見所がいっぱい!冠稲荷神社へ行ってきた【群馬の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは群馬県太田市にある冠稲荷神社です!

大きな規模の神社で、境内は桜や紅葉、木瓜の花など、季節によって様々なお花を楽しむことが出来ます。

特に木瓜の花は有名で、三月中旬から四月上旬頃には春の花まつりが開催されているのです。

今回はその時期に伺いました!

 

日本七社の1つになっている神社で、京都の伏見稲荷大社から御分霊を受けている神社なんですよ~!

神社としての見所もたくさんあるので、ボリューム満点の情報をお届けしていきます!

 

 

神社の概要

  • 御祭神:宇迦之御魂大神 他天照皇大神 外十八柱
  • 御利益:開運、生命守護、衣食住、厄・方位除け等
  • 例大祭日:3月下旬日曜
  • 創建:1125年
  • 御由緒

冠稲荷神社は、平安時代の1125年、新田氏の始祖 新田義重公の父、源義国公創建と伝えられ、伏見、豊川、信田、王子、妻恋、田沼(一瓶塚)と合わせ、日本七社のひとつといわれている。1174年、源義経公は奥州下向の折、当社が源氏ゆかりの社であることを知り、冠の中に勧請してきた京都伏見稲荷大社の御分霊を奉斎。また、時を経て、新田義貞公は1333年、鎌倉幕府討伐の兵を挙げるにあたり当社神前にて兜の中に神霊の来臨を請い戦勝を祈願されたと伝えられている。この故事にちなみいつしか冠稲荷大明神と人々から呼ばれるようになったと言う。

 

※冠稲荷神社 由緒書きより一部抜粋

 

実際の様子

大鳥居から境内へ!

冠稲荷神社は境内へ入る鳥居がたくさんありますが、中でもこの大鳥居は一番立派で、王道ルートになっています。

4月上旬の大鳥居は桜が綺麗でした〜

紅葉の時期はここが桜ではなく紅葉が見頃を迎えるそうですよ〜

 

この鳥居の左側には猿田毘古社さるたひこしゃがあります。

猿田毘古神を祀る境内社の1つで、交通安全に御利益があります。

ここで乗用車、トラック、オートバイなどの交通安全祈願はこちらでして頂くことが出来ます。

 

そのすぐ隣にはペット社殿があります。

薬師菩薩明神を祀る社です。仏様を神様として祀っている珍しい神社なのです。

家族の一員である犬や猫などのペットを健康長寿や病気治癒、交通安全などの諸願成就に御利益がある神社です。

 

この写真は大鳥居をくぐった先です。

さぁ、この道を進んで行きましょう〜!

 

木瓜と桜と月夜見宮

参道を進んでいくと、桜の木の前に鳥居が設置されていました。

こちらは縁結びの木と呼ばれている桜の木です。

二手に分かれた木の幹が途中で再び結びついていることから、縁結びの御利益があると言われている木なのです。

 

縁結びの木を左手に進むと、こちら側にも大きな桜の木が!

この先を進んでいくと木の色が綺麗な鳥居があります。

こちらの神社は朱色の鳥居が多いので、このような色の鳥居はとても珍しいのです。

この先を進んでいくと月夜見宮つきよみのみやがあります。

こちらの神社には手水舎が用意されていて、その先に月夜見宮があります。

月夜見尊とその荒御魂を祀る社です。

 

縁結びの木の方へ戻り、進んでいくとこの神社の名物である大きな木瓜ぼけの木があります。

群馬県の指定天然記念物に指定されている木です。

縁結びや子宝伝説のある日本一の木瓜です。

 

この木瓜の周りはおみくじを結べるようになっています。

それぞれの干支が書かれているので、

 

手水舎や拝殿

更に先へ進んでいくと、手水舎があります。

こちらの手水舎は、御神水にもなっていて、厄除に御利益がある聖水なのです。

 

手水舎の向かい側あたりに形代納め処があります。

ここに用意されている人の形をした紙(形代)に穢れを移し、お焚き上げをして貰う場所です。

6月末と12月末に行われる大祓の儀式で主にお焚き上げして頂くことが出来ます。

人の形をした形代はよく見かけますが、犬や猫の形代も用意されているのです。

 

先へ進みましょう!

豪華絢爛な造りの拝殿は見えてきます。

こちらへ参拝させて頂きました!

この写真の手前にある小さなお賽銭箱にお賽銭を奉納することも出来ますが、この先の拝殿の目の前にあるお賽銭箱も使うことが出来ますよ~

 

拝殿の前には開運矢太鼓があります。

こちらは初午の日の神事で使われるものです。

 

拝殿には鹿の剥製?のようなものが!

珍しい~

 

拝殿前には狛狐がいます。

狛狐の奥に少し見えているこちらは授与所です。

場所は拝殿の右手にあります。

全面ガラス張りの近代的な建物で、この中ではお守りやお札を頂くことが出来ます。

この近くにおみくじ売り場、ご祈祷受付や御朱印受付があります。

 

拝殿の左手を進んでいくと、顔出し看板があります。

顔を出す部分は持ち上げ式の看板が付いていて、顔を出すときだけ持ち上げるようにします。

この絵は稲荷大明神と眷属の狐です。

 

本殿から続く参拝順路を進んでいくよ!

顔出しパネルの先にある本殿、その両脇には拝観台があります。

ここに上がると、本殿の彫刻をよく見ることが出来ます。

この本殿の壁面彫刻をじっくり楽しむのも良いですよ~

本殿の彫刻を楽しんだら、裏手には塚山竹林をがあります。

竹林ですが、ヤシの木もありますねぇ。

ここには小さな稲荷社がたくさん並んでいます。

 

竹林をぬけると、神馬塔があります。

神馬塔の近くには冠稲荷神社の入口の1つである戌亥鳥居があります。

参拝順路によると、次に参拝するのは琴平社です。

神馬塔の近くにあります。

大物主神を祀る社で、五穀豊穣や天下泰平、金運祈願の御利益があります。

 

次に行くのは白狐社!

命婦専女神みょうぶとうめのかみを祀る神社です。

ここにはたくさんの白狐像が並んでいます。

この白狐はお稲荷さんの使者です。

これだけたくさんの像が並んでいる様子は、インスタ映えしそう!

 

白狐社の隣にある菅原社。

菅原道真公をお祀りする学問技芸上達、必勝合格に御利益があります。

このあたりは枝垂桜が綺麗でした~

 

この近くにある厳島社があります。

宇賀弁財天や外十八柱をお祀りする社です。

社の周辺は澄んだ水の小川が流れているんですよ~

健康回復や健康増進、健康長寿など、健康に関することに御利益がある神社です。

この厳島社までが本殿からの参拝順路と言われています。

 

七福神や悪縁ストーカー切の社など、境内社はまだまだあるよ!

まだまだ境内社があるので紹介していきます。

 

厳島社の隣には大きな社がありますよ~

ここは神楽殿でもあり、中央には八坂社があります。

御神輿などが展示されています。八坂社は素戔嗚神と奇稲田比賣神をお祀りしています。

他にも健御名方神を祀る諏訪社もこの中にあります。

 

こちらがその隣にある冠稲荷七福神です。

七福神をお祀りする社で、中央には大きな彫刻の絵馬が飾られています。

 

こちらはガラス張りの授与所の近くにある寒咲社。

木瓜の一部にある境内社です。

こちらも宇迦之御魂神をお祀りする社です。

まず中央にある社へ参拝します。

 

近くに小さなボトルが1つ100円で販売されています。

このボトルを持って、社の手前の水を汲みます。

 

そして左右に並ぶ6つの社の中から、得たい御利益の狐の前に奉納します。

子育てきつね、安産きつね、健康諸願成就実きつね(2体)、子宝きつね、縁結びきつねがいますよ~

このボトルは、キャップ(蓋)の部分を持ち帰り、御守として大切に持ち歩くことで神様とのご縁が続くと言われています。

 

授与所の近くにはもう1つ社があります。

大きな鳥居と特徴的な注連縄の先にある社は聖天宮です。

伊邪那岐神、伊邪那美神等をお祀りしている社で、縁結び、夫婦和合、親子和合、災難・ストーカー除けに御利益がある境内社です。

 

社の天井絵にご注目!

中央に金色の龍、その周りの天井絵や彫刻もとても素敵ですねぇ。

 

裏手に進んでいきましょう。

この先には災難やストーカー除けに御利益がある悪縁断大鈴古墳磐座があります。

祈願に使うための半紙が用意されています。

悪い縁を断ち切りたい人はこちらにもぜひ参拝しましょう!

 

御朱印

御朱印は拝殿の右隣にある受付で頂くことが出来ます。

お守りなどを販売している場所とは別の場所なので、間違えないように注意しましょう!

御朱印の情報は公式サイトにも載っていますよ~

 

初穂料は冠神社の御朱印と七福神の御朱印は300円、それ以外は500円。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印は5種類です。まず4種類を紹介しますよ~

左から寿老人、七福神、季節の限定御朱印、冠神社の御朱印です。

寿老人の御朱印は、月替わりの七福神御朱印の1つです。

その隣の七福神御朱印には、七福神全員が集合しています。

季節の限定御朱印には、春満開と書かれていて、まさにこの時期らしい御朱印になっています。

冠神社の御朱印は中央にシンプルに墨書きされている御朱印です。右上の日本七社の文字の下には、春の花祭りの印が押されています。この部分は季節により変わります。

 

こちらは縁結び御朱印です。

可愛いお花の形をしている特徴的な御朱印ですよ~

この花の形は境内にある木瓜ぼけの花の形をしているのです。

全体像はこんな感じ。右側は冠稲荷神社の交通安全ステッカーです。

交通安全ステッカーは無料頒布されているもので、赤と青の2種類があるので、青いものを頂きました!

 

限定御朱印情報

毎月、月替りの神社の御朱印が登場します。

ただし1ヶ月ずっと頂けるのではなく、月末頃には終了している場合もあります。

 

毎月戌の日限定御朱印が登場します。

戌の日にのみ、御朱印に戌の印が追加されるのです。

季節によって印が変わります。

 

毎月月替りで七福神の御朱印が登場します。

今月の七福神が毎月月替りで変わります。それに合わせて、七福神のうち誰かの御朱印が登場するのです。

 

直書きして頂ける日には墨書き部分が丸文字になります。

墨書き部分や書体が変わります。混雑していると丸文字は中止になります。

 

最新の情報は公式サイトに載っているのでチェックしてみて下さい!

 

アクセス

住所 群馬県太田市細谷町1
電話番号 0276-32-2500
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00〜17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 東武伊勢崎線「細谷駅」より 徒歩22分
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

同じ太田市にユニークな御朱印が話題の世良田八坂神社やその近くにある世良田東照宮、少し移動すると日蓮宗のお寺 妙見寺、日本三大さざえ堂の1つである曹源寺や呑龍さまの名で親しまれている大光院があります。

 

伊勢崎市に移動すると伊勢崎神社飯福神社があります。

 

群馬県内にある神社やお寺をまとめた記事はこちらです。

群馬観光の参考にしてみて下さい!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村