【川口】九重神社の隣にある四国八十八箇所のお砂踏みお寺 密蔵院へ行ってきた【埼玉の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは密蔵院みつぞういんです!

正式には海寿山密蔵院満福寺と言う名前のお寺で、九重神社の隣にある大きなお寺です。

 

本堂へ続く参道には、四国八十八箇所のお砂が1番札所から並んでいて、お砂踏みが出来ることで知られています。

お砂踏みをすると、実際に四国八十八箇所をお遍路をしたことと同じご利益があるとされています。

埼玉にあるこちらのお寺で、そのご利益を得ることが出来る凄いお寺なのです!

 

早速紹介していきます!

 

寺の概要

  • 御本尊:延命地蔵大菩薩
  • 宗派:真言宗智山派
  • 山号:海寿山
  • 院号:密蔵院
  • 寺号:満福寺
  • 創建:1469年
  • 御由緒

公式サイトを参考にしてみて下さい。

 

実際の様子

山門と手水舎

お寺の入口。

下乗と書かれた木の看板の先に密蔵院の参道が続いています。

 

まっすぐ撮影すると参道はこんな感じ。

この道の途中、右手に授与所があるので、御朱印やお守りはそこで頂きましょう。

この参道の中央だけ色が違います。

この色、形を見て覚えた後で、この先を読み進めてみて下さい。

 

参道の途中、右手の授与所の奥にある手水舎。

龍のいる手水舎です。

 

参道の奥をまっすぐ進んで行くとあるのがこちらの山門。

手水舎は好みが手前にありました。

山門の先へ進んでいきましょう。

 

本堂までの参道でお砂踏みが出来る!

山門の参道を見ると、中央に文字が書いてあるのがわかります。

ここから四国八十八箇所の第一番札所から順にお砂踏みが出来るようになっています。

 

山門までの参道と山門から先へ続く参道の違いはお砂踏みが出来ること。

山門前までは無かったお砂がこの先にはあるのです。

ちょうど本堂の手前まで進むと八十八番札所までのお砂がありますよ〜!

 

本堂とその周辺

こちらの奥に見えているのが本堂です。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

本堂へ続く参道の途中には2つの大きな像が左右にありました。

こちらは興教大師の像。

 

もう一つは遍照金剛大師像。

いわゆる弘法大師のことです。空海の名で知られる真言宗の開祖ですね。

 

真言宗に縁が深い2人の像の前にも大きな像がありました。

こちらは水掛地蔵尊。

 

銭洗弁財天もあります。

こちらは山門をくぐり、すぐ左手にあります。

 

不動堂と大黒堂と竹の小径

本堂の左手前の道を進んで行くと不動堂があります。

その名の通り不動明王像が安置されているお堂です。

 

その近くにあるのが武州川口七福神の大黒天のいる大黒堂。

そしてこの不動堂や大黒堂の近くにあるのがお寺の鐘楼です。

鐘楼の奥に見えているのは本堂の屋根。

金色のシャチホコのようなもの?が目立ちますね!

 

場所は少し変わって、お寺の入口周辺です。

山門よりも手前のお寺の入口を進み、すぐ左手を見ると、足元に小さな大黒天の像がありました。

その先に広がるのは竹の小径。

その名の通り竹林のある道が続いていました。

 

その先にあったのはふれ愛布袋尊と書かれた看板。

この階段の先に布袋尊がいるようです。

今回はここまでしかいかなかったので、わかりませんでした…。

 

御朱印

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらの3種です。

値段は各300円。

 

左から武州川口七福神の大黒天、川口三十六不動尊16番札所の不動明王、御本尊 延命地蔵菩薩の御朱印です。

それぞれ中央に押されている梵字の書かれた印が違います。

 

限定御朱印情報

こちらのお寺では限定御朱印は登場しません。

 

アクセス

住所 埼玉県川口市安行原2008
電話番号 048-296-0774
開門時間 不明
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 車で行くのがおすすめです
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

すぐ隣に九重神社があります。

少し移動すると九重神社の兼務社として三ツ和氷川神社もありますよ~!

他にも峯ヶ岡八幡神社があります。

 

川口の中心へ進んでいくと鳩ヶ谷氷川神社鎮守 氷川神社元郷氷川神社があります。

このあたりは氷川神社がとても多いです。

 

草加方面へ移動すると草加神社があります。更にその兼務社として周辺に瀬崎浅間神社毛長神社谷塚氷川神社があります。

草加神社は東京都にもとても近い場所なので、東京都足立区の花畑大鷲神社も近いです。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村