【選出を考えてみる】ポケモン剣盾 ランクマッチ 番外編1【マスターボール級をめざせ】

こんにちわ!マベ太郎です!

さて、今もランクマッチを続けていますが、この頃、“選出”ってすごく大事だな!って思ったので、今までの試合の自分のチームと相手チームを見ながら、選出を考えてみようかなと思いました。みなさんも興味があれば一緒に考えてみてください!

今回のパターン

さて、今回は以前、マッチングした、にゃあさんとの勝負をもとに“選出”を考えてみたいと思います!にゃあさんのチームはこんな感じでした!

相手のチーム、“ルカリオ(タイプ:はがね/かくとう)”、”エースバーン(タイプ:ほのお)”、”ゴリランダー(タイプ:くさ)”、”ミミッキュ(タイプ:ゴースト/フェアリー)”、”ドラパルト(タイプ:ドラゴン/ゴースト)”、”ポリゴン(タイプ:ノーマル)”の6体です。

自分視点での考えてみる

さて、まずは自分の視点で相手のチームを見てみます!相手のチームを観て、めんどくさそうなポケモンは“ポリゴン2”ですね。やはり、“しんかのきせき”を持っていて、耐久がとにかく高いという感じ。相性の良い“かくとうタイプ”は自分のチームにはいない、さらに”かくとうタイプ”のわざを持っているポケモンもいません。と考えると、このポケモンの処理は良く考えないといけませんね。対処方法としては・・・

  1. 相手の”しんかのきせき”をはたきおとす。
  2. 高い攻撃力でゴリ押しする。

という感じになると思います。の場合は、はたきおとすを覚えている”ツボツボ”の選出が必要です。ただ、ツボツボの”はたきおとす”がうまく決まるかがわかりません。というのも、”ツボツボ”はすばやさが遅いため、“ポリゴン2”“ツボツボ”という対面だったとしても、相手に先制を取られ、自分の持ち物”レッドカード”で強制的に交代させる事になってしまうので、うまく”はたきおとす”ができるかわかりません。そうすると、この対処方法は効果的とは思えないですね・・・。

と考えると、を選択する事になりそうですね。その場合、高い攻撃力を持つのは“パッチラゴン”“ゲンガー”になると思います。さらに言うと、“いのちのたま”を持っているとしても、”ゲンガー”ではちょっと荷が重い気がするので、“パッチラゴン”が要になりますね。

そうした時に、”パッチラゴン”がキツイポケモンというと、すばやさの早く相性の悪いドラゴンタイプの“ドラパルト”、それから相性の悪いフェアリータイプの“ミミッキュ”、それから“きあいのタスキ”でカウンターをされる可能性が高い“ルカリオ”の3体になります。これらのポケモンをどのように倒すか?というのが、重要になります。対処方法としては・・・

  1. パッチラゴンが優位な状況を作り出す。
  2. 他のポケモンで倒す

を選択する場合、”ドラパルト”と”ミミッキュ”に優位な状況となると、すばやさの補助を行えるようにする必要がある気がします。そうすると、“ツボツボ”を選出して、“ねばねばネット”を出して、相手のポケモンのすばやさをさげるという案があります。また”ルカリオ”に関しては、怖いのは“きあいのタスキ”で一撃を耐えられて、カウンターで逆に倒されてしまう、というパターン。なので、その対策として“ステルスロック”を覚えている“ツボツボorカバルドン”を選出する。という事で、“ツボツボ”には多くの役割が出てきます。

次のを選択する場合、”ドラパルト”に強いポケモンとなると相性のよい“ラプラス”“ミミッキュ”に強いポケモンと言えば、“カバルドン”“ゲンガー”ですかね?ここら辺のポケモンで、対処する。1と2を比較すると、ツボツボ1体がいるだけで、かなり多くの役割があるため、ツボツボの選出で良いのかな?と思いますよね。

ここまでくると、ツボツボの優秀な補助わざと、パッチラゴンの高い攻撃力があれば、どうにかできそうな気がしますね。とは言っても、やっぱり”ドラパルト”はすばやさが早く、パッチラゴンに先制で攻撃をされる可能性が高く、とても相性が悪いので、このポケモンの警戒は怠ってはいけませんね。そうすると、対策として“ラプラス”は選出した方が良い方がしますね。という事で、起点を作る”ツボツボ”高い攻撃力で押す”パッチラゴン”ドラパルトを警戒した”ラプラス”の選出が良い感じかな~と思いますね。

相手視点での考えてみる

さて、今度は、相手の目線に立って、選出を考えてみましょう!とは言っても、相手のチームの持ち物がわからないので、なかなか難しいですね。笑
とはいいつつも、相性だけで考えていきましょう!まず、“カバルドン”“ラプラス”“ツボツボ”なんかは“ゴリランダー”で攻略ができそうですね。“ゲンガー”“パッチラゴン”“ドラパルト”でどうにかできそうですね。あとは“エースバーン”の相手ですが、“ルカリオ”の持ち物が“きあいのタスキ”であるならば“ルカリオ”で、一回攻撃を耐えて、カウンターでどうにかできそうですね。もしくは、“ポリゴン2”の圧倒的な防御力で、物理攻撃を受けつつ、“じこさいせい”“こうげき”を繰り返しながらジリジリと削るという感じもありですね。っていうパターンですかね。となると、“ゴリランダー”“ドラパルト”“ルカリオ or ポリゴン2”とかですかね?

“ミミッキュ”とかはどうか?というと、正直、こちらにはすばやさの早いポケモンが多いので、そんなに有効な気がしないですね。“ばけのかわ”という特性があっても、そんなに防御力が高いわけではないので、攻撃を受けきる事ができなそうな気がします。また、”エースバーン”ですが、”リベロ”でどんなタイプにも変わる事が出来るという点、高いすばやさは有用なので、選出が無い事は無いかも知れないですね。あとは、どういった努力値の振り方をしているのか?そして、どういった技を持っているか?という点が重要になってきますよね!

実際の選出はどうだったのか??

さて、いろいろと考えてみましたが、実際はどうだったのか?というと、自分の選出は“カバルドン”、”ラプラス”、”パッチラゴン”の3体を選出していました!そして、相手の選出は、“ポリゴン2”、”ミミッキュ”、”エースバーン”の3体でした!自分で改めて、考えてみた時と対戦当時の自分でも随分と選出が違いますし、相手の選出に関して言えば、自分が考えた選出とは、ほぼ違う選出の結果になっています。この選出を見ると、時間を掛けて選出を検討した方が良い選出が出来ている気がします。この1分30秒は本当に大事だな~と改めて感じたのと、一番頭を使う瞬間かも知れないと思いました。

これからもこのチームで対戦を進めて、またブログを更新します!それではまた~♪

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。