茨城一の規模を誇る水族館 アクアワールド大洗へ行ってきた【茨城の観光地】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、アクアワールド茨城県大洗水族館です!

茨城にある水族館で、大人の入場料は、1人1850円です。

 

ここはサメとマンボウの飼育数が日本一の水族館です。

それ以外の生き物もたくさんいます。

たくさんいる生き物の中から、自分が可愛いと思った生き物の写真を載せて、紹介していきたいと思います!

 

イワシ

この水族館はチケットを買って入場すると、まずイワシがたくさんいる円柱の様な形をしている水槽があります。

イワシのインパクトが凄いです!

水槽の形もあり、手前を泳いでいるイワシの方が、大きく見えます。

カメラで撮ると、目の前に魚群がいるような感じで撮れます。

 

メイン水槽にいる生き物たち

こちらは、この水族館のメイン水槽にいるイワシの群れ。

水面近くを群れで泳いでいます。

同じ水槽にサメがいるので、逃げる為に水面近くにいるのでしょうか?

 

同じ水槽にいるエイ。

何匹かいます。

たまたま集まっているところを撮ることができました。

この水槽のエイは、元気に泳いでいることが多いので、水槽のすぐ近くを泳いでいることも多くあります。

 

クラゲ

水族館で見て癒される生き物の中でも結構好きな人が多いクラゲ。

ここにももちろんいます。

なぜか逆さになって泳いでいるクラゲたち。

 

カニ

水族館と言えば、よく魚市場で売られてそうな大きいカニが生きている姿で展示されているのも魅力の1つだと思います。

 

井戸端会議をしているようなカニたち。

周りの魚たちの泳いでいる動きが早すぎて、カニにしかピントが合いません。

 

一点を見つめるカニたち。

魚の写り方がヤバい笑

魚が泳いでいる中、いかにカニが泳いでいないかがわかります。

 

しかし、この水槽にはカニがたくさんいるので、中には歩いているカニもいます。

 

シロワニ

アクアワールド大洗と言えば、なんと言ってもサメです。

そんなサメの中でも私が好きなのがこのシロワニと言うサメです。

 

目がめっちゃ怖い!

2匹目の前にきたときの写真。

このサメ、かなり大きいです。

実際に海で見かけたら、間違いなく食べられると思います。

そんな迫力のあるシロワニが何匹もいる水槽をじっくりみることが出来るのが、この水族館の魅力の1つだと思うのです。

 

このサメ以外にもたくさんのサメが展示されています。

 

マンボウ

こちらはマンボウです。

元気に泳いでいるマンボウ。

目が怖い笑

 

飼育が難しいとされているマンボウが5匹くらい、この水族館では飼育されています。

 

マンボウの正面顔。

常に口は開けっぱなしで泳いでました。

 

ペンギン

水族館と言えばペンギンですよね!

こちらの水族館のペンギンは、外で飼育されています。

 

のんびりするペンギン。

おねむな様子です。かわいい。

 

たくさんいます。

手前のでっぷりとしたお尻のペンギンは完全にくつろいでます。

鳥類のむにっとしたお尻が大好きな私にとっては絶景でした笑

 

ちなみに、色が黒ではなく、茶色っぽいのは、換羽期だからだそうです。

羽の抜け換えの時期なのですね。

 

その他の生き物たち

まだまだ紹介したい生き物がたくさんいます。

写真を撮った紹介したい生き物たちを載せていきます。

 

タツノオトシゴ

この写真には3匹います。

尻尾で水草に捕まっていました。

植物の一部みたいになってます。

 

フウセンウオ

水族館の癒し系として、新たに名を馳せているのがこのお魚らしいです。

ダンゴウオと言うお魚の仲間とのこと。

 

すごく小さくて、お腹らへんに吸盤のようなものがあるので、どこにでもくっつくことが出来るそうです。

風船にくっついていました。

こののっぺりとした表情が可愛いですね。

泳いでいるところもヒレをバタバタ動かしているところが可愛かったです。

 

ミズダコ

かなり大きなミズダコです。

全く動かず、休んでいました。

 

オオカミウオ

その名の通りオオカミのような魚です。

鋭い牙が特徴的な魚なのですが、こちらもタコ同様に動かず休んでいました。

 

エトピリカ

ペンギンとは違う水鳥です。

ペンギンと違い空を飛ぶことも出来ます。

写真のエトピリカは、水槽のすぐそこまで来ていました。

カモやアヒルのように水に浮いてお腹がでっぷりしています。

そんな姿が可愛いです。

 

チンアナゴ

水族館といえばチンアナゴですよね!

だいたいの水族館は、チンアナゴとニシキアナゴが一緒に展示されていますが、この水族館もそのうちの一つです。

 

チンアナゴのベストショットを撮ろうと思っていたら、ちょうどチンアナゴが体全体を砂から出していて、砂の中へ潜る所でした。

そんなにょろにょろシーンの一部の写真がこちらです。

画面に少し私の姿が反射してしまいましたが、一番まともに撮れたのがこの写真でした。

 

アクアワールド、大洗観光では絶対に欠かせないスポットだと思います。

この記事では紹介していませんが、水族館で定番のイルカやアシカのショーもあるので、ぜひ行ってみて下さい。

アクセス

住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
電話番号 029-267-515
営業時間 9時~17時 (最終入館16時)
定休日 不定休
駐車場 無料
公式サイト こちら

 

広告



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。