【稲荷神社の総本社】伏見稲荷大社へ行ってきた【京都の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは京都を代表する神社伏見稲荷大社ふしみいなりたいしゃです!

たくさんの鳥居があることで有名な神社で、全国にある稲荷神社の総本社です!

こちらの神社の一ノ宮は山の山頂にあり、そこそこ体力に自信のある人でなければ行くのは大変です。

私は途中まで参拝して引き返しました。

途中までではありますが、そこそこ奥まで行ったので紹介していきたいと思います。

 

神社の概要

  • 御祭神:宇迦之御魂大神、佐田彦大神、大宮能売大神
  • 御利益:商売繁盛、五穀豊穣など
  • 例大祭日:5月3日
  • 創建:和銅年間(708年~715年)
  • 御由緒

Wikipediaを参考にしてみて下さい

 

実際の様子

拝殿へ参拝するまで

伏見稲荷まで電車で行きました。

稲荷駅を降りて改札を出るとすぐこちらの伏見稲荷の入口が見えてきます。

ここから先へ進み、拝殿を目指します。

一つ目の鳥居をくぐるとさらにもう一つ鳥居が見えてきました。

その先にあるのが楼門です。

この楼門の左右にあるのが狛犬ならぬ狛狐です。

楼門の先にあるこちらは外拝殿。

この奥に内拝殿もあります。

内拝殿は参拝客でものすごく混雑していたので写真はありませんが、私も内拝殿へ参拝させて頂きました。

 

伏見稲荷のおみくじ

伏見稲荷といえばおみくじが変わっていることで有名です。

よく大吉や中吉を聞きますが、この神社のおみくじの結果は32種類あり、聞いたことのないものも多く存在します。

見辛いですが私が引いたこのおみくじは凶後吉(きょうのちきち)です。

悪いことの後に良いことがやって来るそうです。

もちろんよく見かける大吉なども中にはあります。

大吉の上の大大吉もあるので、引いた人は運が良いと思います。

 

更に先へ進みます

おみくじの後は更に先へ進んでいきました。

この大きな鳥居の先へ進みます。

するとすぐにまた一つ社があります。

さらに進むとたくさんの鳥居が見えてきました。

伏見稲荷と言うとこのたくさんの鳥居があるイメージが強いですよね!

 

奥社へ到着!

鳥居を進んで行くと、伏見稲荷の奥社があります。

奥社もたくさんの人で賑わっていました。

リラックマとコラボ中のようで、新撰組の格好をしたリラックマのパネルがありました。

 

奥社の名物といえばおもかる石です。

石灯籠の上にある丸い石がおもかる石。

持ち上げる前にお願い事を心の中で言い、その後に石を持ち上げます。

その時石が自分が思ったよりも軽ければそのお願い事が叶うとされています。

 

私は体感的に思ったよりも重かったです。

美味しいクリームソーダにこれからも巡り合えるようにお願いしたいのですが…叶ってほしいなぁ

私もそうですが、普段からスポーツをしているわけでない女の人は両手で持ち上げて少し持ち上がるくらいの重さです。

かなり重いと思います。

 

更に先へ進むと千本鳥居がありました!

奥社から先もまだまだあります。

と言うわけでどんどん鳥居を進んでいきますよ〜!

夕方になってきているからと言うのもあるかもしれませんが、人通りが少なくなってきたかも?

 

と思いきや千本鳥居の前は記念撮影をする人で大混雑でした。

伏見稲荷の中でも、ここは特に有名なスポットですよね。

 

ここから更に進んで行くと、熊鷹社(くまたかしゃ)と言う社がありました。

写真はありません…

 

更に進むと景色を一望できる場所が!

更に更に進んで行くと景色を一望できる場所へ出ました。

夕方だったので太陽が沈んできていました。

 

更に進みます。

また別の社が途中にありました。

ここには龍のある手水舎がありました。

 

ゴールにしたのはここキツネのいる場所です。

ここは眼力神社。

ここから更に伏見稲荷から続く稲荷山の山頂を目指すルートがありましたが、暗くなってきたと言うこともあり、引き返しました。

 

引き返した途中で夕焼けを見ました。

ここまで行くだけでも結構息切れしてました…

でも最後に綺麗な夕焼けを見ることが出来て良かったです。

 

御朱印

初穂料は全て300円です。

2016年1月に頂いた御朱印

はじめての参拝で頂いた御朱印です。

伏見稲荷大社の朱印所で頂くことが出来る御朱印です。

2017年11月に頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらの2つです。

左が伏見稲荷の御朱印、右が奥社の御朱印です。

奥社の御朱印は奥社の近くにある授与所で頂きました。奥社の御朱印は紙のみです。

 

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

 

伏見稲荷、全てを周るとなると、もしかしたら1日かかってしまうかもしれない場所です。

楽しみ方は人それぞれだと思うので、体力に自信があり時間のある人は是非山頂にある一ノ峰まで行ってみてください!

手軽に伏見稲荷の雰囲気を味わいたいなら、千本鳥居のあたりまで行くのも良いと思いますよ〜!

 

アクセス

住所 京都府京都市伏見区深草藪之内町68
電話番号 075-641-7331
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 有料
最寄り駅からのアクセス JR奈良線「稲荷駅」より 徒歩2分
京阪本線「伏見稲荷駅」より 徒歩5分
公式サイト こちら

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。