こちらの2箇所も参拝しました。

更に進むと、海が広がる稚児ヶ淵があります。

夕方でも一面の海を望めるこの場所は、人がたくさんいました。

 

この先には、岩屋がありますが、既に午後7時だったので、もう空いていませんでした。

来た道をずーっと戻って、帰ることにしました。

 

お夕飯は天海のしらす丼とクリームソーダ

せっかく江ノ島に来たからしらす丼を食べて帰りたい!

と言うわけで、最後に天海と言う海鮮料理のお店で食べることにしました。

 

しらす丼のクリームソーダがあったので、つい注文してしまいました。

値段は550円。

 

メロンソーダにバニラアイスがのっている王道クリームソーダで、歩き疲れた体にこの甘さが染み渡りました。

 

こちらは釜揚げしらす丼。

値段は950円。

 

しらす以外に、海藻がたっぷり入っていて、海鮮サラダのようになったしらす丼です。

海藻用に板前さんお手製のドレッシングもありました。

しらすは、味はしっかりしていて美味しかったです。

白米が温かい状態で提供されました。

アクセス

住所 神奈川県藤沢市江の島1丁目4-9
電話番号 0466-27-1060
営業時間 10:00~19:00
定休日 なし
定休日 こちら

 

 

今回は、お金をかけずにゆっくり夕方の景色満喫出来て、良い旅が出来ました。

今度はシーキャンドルに行ったり、岩屋にも行きたいですね。

またゆっくり江ノ島観光をしたいと思います。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。