立川にある諏訪神社へ行ってきた【東京の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは立川駅の近くにある諏訪神社です!

立川駅に案内看板が出ているほど、地元では名の知れた大きな神社なんですよ〜!

 

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:建御名方神
  • 御利益:武勇
  • 例大祭日:8月28日に近い金土日
  • 創建:811年

御由緒

諏訪神社に伝わる由緒書によれば、811年7月27日信濃国から諏訪大神を、柴崎村出口(現立川市柴崎町、諏訪の森公園)に勧進鎭祭したのが創建とされる。

 

※Wikipediaより引用

実際の様子

2つの手水舎

諏訪神社への入口は大きく分けて2つあります。

駅から歩いていくと、こちらの鳥居と社号標がある場所の方が近いです。

鳥居をくぐり進んでいくと左手に手水舎があります。

龍のいる、ネットが敷かれた手水舎です。

柄杓は1つ。ネットの大きく開いている部分から水をすくい、手を清めます。

 

手水舎の向かい側に特徴的な形の鳥居のようなものがあります。

注連縄のかかるこの場所から先は進むと、本殿の右手側に出て来ます。

つまり、ここからだと脇から神社の本殿へ入ることになるのです。

 

もう1つの入口の近くに手水舎があります。

こちらもネットが敷かれていて、扉になっている部分を開けて、柄杓で水をすくい、手を清めます。

こちらの方が大きな手水舎で、柄杓も多く用意されています。

手水舎の近くを奥へ進んでいくと土俵がありました!

神門と本殿とその周辺

大きな手水舎の先に神門があります。

神門の先を進んでいくと本殿があります。

こちらへ参拝させて頂きました。

先ほど、最初に紹介した手水舎側から入ると、この本殿の写真の右側から、この神門内に入ることになります。

 

本殿は更に同じ社に八幡さまとお稲荷さんが合祀されています。

左手に八幡神社。

右手に稲荷神社です。

八幡神社には誉田別神、稲荷神社には宇迦之御魂神が祀られています。

 

本殿前の狛犬。

狛犬よりも更に本殿に近い場所に石灯籠があります。

灯籠には様々な動物が描かれています。

境内社

神門を入ってすぐ、左手に境内社がたくさん並んでいます。

左から順に疱瘡神社、日吉神社、金刀比羅神社、浅間神社です。

更にその隣には目の神様が祀られています。

御朱印

御朱印は拝殿左手にある社務所で頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印と由緒書きの御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は300円。

 

神社名が墨書きされたシンプルな御朱印です。

御朱印を頂くと、合わせて由緒書きを渡して頂くのですが、この由緒書きを開くと、中に参拝した日付を自分で書き込む御朱印のようなページがありました!

元号のところが令和になっているので、令和元年からはじめた試みなのかな?

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印が登場しません。

アクセス

住所 東京都立川市柴崎町1-5-15
電話番号 042-522-5806
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス JR「立川駅」より 徒歩10分

多摩都市モノレール「立川南駅」より 徒歩7分

公式サイト こちら

合わせて訪れたいの周辺の神社仏閣情報

同じ立川市に立川熊野神社があります。

立川にある熊野神社へ行ってきた【東京の神社】

 

その他の東京の神社仏閣をまとめた記事はこちらです!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在252箇所】

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。