茨城県北ぶらり旅~紅葉シーズンの袋田の滝と竜神大吊橋編~

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回は茨城県北のドライブ旅を2回に渡って紹介して行きたいと思います。

1回目は、茨城県民として一度は行きたい県北の観光地袋田の滝と竜神大吊橋の紹介です。

11月3日に行きましたが、どちらも紅葉はまだ本番では無さそうな雰囲気でしたが、少しずつ色づき始めていました。

 

それでは、それぞれ紹介して行きたいと思います!

 

袋田の滝

まず紹介するのは、袋田の滝(ふくろだのたき)です!

大体の人が車で訪れる観光地なので、駐車場もたくさんあります。

少し離れた場所には無料駐車場がありますが、滝に近い場所は有料駐車場です。

いずれにせよ目的地は1つです!

車を停めて駐車場へ向かいます。

 

トンネルをくぐって滝へ!

滝を見るのは有料なので、窓口でお金を支払い、滝へと続くトンネルをくぐっていきます。

この日からライトアップと言うこともあってか、トンネルの中は明るく照らされていました。

イルミネーションみたいで綺麗ですね。

 

紅葉と滝を鑑賞!

早速滝を鑑賞します。

こちらは滝を目の前から見る事が出来る場所。

滝が豪快に流れる中、周りの木々は色づき始めていて、綺麗でした。

 

トンネル内にあるエレベーターで上へ上がると、滝をもう少し離れた場所から見る事ができます。

紅葉をメインに見たい場合は、こちらの方が綺麗に見る事が出来ます。

エレベーター後にもう一度滝を目の前で見ることも出来ます。

この写真は、もう一度滝を目の前で見た時に撮った写真。

目の前ではなく、滝が流れ落ちて行く先を撮影して見ました。

 

滝を見終わった後は、帰り道に別角度からも紅葉と滝を見る事が出来ます。

 

三六亭で絶景を見ながら一休み!

滝から帰り道の吊橋を渡って行くと、途中にお茶屋さんがあります。

私が立ち寄ったのは三六亭と言うお店。

奥に滝が見える場所に座って、一休みする事が出来るお茶屋さんです。

 

こちらは飲食スペースではありませんが、昔の古き良き雰囲気を感じる事が出来るこのお店の一部です。

私が座ったのはこちらの紅葉がよく見える席。

柚子味噌田楽(540円)を頂きました。

ぷるぷるのこんにゃくに、柚子の香りが美味しい味噌がマッチしている田楽です。

 

そしてクリームソーダもありました!

値段は540円。

 

大きな葉っぱの上に置かれたオシャレなクリームソーダです。

かき氷のシロップの様な甘みが濃いソーダに、ミルク風味のバニラアイスがのっていました。

 

クリームソーダだけでなく、この席に座ると、背景に紅葉を入れながら写真を撮る事が出来ます。

クリームソーダじゃない方の飲み物は、ホットミルク(480円)です。

 

背景の紅葉をボカしても良し、ピントを合わせても良しで素敵なひと時を過ごす事が出来ました!

 

滝の近くでもう少し紅葉を満喫!

滝の手前は、おみやげ屋さんなどで賑わっています。

そんな中に佇むのがこちらの四度瀧不動明王。

境内は紅葉が綺麗でした。

寺務所がどこかわからなかったので、御朱印は頂かず、参拝の見させて頂きました。

 

そして袋田の滝と言えばしゃもテール(ぼんじり)の串焼き!

袋田の滝付近でしか食べれない食べ歩き出来るグルメです。

これを食べながら紅葉を見て、袋田の滝周辺を後にしました。

お店によって塩とタレの2種類があり、私は塩をチョイス。1本300円のよく見かける焼き鳥より少し大きめの焼き鳥です。

袋田の滝へ行ったら絶対に食べてもらいたい一品です。

 

袋田の滝へのアクセス

住所 茨城県久慈郡大子町袋田
電話番号 0295-72-0285
観瀑施設利用料 大人 300円

中学生以下 150円

営業時間 5月〜10月 8:00〜18:00

11月〜4月 8:30〜17:00

※ライトアップ期間は夜間営業していることもあります

公式サイト こちら(大子町の公式サイトです。)

 

竜神大吊橋

車で30分くらいの離れた場所にあるのがもう1つの目玉スポット竜神大吊橋(りゅうじんおおつりばし)です。

別名竜神峡(りゅうじんきょう)と呼ばれるこちらは、その立派な橋もさながら、バンジージャンプが出来る事で有名です。

こちらが竜神峡です。

通行は歩行者のみで、車で通ることは出来ません。

また、通行する前に通行料を払わなければ渡る事が出来ません。

 

渡った向こう側には、立派な龍が見えます。

奥には紅葉が見えて綺麗ですね。

竜神峡からは、周辺の山々も見渡す事が出来ます。

まだ紅葉真っ盛りではないですが、一部が色づき始めていて綺麗でした。

11月中旬が見頃な気がしますね。

 

こちらの写真は、橋の反対側から見た景色。

こちら側にはダムや民家など、人々が生活している様子が山の間に見えます。

 

アクセス

住所 茨城県常陸太田市天下野町2133−6
電話番号 0294-87-0375
吊橋通行料 大人 310円

小中学生 210円

営業時間 8:30~17:00
公式サイト こちら

 

県北ぶらり旅、どちらも合わせて訪れたい茨城の観光地です。

紅葉シーズンだけでなく、オールシーズンどちらも景色を楽しめる場所になっているので、ぜひ一度、行ってみてください!

 

次回は、山の中にある花園神社と海の近くにある佐波波地祇神社の2社を紹介します。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。