【亀戸】龍眼寺へ行ってきた【東京の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回は亀戸にある龍眼寺りゅうげんじの紹介です。

こちらは別名萩寺とも呼ばれているお寺です。

早速紹介していきます!

寺の概要

  • 御本尊:聖観世音菩薩
  • 宗派:天台宗
  • 山号:慈雲山
  • 院号:無量院
  • 寺号:龍眼寺
  • 御利益:開運招福 厄難消除 家内安全 身体堅固 商売繁盛 無病息災 交通安全 良縁成就 当病平癒 開運厄除
  • 創建:1395年
  • 開基:良博大和尚

御由緒

龍眼寺創建は応永2年、良博大和尚が観世音の夢告とおり、柳島辻堂の下に眠る観世音をまつり、
村に流行していた疾病を平癒し、慈雲山無量院柳源寺と号した。

その後、寺の湧き水で洗顔すると目がよくなると眼病平癒の観世音として信仰を集め、龍眼寺と改名した。
江戸初期には、住職が百種類もの萩を諸国から集めて境内に植えたことから、通称“萩寺”として多くの
文人墨客が訪れ、「江戸名所図会」には萩を愛でる人々で賑わう様子が描かれている。

 

※龍眼寺公式サイト 縁起の箇所より引用

実際の様子

庭園が綺麗

入ってすぐ目にとまったのがこの枯山水庭園です。

手入れが良くされていて、とても綺麗でした。

 

灯篭のある景色。

この庭園の側に、寺務所やお堂がありました。

布袋尊の像と鯉

満面の笑みの布袋尊の像があるこちらは、トンネルのようになっています。

その先へ進むと、池の中に鯉がいました。

元気に泳ぐ鯉たち。1匹1匹が大きくて、立派でした。

近くに餌が売っていなかったので、餌やりは出来ないようです。

本堂と水に溶けるおみくじ

こちらが本堂。

右側に本堂と書かれた看板があり、誰でもわかるようになっています。

他にも、布袋尊がいるお堂などもありました。

 

そして、寺務所と庭園のそばにあったつくばい。

日本らしい風情ある景色ですよね。

 

寺務所には、水に溶けるおみくじが売られていました。

1つ100円です。

神社などでおみくじをひいた後、結ぶ場所があると思いますが、こちらは水に浮かべて溶かすようになっていました。

写真のようにおみくじを浮かべます。

水に浸けた瞬間、白い紙が透けていきました。

竹筒から出ている水にあたると、あたった場所が溶けておみくじが割れます。

水に浮いているだけでも、だんだん端から溶けてなくなって行くので、見ていて面白いかったです。

御朱印

御朱印は本堂の脇にある寺務所で頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

こちらは300円で頂きました。

 

ご本尊のお名前が真ん中に大きく書かれていて、左に龍眼寺と書かれています。

この他にもこちらのお寺では、亀戸七福神の御朱印も頂くことが出来ます。

こちらには、七福神の布袋尊と書かれている隣に、萩寺と書いてあります。

どちらも頂きたかったのですが、御朱印帳のページがなくなってしまったので、本堂の御朱印を頂きました。

寺務所の方の対応もとても親切で良かったです。

限定御朱印情報

こちらのお寺では限定御朱印は登場しません。

アクセス

住所 東京都江東区亀戸3-34-2
電話番号 03-3681-2620
開門時間 不明
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料駐車場は用意されていないので、近くの有料駐車場を利用しましょう
最寄り駅からのアクセス 東京メトロ半蔵門線/京成線「押上駅」B1出口より  徒歩10分
JR総武線「錦糸町駅」北口より  徒歩15分
公式サイト こちら

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣

すぐ近くに東京十社の1つである亀戸天神社亀戸香取神社亀戸天祖神社があります。

錦糸町駅の方へ進んでいくと江東寺があります。

亀戸天神社へ行ってきた【東京の神社】 亀戸香取神社へ行ってきた【東京の神社】 柳島総鎮守 亀戸天祖神社(江東天祖神社)へ行ってきた【東京の神社】 【錦糸町】群馬にある水澤観音の別院!江東寺へ行ってきた【東京の寺院】

 

その他の東京都内の神社仏閣情報や限定御朱印情報はこちらの2つの記事でチェックしてみて下さい!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在252箇所】

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

広告



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。