【南陽市】赤湯温泉へ行ったらぜひ行きたい神社!烏帽子山八幡宮へ行ってきた【山形の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは山形県南陽市にある烏帽子山えぼしやま八幡宮です!

赤湯温泉と言う温泉街のはじっこにある烏帽子山公園に鎮座する神社ですよ~

日本一の大きさを誇る継ぎ目無し大鳥居がある神社です。

 

早速紹介していきます!

 

神社の概要

  • 御祭神:応神天皇、菅原道真公、鳴雷神
  • 御利益:産業開発、商売繁盛、交通安全、縁結び、学業成就など
  • 例大祭日:9月15日
  • 創建:1093年
  • 御由緒

1093年、清原武衡が乱をおこし、源義家が当国に下向して鎮定したが、その弟加茂二郎義綱が北町八幡沢に祠を建て勝運の長久を祈ったのが起源。

 

※烏帽子山八幡宮の由緒書きより一部抜粋

 

実際の様子

烏帽子山公園へ続く階段

赤湯温泉のメインストリートから歩いて行くと、路地の間に階段を見つけました。

この階段の先に烏帽子山公園があります。

烏帽子山公園の一角に烏帽子山八幡宮があるので、まずはこの階段を進んでいきましょ〜!

 

階段の手前に赤湯温泉市神社があります。

こちらの神社は兵庫県の戎宮の総本社である西宮神社より、えびすさまの御分霊の受け、御祭神としてお祀りしています。

商売繁盛や家内安全の御利益がある神社です。

 

改めて、近くで撮影した階段。

桜の季節が終わり、新緑のトンネルが出来ています。

ここをまっすぐ進んで行きますよ〜!

 

烏帽子山八幡宮の石造り鳥居とその周辺

階段を上り、右手へ進んでいくととても大きな鳥居が見えてきました。

こちらは日本一の大きさを誇る継ぎ目無し大鳥居です。

この町の人々が一丸となって取り組んだ大事業によって完成した鳥居です。

使われているのは、烏帽子山八幡宮の裏から割出した凝灰岩です。

 

鳥居の手前にも階段があります。

別のルートで烏帽子山八幡宮を目指す場合はこの階段を進むことになります。

 

石造り鳥居の近くに御神木があります。

1代目の御神木が枯れてしまったので、現在の御神木は2代目です。

放鳥目白桜と呼ばれている御神木です。

大きな木から伸びる枝が四方に張っています。その姿がまるで翼を広げて飛び立つ鳥の様だと言われており、この名で呼ばれているのです。

 

鳥居の先に続く階段を上り、拝殿を目指しますよ〜!

右側に工事をしている箇所があります。

こちらは手水舎の工事をしているようです。

 

階段の途中で振り返って撮影した1枚。

特徴的な注連縄と、奥に見える山、そして新緑が綺麗な葉桜が素敵ですねぇ〜

 

階段を上りきったところから撮影した写真。

こちらは工事現場が目立ってしまいました。

 

インパクトのある狛犬たち

階段の上に狛犬がいます。

どちらも大きさや表情、姿勢にインパクトのある狛犬です。

 

拝殿

階段を上ると、つきあたりに拝殿があります。

こちらへ参拝させて頂きました。

この拝殿にかかっている額が特徴的で面白いのです。

大理石が額になっているんですよ〜!

 

拝殿にはガチャガチャもあります。

おみくじや千本桜の木をつかったお守りがありますよ~

特に、マスコット入りのおみくじは白か金の招き猫、もしくはカエルが出てくるようです。

誰が出るかもお楽しみ!珍しい〜

 

拝殿の近くにある烏帽子石。

この石がここにあることから、烏帽子山八幡宮の名や烏帽子山公園と言う名前が付いていると言う、この地を語る際に欠かせない場所なのです。

 

拝殿周辺の境内社など

拝殿の右手の回廊の奥に境内社があります。

まず見えてくるのは温泉神社です。

御祭神は大名持命と少彦名命です。源泉霊験や病気平癒に御利益がある神社です。

 

右隣にある小さな石造りの社は津島神社です。

御祭神は建速須佐之男命で、厄除に御利益がある神社です。

 

更にその右隣にある舛形神社。

御祭神は八衢彦命やちまたひこのみこと八衢姫命やちまたひめのみことで、厄除や交通安全に御利益があります。

 

こちらは温泉神社の左手にある赤湯神明宮。

御祭神は天照皇大神で、福徳円満に御利益があります。

 

境内にはカメヤマローソクのピンクのベンチもあります。

ピンクだし、ハート付いてるし、縁結びに御利益がありそう!

このベンチに座ると、赤湯温泉エリアを見渡すことが出来るので、デートで立ち寄っても良いかもしれませんねぇ。

 

少し歩いたところにある境内社の稲荷社

烏帽子山八幡宮の社務所の左手前に道が続いています。

この道を進んでいくと連なる鳥居を発見!

まるで千本鳥居のような道を進んでいきます。

すると、鳥居の先に2つの社があります。

どちらも宇迦之御魂神を祀る稲荷神社です。

笠間稲荷神社と赤湯満蔵稲荷神社の2社。どちらも烏帽子山八幡宮の境内社のようです。

 

この近くには石造りの社もたくさん並んでいます。

どの社がどんな神様を祀っているのかは不明です。

 

御朱印

御朱印は拝殿の左手にある社務所の窓口で頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は500円。

 

一番右には鳥居のことが書かれています。

特徴的な字が素敵な御朱印です。一番上の「烏」の字が特に好き。

参拝印は葉っぱとブドウ?がモチーフになっている特徴的な印です。

 

限定御朱印情報

こちらの神社は限定御朱印は登場しません。

 

アクセス

住所 山形県南陽市赤湯1415
電話番号 0238-43-2444
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス JR「赤湯駅」より 徒歩25分
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

すぐ近くに東正寺があります。

少し移動すると日本三熊野の1つである熊野大社があります。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。