【左京区】宗忠神社へ行ってきた【京都の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは京都府京都市左京区にある宗忠むねただ神社です!

神楽岡と呼ばれる地域にある黒住教の教祖である黒住宗忠を祀る神社です。

 

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:宗忠大明神(本殿)・天照大御神(神明宮)
  • 御利益:開運、健康、眼病平癒、家内安全
  • 例大祭日:春季大祭 4月第4日曜日/秋季大祭 11月3日
  • 創建:1862年

御由緒

1862年、黒住教の教祖 黒住宗忠を祀る神社として創建される。

門弟の赤木忠春が、宗忠神の説教を一度拝聴した所、8年間の盲目が即座に開眼したことから、ご昇天後、遺徳を称え、赤誠をもって建立した。

幕末動乱の時、孝明天皇を始め、九條家、二條家など公卿方の熱い尊信を受けた。

 

※宗忠神社 御朱印はさみ紙より一部抜粋

実際の様子

鳥居と逆立ち狛犬と緩やかな参道

ゆるやかな階段の途中に宗忠神社の鳥居があります。

鳥居の左右には備前焼の逆立ち狛犬がいます。宗忠神社のシンボル的存在となっている狛犬たちです。

その先にゆるやかな階段になっている参道が続いています。

階段を進んだ先にある二の鳥居

こちらの鳥居は宗忠鳥居と呼ばれる珍しい様式の鳥居です。宗忠神社に建てられる前からあった神明鳥居の形式の一種なのですが、宗忠神社のものが大きなものだった為、この名で呼ばれるようになったそうです。

狛犬と手水舎と御詠歌

宗忠神社の手前あたりにいる狛犬

鳥居をくぐり、左手へ進むと手水舎があります。

手水舎と向かい合うように看板に御詠歌が書かれていました。

海あれば 山もありつる 世の中に せまき心を 持つな人々

拝殿と境内社

更に進んでいくと階段の先に拝殿が見えてきました。

こちらが拝殿です。

横に長い立派な拝殿の奥には左手に本殿、右手に神明宮があります。拝殿にそれぞれへ参拝出来る場所があります。

本殿と神明宮、それぞれへ参拝させて頂きました!

 

拝殿の左手にある境内社忠春社

御祭神である宗忠神の高弟である赤木忠春霊神を祀っています。

神井戸ともう1つの鳥居と猫

手水舎の先をまっすぐ進んでいくと御神水が湧き出る神井戸があります。

境内社に祀られている忠春霊神の発案で掘られた井戸で、一般の人は立入が出来ないようになっている霊水が湧き出る井戸です。

 

井戸の先の道、ちょうど拝殿の右手あたりをまっすぐ進んだ先にもう1つの神社の出入口である鳥居があります。

こちらの鳥居から出ると吉田神社が近くにあります。

 

こちらは社務所のそばで見かけた猫ちゃん。たまたまいたのかな?

余談ですが、社務所の脇では神社の生きる狛犬としてコロちゃんと言う白いワンちゃんが飼われています。

御朱印

御朱印は拝殿の左手にある社務所で頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちら。

初穂料は300円。

 

神社名が中央に墨書されていて、左下に逆立ち狛犬の印が押されています。

こちらの御朱印の他に、アマビエの印が押されている御朱印もありました!

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

アクセス

住所 京都府京都市左京区吉田下大路町63
電話番号 075-771-2700
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00〜16:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 京阪本線「神宮丸太町駅」より 徒歩24分
公式サイト こちら

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

岡崎エリアやとその周辺にある「岡崎神社」「金戒光明寺」「真如堂」「吉田神社」「知恩寺」「平安神宮」「粟田神社」「満足稲荷神社」「信行寺」「妙傳寺」「本光院」「京都熊野神社」「聖護院門跡」「須賀神社/交通神社」

岡崎エリアに岡崎神社金戒光明寺、真如堂があります。少し移動すると吉田神社知恩寺があります。

有名な平安神宮の周辺には刀剣乱舞の聖地として有名な粟田神社をはじめ、満足稲荷神社、信行寺、妙傳寺、本光院、京都熊野神社、聖護院門跡、須賀神社/交通安全があります。

※吉田神社、知恩寺、妙傳寺、本光院、京都熊野神社、聖護院門跡、須賀神社/交通神社の個別の記事は近日公開予定です

その他の【哲学の道&岡崎】の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

この他にも哲学の道&岡崎にはたくさんの神社仏閣があります。個別の記事にまとめたので、この周辺で寺社巡りをする際、ぜひ合わせてご活用下さい!

その他の京都の神社仏閣まとめ

その他の京都の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

京都はちょっと遠いけど気になる、行ってみたい!と言う人は旅行へ行きましょう!

じゃらんnetホテルや移動の新幹線、飛行機などを安く予約できる予約サイトです。ぜひ行く際は活用してみて下さいね〜

ちょっと贅沢な旅をしたい人には一休.comがオススメです!

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA