ちくの埼玉氷川神社御朱印巡りその3~元郷氷川神社編~

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

埼玉県南周辺の氷川神社巡り第3回は元郷氷川神社もとごうひかわじんじゃを紹介します!

前回紹介した鎮守 氷川神社からも近い神社で、合わせて参拝する人も多いようです。

住宅街の中にある氷川神社で、御朱印を頂いた回数に応じて、はさみ紙が変わると言う珍しい神社です。

 

早速紹介していきます!

 

神社の概要

  • 御祭神:素盞嗚尊、市杵島姫命
  • 御利益:子宝子授け成就、子孫繁栄
  • 例大祭日:10月第3日曜日
  • 創建:室町時代
  • 御由緒

当社は室町後期に当地を治めていた岩槻方の武将、平柳蔵人により武蔵國一宮氷川神社を勧請し創建されました。

 

※元郷氷川神社 はさみ紙より抜粋

 

実際の様子

鳥居と手水舎

神社へ続いている道。

ここをまっすぐ進んで行きます。

 

石の鳥居がありました。

この鳥居、社額の神社の名前が見えないのかと思いきや、劣化しないように囲われているだけのようです。

 

鳥居の先、すぐ左手に手水舎があります。

朱色の柱が特徴の目立つ手水舎でした。

 

狛犬と社殿

社殿を目指し、参道を進みます。

社殿前の狛犬がとっても可愛かったので撮影。

なんかこの狛犬可愛くないですか?まんまるな目が愛おしい…

 

社殿は奥に見えている朱色の建物です。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

御朱印

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は400円。

 

9月の花は桔梗ききょう。一番下の花の中に「しあわせ」の文字が書かれているのがこだわりなのだとか。

 

限定御朱印情報

御朱印は月替わりで花の印が変わります。

 

こちらの神社では御朱印を頂いた回数によってはさみ紙が変わることも特徴の一つです。

はじめての人には由緒がかかれた半紙のはさみ紙を、それ以降は狛犬のはさみ紙やローマ字のオシャレなはさみ紙など様々な種類から選ぶことが出来るようになります。

期間限定はさみ紙が登場するほど、元郷氷川神社ははさみ紙にこだわりがある神社なのです。

以前はブログではさみ紙の最新情報を載せていたようですが、最近はインスタグラムにはさみ紙の最新情報が更新されるようです。

 

御朱印の授与時間も神事などの都合で変わるそうです。

最新の情報は公式サイトもしくは元郷氷川神社のインスタグラムをチェックして確認してみましょう!

 

次回は九重神社編です!

名前が氷川神社ではないですが、昔、九重神社は氷川社と称していた神社なのです。詳しくは次回紹介していきます!

 

アクセス

住所 埼玉県川口市元郷1-30-2
電話番号 048-224-1466
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~16:30

※都合により時間が変更になる場合があります。公式サイトをチェックしてから伺いましょう。

駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 埼玉高速鉄道線「元郷川口駅」より 徒歩5分
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

近くに鳩ヶ谷氷川神社鎮守 氷川神社があります。

このあたりは氷川神社がとても多いです。

 

川口方面へ進んでいくと峯ヶ岡八幡神社九重神社、九重神社の隣に密蔵院があります。

九重神社の兼務社として三ツ和氷川神社もありますよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。