松江城の近くにある松江護国神社へ行ってきた【島根県の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、松江城の近くにある松江護国神社です!

松江城から歩いて小泉八雲記念館へ向かっている途中に見つけたので、参拝させて頂きました。

紹介していきたいと思います!

神社の概要

  • 御祭神:明治維新後の国難に殉じた旧出雲国・隠岐国出身の戦没者の方々
  • 御利益:大勝利祈願
  • 例大祭日:10月23日
  • 創建:1939年

御由緒

昭和10年に島根県招魂社建設奉賛会が組織された。昭和14年3月に松江招魂社として創建・鎮座したが、同年4月、招魂社の制度改革により松江護國神社となった。第二次大戦後は島根神社と称していたが、日本の主権回復後の昭和28年に元の社名に復した。

 

※Wikipediaより引用

実際の様子

鳥居と大勝利祈願

こちらの鳥居から境内へ入ります。

階段の真ん中にスロープがあるので、階段が苦手な人でも行くことが出来るようになっていました。

 

先ほどの鳥居を進むと、もう1つ鳥居が見えてきます。

長い参道の先に見えているのが拝殿です。

社殿と大勝利祈願

先ほどから黒と赤ののぼりが見えていますよね。

こちらの幟には大勝利祈願と書かれています。

全ての幟に大勝利祈願と書かれています。

こんなに特徴的な幟、はじめてみました!

ちく

 

拝殿への参拝を終え、脇へ抜けると、本殿と絵馬をかける場所があります。

 

御朱印

御朱印は参道途中、右手にある社務所で頂くことが出来ます。

社務所へ向かうと、入り口に写真のような貼り紙がしてありました。

どうやら、書き手の方が一人なので特定の時間しか御朱印を受付していないようです。

MEMO

特定の時間は

  • 9:00〜9:50
  • 10:50〜11:50
  • 13:30〜17:00

との事でした。

私が行ったのは11時半頃だったのですが、社務所は空いていませんでした。

近くにいた巫女さんに声をかけて、御朱印を頂けないかお願いしました。

すると、どうやら書いているのは神主さんのようで、神主さんは神事を行っている最中なので、紙の御朱印なら可能との事でした。

今回頂いた御朱印

と言うわけで、今回頂いた紙の御朱印はこちらです。

初穂料は300円。

 

御朱印の右手には、散る桜残る桜も散る桜と言う言葉が書かれていました。

 

巫女さんへ案内され、社務所の窓口で待っていると、そこからインコの声が聞こえてきました。

見ると、そこにはコザクラインコとオカメインコが!!

鳥好きとして思わずそこに目を奪われてしまいました。

写真は撮っていませんが、思わぬところで鳥さんにであい、癒されました。

限定御朱印情報

限定御朱印ではありませんが、現在は他の言葉が書かれている御朱印も登場しているようです。

「散る桜」からはじまる言葉以外の言葉が書かれた御朱印など、数種類の御朱印が頂けるようになっています。

アクセス

住所 島根県松江市殿町1-15
電話番号 0852-21-2454
開門時間 不明
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 最寄り駅からはかなり遠いのでバスで松江城を目指すことを

おすすめします。

公式サイト ありません

 

ちくが訪れた島根の神社仏閣まとめ

私は島根旅行へ行った時に訪れた神社仏閣を全て載せています。

旅行、観光の参考にしてみて下さい!

▼出雲大社

有名なパワースポット!出雲大社へ行ってきた【島根の神社】

▼日御碕神社

海の近くにある日御碕神社で参拝してきた【島根の神社】

▼玉造湯神社

玉造温泉にある玉造湯神社(玉作湯神社)で行ってきた【島根の神社】

▼清巌寺

【玉造温泉】清巌寺へ行ってきた【島根の寺院】

松江へ行ったら、ぜひ合わせて訪れたい場所はこちら!

松江城周辺の観光地の記事はこの記事以外にもいくつか書いています。

▼松江城編

島根県の中心にある松江城へ行ってきた【島根の観光地】

▼松江城と興雲閣と喫茶店編

松江城内ぶらり旅~松江神社と興雲閣と喫茶店~【島根の観光地】

▼小泉八雲に関係する観光地編

松江の小泉八雲記念館と小泉八雲旧居へ行ってきた【島根の観光地】

▼月照寺編

【松江】月照寺を満喫してきた【島根の寺院】

 

島根観光へ行く際は、ぜひアマゾンで観光本を購入して調べてから見るのも良いかも!

 

広告



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。