坂本龍馬のお墓がある京都霊山護国神社へ行ってきた【京都の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは京都霊山護国神社きょうとれいざんごこくじんじゃです!

全国にある護国神社の一つですが、東京の靖国神社よりも古い歴史がある神社です。

幕末志士である坂本龍馬や高杉晋作、桂小五郎(後の木戸孝允)などや、戦没者の方々をお祀りしている神社です。

境内には坂本龍馬などの幕末志士のお墓があります。

 

早速紹介していきます!

 

神社の概要

  • 御祭神:国事殉難者約7万3千柱
  • 例大祭日:春季大祭 4月28日 秋季大祭 10月14日
  • 創建:1868年
  • 御由緒

1868年6月29日、明治天皇から維新を目前にして倒れた志士たち(天誅組など)の御霊を奉祀するために、京都・東山の霊山の佳域社を創建せよとの詔・御沙汰が発せられた。それに感激した京都の公家や山口・高知・福井・鳥取・熊本などの諸藩が相計らい京都の霊山の山頂にそれぞれの祠宇を建立したのが神社創建のはじまりであり、招魂社である。靖国神社より古い歴史を持つ。

当初の社号を霊山官祭招魂社と称し、社格にはとくに「官祭社」に列し国費で営繕されてきた。1936年、日中戦争をきっかけとして国難に殉じた京都府出身者の国事殉難者を手厚く祀ろうという運動がおき、霊山官祭招魂社造営委員会が組織され、境内を拡大して新たに社殿を造営した。

1939年4月1日、内務大臣布告によって現在の社号である京都霊山護国神社と改称された。戦後は宗教法人・神社本庁の包括下におかれ、国家の手を離れた。GHQ占領下においては京都神社に改称していたが、独立後は元の社名に復した。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

鳥居と手水舎

この神社は高台寺から近い場所にあります。

高台寺の駐車場を進んでいくと、鳥居があるので、ここを進んで行きましょう。

 

結構急な坂があるのですが、その坂を上りきると、神社があります。

神社の境内へ入り、進んでいくと手水舎があります。

手はこちらで清めます。

 

拝殿と狛犬

手水舎からすぐの場所にあるのが、この神社の拝殿。

護国神社らしい広々とした境内の一番奥に建っています。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

その手前にある狛犬。

奥に写る酒樽と比較すると、距離があるとはいえ、そこそこ大きい狛犬だということがわかります。

 

拝殿の右手前にある石碑。

戦没者の方々の為の慰霊碑です。

 

有料拝観エリアへ!龍馬のお墓を目指します

さぁ、ここからは有料拝観エリア!

坂本龍馬のお墓を目指して進みます!

緩やかな階段の先を進んでいくと、少し道が続いています。

その先にあるのは木戸公神道碑という大きな石碑です。

まだまだ道が続いてるので進みます。

結構階段が多いです。

5月の少しジメッとした暑さの中を歩いていたら、蚊に刺されました。

半分山の中のような場所なので、蚊もいますよね〜

 

次にあるのは昭和の杜。

水が張られた池のような場所の中央には、2匹の龍がいます。

そこにはたくさんの小銭が投げ込まれていました。

何かご利益があるのかな?

 

龍馬のお墓と目の前に広がる景色

昭和の杜のすぐ近くに、坂本龍馬の本お墓があります。

鳥居の先にあるのが龍馬と中岡慎太郎のお墓です。

 

お墓のすぐそばに、京都の街を見ている2人の像があります。

2人が見ている景色はこちら。

現在の京都の街を見守ってくれているのですね。

 

更に進んで桂小五郎(木戸孝允)のお墓へ!

お墓はまだ続いています。

藩士のお墓がたくさん並んでいるのですが、まだ階段が先に続いているようです。

その一番上にあったのは桂小五郎(木戸孝允)のお墓がありました。

桂小五郎と木戸孝允…どちらも歴史上で有名な人物として名が知られていますよね。

同一人物なのです。私もここで知りました!

 

御朱印

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は300円。

 

社務所で頂くことが出来ます。

この社務所では、幕末志士のオリジナルグッズも売られていました。

 

限定御朱印情報

こちらのお寺では限定御朱印は登場しません。

 

この神社のすぐ隣には、霊山歴史館という建物もあり、ここでは江戸時代から明治維新を迎える頃のことを学ぶことが出来ます。

興味があれば、そちらもぜひ立ち寄ってみて下さいね!

 

アクセス

住所 京都府京都市東山区清閑寺霊山町1
電話番号 075-561-7124
開門時間 8:00~17:00
拝観料 参拝は無料

霊山墳墓への拝観は高校生以上 300円 小中高生 200円

御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 有料
最寄り駅からのアクセス バスで行くのがおすすめです
公式サイト こちら

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村