素敵な御朱印で話題のお寺!東福寺塔頭 勝林寺へ行ってきた【京都の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは東福寺塔頭の一つ勝林寺しょうりんじ(@shourin_ji)です!

毘沙門天が御本尊のこのお寺は、様々な種類、素敵な御朱印があることで知られています。

それだけでなく、座禅体験や写経体験も出来るお寺なので、仏教の世界と気軽に触れ合える親切なお寺です。

私は実際に参拝して、御朱印を頂いただけなのですが、受付の方の素敵な対応に、穏やかな気持ちになりました。

 

早速紹介していきます!

▼東福寺の記事はこちら

【新緑の季節】青紅葉が綺麗な東福寺へ行ってきた【京都の寺院】

目次

寺の概要

  • 御本尊:毘沙門天
  • 宗派:臨済宗東福寺派
  • 寺号:勝林寺
  • 堂号:毘沙門堂
  • 創建:1550年
  • 開基:高岳令松禅師

御由緒

勝林寺は東福寺の塔頭寺院の一つで、1550年に東福寺第205世住持であった高岳令松禅師によって、勝林庵として創建された。本山東福寺の鬼門(北方)に位置し仏法と北方を守護するところから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれている。

 

※勝林寺由緒書きより引用

実際の様子

長い階段の先の境内へ!

正面の門(南門)です。

階段の先に門があります。

階段の左右に毘沙門天と書かれた旗があるので、ここを目印に勝林寺へ向かいましょう。

注意
混雑する11月頃などはこちらの南門は閉鎖されます。勝林寺へ参拝する場合はなるべく東門から入りましょう。

また、タクシー乗り入れ禁止されています。マナーを守って伺いましょう。

手水舎

手水舎は南門を少し進んで右手にあります。

まずはこちらで手を清めさせて頂きました。

本堂

本堂はこちら。

こちらへ参拝させて頂きました!

 

本堂に直接あがって参拝することも出来ます。

また、御朱印も本堂をあがり、右手にある受付で頂けるので、頂きたい方は本堂へ入りましょう。※本堂内の写真撮影は禁止です

 

私が参拝した時は、座禅中で、たくさんの人が座禅体験をしていましたが、御朱印を頂くことが出来ました。

 

それにしても、境内は緑に囲まれていてとても素敵ですねぇ。

境内の眠り鯰(なまず)

本堂のすぐ近くにある石の上には、鯰の像があります。

眠り鯰と言う名前のこちらは、鯰が暴れると地震が起きると言われることから、眠っている姿の鯰を作ったのだとか。

伊賀焼きの鯰で、住職の方が頂いた鯰なのだそうです。

詳しくは勝林寺のブログに載っているので、こちらも読んでみて下さい。

勝林寺 眠り鯰のお話

境内に広がる景色

勝林寺の境内は、本堂周辺の写真からも伝わりますが、自然豊かです。

参道は石畳、その周辺には緑の木々が生い茂っている印象を受けました。

境内は決して広くはないお寺なのですが、その中で日本の和を感じる景色を楽しめるようになっています。

 

趣を感じたのはこの葉っぱ。小さなハスでしょうか?

大きな水滴が葉っぱの上にのっている姿がとても素敵でした。

たまたま見ることが出来たのだと思いますが、この偶然見ることが出来た光景に感動しました。

 

勝林寺を参拝する時は、境内の中をじっくり見てみて下さい。

素敵な景色を見ることが出来るはずです。

御朱印

御朱印は本堂内にある御朱印受付で頂くことが出来ます。

勝林寺は、季節により様々な花などが描かれた書置きの和紙の御朱印が頂けることで有名です。

御本尊の毘沙門天、その妻の吉祥天、毘沙門天と吉祥天の子である善膩師太子と最勝太子の御朱印など、種類も豊富にあります。

帳面に書いて頂きたい場合は、Twitter(@shourin_ji)で書いて頂ける時間を告知するようなので、チェックしてから伺いましょう。

書置き 片面サイズの御本尊の御朱印

菖蒲の花が綺麗な御本尊 毘沙門天の御朱印です。

値段は300円。

 

中央の印には3つの梵字があります。

それぞれ、勝林寺に祀られている毘沙門天親子を表した梵字です。

書置き 見開きサイズの新緑の季節限定御朱印

新緑の季節限定の見開きサイズの御朱印です。

値段は800円。

 

吉祥紅葉と書かれています。

青紅葉と水の中の鯉から、涼しげなイメージを感じる御朱印です。

まさに新緑のイメージにピッタリですね!

限定御朱印情報

毎月、季節の限定御朱印が登場します。

最新情報は公式Twitter(@shourin_ji)もしくは公式インスタグラムをチェック!

勝林寺 インスタグラム

過去の御朱印は勝林寺の公式サイトで見ることが出来ます

勝林寺のたくさんある御朱印、過去に頂くことが出来た御朱印は全て公式サイトで見ることが出来ます。

御朱印帳のデザインも全て見ることが出来るので、他の御朱印が気になる方はぜひこちらをチェックしてみて下さい。

御朱印情報はこちら

アクセス

住所 京都府京都市 東山区本町15-795
電話番号 075-561-4311
開門時間 9:00~17:00 ※特別拝観の時期は異なります
拝観料 無料 ※特別拝観がある場合、有料の時もあります
御朱印受付時間 9:00~17:00 ※帳面に書いて頂ける時間は違います
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス JR奈良線・京阪電車「東福寺駅」より 徒歩8分
公式サイト こちら

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

東福寺周辺にある「東福寺」「退耕庵」「一華院」「天得院」「同聚院」「正覚庵」「光明院」

東福寺周辺に退耕庵、一華院、天得院、同聚院、正覚庵、光明院など数多くの寺院があります。

【新緑の季節】青紅葉が綺麗な東福寺へ行ってきた【京都の寺院】 東福寺塔頭 同聚院(どうじゅいん)へ行ってきた【京都の寺院】

周辺にある「泉涌寺」「雲龍院」「来迎院」「新善光寺」「戒光寺」「即成院」「法音院」「今熊野観音寺」「新熊野神社」

周辺に泉涌寺やその塔頭寺院である雲龍院、来迎院、新善光寺、戒光寺、即成院、法音院西国三十三観音の札所である今熊野観音寺新熊野神社などがあります。

※新善光寺、戒光寺、即成院、今熊野観音寺、新熊野神社の個別の記事は2021年5月頃公開予定です

御寺(みてら)泉涌寺へ行ってきた【京都の寺院】 新緑の季節の雲龍院へ行ってきた【京都の寺院】 【泉涌寺塔頭寺院】御朱印が話題!新善光寺へ行ってきた【京都の寺院】 【泉涌寺塔頭寺院】戒光寺へ行ってきた【京都の寺院】 【泉涌寺塔頭寺院】御朱印が話題!即成院へ行ってきた【京都の寺院】 【ちくの西国三十三観音巡り#9】今熊野観音寺へ行ってきた【京都の寺院】 【東山】ヤタガラスと御神木が凄い!新熊野神社へ行ってきた【京都の神社】

伏見にある「伏見稲荷大社」「伏見神寶神社」「荒木神社」「石峰寺」「藤森神社」

伏見周辺に伏見稲荷大社、伏見神寶神社、荒木神社、石峰寺、藤森神社があります。

※藤森神社の個別の記事は2021年5月頃公開予定です

【稲荷神社の総本社】伏見稲荷大社へ行ってきた【京都の神社】 【伏見】刀剣乱舞と競馬ファンの聖地!藤森神社へ行ってきた【京都の神社】

京博近くにある「三十三間堂」「法住寺」「養源院」「豊国神社」「方広寺」「智積院」「新日吉神宮」「妙法院」

京都国立博物館周辺に三十三間堂、法住寺、養源院、豊国神社、方広寺、智積院、新日吉神宮、妙法院があります。

【東山】三十三間堂(蓮華王院)へ行ってきた【京都の寺院】 【東山】豊臣秀吉が御祭神の豊国神社へ行ってきた【京都の神社】 【東山】真言宗智山派の総本山!智積院へ行ってきた【京都の寺院】 新日吉神宮へ行ってきた【京都の神社】

東山にある「清水寺」「地主神社」「六道珍皇寺」「六波羅蜜寺」「西福寺」「建仁寺」「京都ゑびす神社」「安井金毘羅宮」「若宮八幡宮」「日體寺」「八坂庚申堂」「青龍寺」「法観寺」「高台寺」「圓徳院」「京都霊山護国神社」「銅閣寺」

とても有名な清水寺には舞台だけでなく塔頭寺院や地主神社があります。

少し移動すると六道珍皇寺、六波羅蜜寺、西福寺、建仁寺、安井金毘羅宮、若宮八幡宮、日體寺、八坂庚申堂、青龍寺、法観寺、高台寺、圓徳院、京都霊山護国神社、銅閣寺があります。

※六波羅蜜寺の記事、特別拝観の六道珍皇寺の個別の記事は2021年5月頃公開予定です

【京都の寺院】夜の清水寺へ行ってきた【夜間ライトアップ】 【ちくの西国三十三観音巡り#4】清水寺の夜間特別拝観へ行ってきた【京都の寺院】 【東山】清水寺の塔頭寺院!成就院の夜間特別拝観へ行ってきた【京都の寺院】 95EB58CF-9A08-4CAD-9E72-D3F690B5F4D1 95EB58CF-9A08-4CAD-9E72-D3F690B5F4D1 【東山】新緑の季節の建仁寺へ行ってきた【京都の寺院】 【東山】悪縁を切り良縁を結ぶ、縁結び最強のパワースポット!安井金毘羅宮へ行ってきた【京都の神社】 【東山】インスタ映えで話題の八坂庚申堂へ行ってきた【京都の寺院】 【東山】新緑の季節の高台寺を満喫してきた【京都の寺院】 【京都の寺院】高台寺へ行ってきた【夜間ライトアップ】 【東山】秀吉の妻ねね終焉の地 圓徳院へ行ってきた【京都の寺院】 坂本龍馬のお墓がある京都霊山護国神社へ行ってきた【京都の神社】

祇園にある「八坂神社」「仲源寺」「知恩院」「青蓮院門跡」

東山区の一部である祇園エリアに八坂神社、仲源寺、知恩院、青蓮院門跡があります。

【祇園】八坂神社へ行ってきた【京都の神社】 日中も夜間ライトアップも満喫!知恩院へ行き、近くにあるギオン福住でランチをしてきた【京都の寺院&グルメ】 【京都の寺院】青蓮院門跡へ行ってきた【夜間ライトアップ】

その他の【泉涌寺&東福寺&伏見】の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

この他にも泉涌寺&東福寺&伏見にはたくさんの神社仏閣があります。個別の記事にまとめたので、この周辺で寺社巡りをする際、ぜひ合わせてご活用下さい!

※こちらの記事は鋭意作成中です

京都【泉涌寺&東福寺&伏見】の神社仏閣まとめ【御朱印情報も満載!】

その他の京都の神社仏閣まとめ

その他の京都の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

※こちらの記事は鋭意作成中です

一生に一度は行きたい【京都】の神社仏閣まとめ【御朱印情報も満載!】

京都はちょっと遠いけど気になる、行ってみたい!と言う人は旅行へ行きましょう!

じゃらんnetホテルや移動の新幹線、飛行機などを安く予約できる予約サイトです。ぜひ行く際は活用してみて下さいね〜

ちょっと贅沢な旅をしたい人には一休.comがオススメです!

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

旅ブログ「ちくとりんご」で新緑の京都旅レポ公開中!

こちらへ訪れたのは新緑が美しい5月。もう1つの運営ブログであるちくとりんごで、この時の旅行レポを公開中です!

ぜひこちらも参考にしてみて下さい!

参考 【京都旅行ブログ】2泊3日の京都旅行!新緑の季節の京都旅は超癒し #3ちくとりんご

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1 COMMENT

正木淳児

勝林寺の正門近くに住んでいます。従前は閑静な住宅地で、お寺自体も静かな塔頭という感じで、風情のある良い雰囲気であったのですが、10年少し前頃に、それまでのご住職に代わって、若手の商い上手な方がご住職となり、座禅体験や写経体験、数珠作りなど観光客受けすることを始め、ジーンズ中の週末などは、正門前は私道であるにも関わらず、
秋のかっらとした風をいれたくても窓を開けられないくらい人が通るようになり、近隣の住民は甚だ迷惑しています。勝林寺のホームページにあるように、東門への案内、タクシー乗り入れ禁止をアップしてもらえればありがたいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA