【泉涌寺塔頭寺院】御朱印が話題!新善光寺へ行ってきた【京都の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは京都府京都市東山区にある新善光寺です!

近くにある泉涌寺の塔頭寺院の1つで、月替の手作りハンコを使用した御朱印が話題のお寺です。

MEMO
泉山七福神の1つになっているお寺です。

早速紹介していきます!

▼泉涌寺の記事はこちら

御寺(みてら)泉涌寺へ行ってきた【京都の寺院】

寺の概要

  • 御本尊:阿弥陀如来
  • 宗派:真言宗泉涌寺派
  • 寺号:新善光寺
  • 創建:1243年
  • 開基:後嵯峨天皇

御由緒

1243年、後嵯峨天皇の勅願のより創立、本尊は信州善光寺阿弥陀如来と同仏同体に鋳造された鎌倉時代の作である。

後嵯峨天皇は常に宮中に安置なされ、都の内外万民に至るまで信濃の国へは遠き山路を越え、日を経ずしては到着することが出来ず、また、志あれども思うにまかせざる者の為に、一条大宮に大梵刹をおこし「値願」を請して開山、寺号を「新善光寺」と賜るにはじまる。応仁年間に兵火にかかるが、1473年後土御門帝の勅により泉涌寺に移され現在に至る。

 

※新善光寺 リーフレットより一部抜粋

実際の様子

お寺の入口

お寺の入口はこちら。

門の前に葉牡丹が飾られていました。

入口からお花が飾られているおもてなしにほっこり。

 

門をくぐるとつくばいがあります。

特別拝観期間中だったので、拝観受付をして大方丈を経由し、本堂へ向かいます。

丸窓が素敵な床の間がありました

本堂へ続く道

順路を進むと回廊を歩いて本堂を目指す流れになります。

こちらは本堂側から見た回廊。屋根に鐘楼が下がっています。

 

本堂前から見た大方丈。

この建物の前にある渡り廊下を歩いて本堂を目指します。

本堂

こちらの建物が本堂です。

特別拝観期間中は、この中で参拝が可能です。

ご住職がいらっしゃる場合は御本尊をはじめ本堂内の仏様の説明を丁寧にして下さるので、ぜひ聞きましょう。新善光寺には長野の善光寺と同じ善光寺阿弥陀如来だけでなく、様々なところからやってきた仏像が並んでいます。

本堂の前の景色

普段は屋外からの参拝になります。

本堂前から見た景色

秋の手水舎と池の鯉たち

せっかく訪れたので庭園も見学することに。

最初に載せたつくばいとは別のつくばいがあり、こちらは紅葉に彩られていました。

その奥にある池には色とりどりの鯉たちが泳いでいます。

鯉と紅葉

愛染堂

池の奥に階段があります。

この奥にあるのが愛染堂です。

こちらに祀られている愛染明王は敬愛和合や恋愛成就に御利益があると言われています。

御朱印

御朱印は普段、納経所で頂くことが出来ます。私が特別拝観期間は拝観受付での授与でした。

今回頂いた御朱印(月替/2種)

今回頂いた御朱印はこちらの2種です。

左は愛染明王(泉山七福神)、右は阿弥陀如来(御本尊)の御朱印。

値段は各300円。

 

紅葉シーズンに伺ったので、どちらも手彫りはんこを使った秋らしいデザインの御朱印になっています。

阿弥陀さまの御朱印には可愛いお地蔵さんの印が、愛染明王の御朱印には池の上にある愛染明王堂と池の中を泳ぐ鯉の印が押されています。

限定御朱印情報

毎月、月替御朱印が登場します。

最新情報は公式インスタグラムをチェック!

新善光寺 インスタグラム

アクセス

住所 京都府京都市東山区泉涌寺山内町31
電話番号 075-561-5109
開門時間 10:00〜16:30
拝観料 500円
御朱印受付時間 開門時間と同じ
駐車場 ありません
最寄り駅からのアクセス JR奈良線「東福寺駅」より 徒歩11分
公式サイト ありません

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

周辺にある「泉涌寺」「雲龍院」「来迎院」「戒光寺」「即成院」「法音院」「今熊野観音寺」「新熊野神社」

周辺に泉涌寺やその塔頭寺院である雲龍院、来迎院、戒光寺、即成院、法音院西国三十三観音の札所である今熊野観音寺新熊野神社などがあります。

※新熊野神社の個別の記事は近日公開予定です

御寺(みてら)泉涌寺へ行ってきた【京都の寺院】 新緑の季節の雲龍院へ行ってきた【京都の寺院】 【泉涌寺塔頭寺院】戒光寺へ行ってきた【京都の寺院】 【泉涌寺塔頭寺院】御朱印が話題!即成院へ行ってきた【京都の寺院】 【ちくの西国三十三観音巡り#9】今熊野観音寺へ行ってきた【京都の寺院】 【東山】ヤタガラスと御神木が凄い!新熊野神社へ行ってきた【京都の神社】

東福寺周辺にある「東福寺」「勝林寺」「退耕庵」「一華院」「天得院」「同聚院」「正覚庵」「光明院」

東福寺周辺に勝林寺、退耕庵、一華院、天得院、同聚院、正覚庵、光明院など数多くの寺院があります。

【新緑の季節】青紅葉が綺麗な東福寺へ行ってきた【京都の寺院】 素敵な御朱印で話題のお寺!東福寺塔頭 勝林寺へ行ってきた【京都の寺院】 東福寺塔頭 同聚院(どうじゅいん)へ行ってきた【京都の寺院】

伏見にある「伏見稲荷大社」「伏見神寶神社」「荒木神社」「石峰寺」「藤森神社」

伏見周辺に伏見稲荷大社、伏見神寶神社、荒木神社、石峰寺、藤森神社があります。

※藤森神社の個別の記事は近日公開予定です

【稲荷神社の総本社】伏見稲荷大社へ行ってきた【京都の神社】 【伏見】刀剣乱舞と競馬ファンの聖地!藤森神社へ行ってきた【京都の神社】

京博近くにある「三十三間堂」「法住寺」「養源院」「豊国神社」「方広寺」「智積院」「新日吉神宮」「妙法院」

京都国立博物館周辺に三十三間堂、法住寺、養源院、豊国神社、方広寺、智積院、新日吉神宮、妙法院があります。

【東山】三十三間堂(蓮華王院)へ行ってきた【京都の寺院】 【東山】豊臣秀吉が御祭神の豊国神社へ行ってきた【京都の神社】 【東山】真言宗智山派の総本山!智積院へ行ってきた【京都の寺院】 新日吉神宮へ行ってきた【京都の神社】

東山にある「清水寺」「地主神社」「六道珍皇寺」「六波羅蜜寺」「西福寺」「建仁寺」「京都ゑびす神社」「安井金毘羅宮」「若宮八幡宮」「日體寺」「八坂庚申堂」「青龍寺」「法観寺」「高台寺」「圓徳院」「京都霊山護国神社」「銅閣寺」

とても有名な清水寺には舞台だけでなく塔頭寺院や地主神社があります。

少し移動すると六道珍皇寺、六波羅蜜寺、西福寺、建仁寺、安井金毘羅宮、若宮八幡宮、日體寺、八坂庚申堂、青龍寺、法観寺、高台寺、圓徳院、京都霊山護国神社、銅閣寺があります。

※六波羅蜜寺の記事、特別拝観の六道珍皇寺の個別の記事は近日公開予定です

【京都の寺院】夜の清水寺へ行ってきた【夜間ライトアップ】 【ちくの西国三十三観音巡り#4】清水寺の夜間特別拝観へ行ってきた【京都の寺院】 【東山】清水寺の塔頭寺院!成就院の夜間特別拝観へ行ってきた【京都の寺院】 95EB58CF-9A08-4CAD-9E72-D3F690B5F4D1 95EB58CF-9A08-4CAD-9E72-D3F690B5F4D1 【東山】新緑の季節の建仁寺へ行ってきた【京都の寺院】 【東山】悪縁を切り良縁を結ぶ、縁結び最強のパワースポット!安井金毘羅宮へ行ってきた【京都の神社】 【東山】インスタ映えで話題の八坂庚申堂へ行ってきた【京都の寺院】 【東山】新緑の季節の高台寺を満喫してきた【京都の寺院】 【京都の寺院】高台寺へ行ってきた【夜間ライトアップ】 【東山】秀吉の妻ねね終焉の地 圓徳院へ行ってきた【京都の寺院】 坂本龍馬のお墓がある京都霊山護国神社へ行ってきた【京都の神社】

祇園にある「八坂神社」「仲源寺」「知恩院」「青蓮院門跡」

東山区の一部である祇園エリアに八坂神社、仲源寺、知恩院、青蓮院門跡があります。

【祇園】八坂神社へ行ってきた【京都の神社】 日中も夜間ライトアップも満喫!知恩院へ行き、近くにあるギオン福住でランチをしてきた【京都の寺院&グルメ】 【京都の寺院】青蓮院門跡へ行ってきた【夜間ライトアップ】

その他の【泉涌寺&東福寺&伏見】の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

この他にも泉涌寺&東福寺&伏見にはたくさんの神社仏閣があります。個別の記事にまとめたので、この周辺で寺社巡りをする際、ぜひ合わせてご活用下さい!

※こちらの記事は鋭意作成中です

京都【泉涌寺&東福寺&伏見】の神社仏閣まとめ【御朱印情報も満載!】

その他の京都の神社仏閣まとめ

その他の京都の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

※こちらの記事は鋭意作成中です

一生に一度は行きたい【京都】の神社仏閣まとめ【御朱印情報も満載!】

京都はちょっと遠いけど気になる、行ってみたい!と言う人は旅行へ行きましょう!

じゃらんnetホテルや移動の新幹線、飛行機などを安く予約できる予約サイトです。ぜひ行く際は活用してみて下さいね〜

ちょっと贅沢な旅をしたい人には一休.comがオススメです!

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。