【札幌】北海道神宮とその境内社 開拓神社へ行ってきた【北海道の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは北海道総鎮守北海道神宮ほっかいどうじんぐうとその境内社開拓神社かいたくじんじゃです!

円山動物園の近くにある神社で、境内がとても広いのが特徴です。

境内が自然はとても自然豊かで、運が良いと鳥やリスなどの小動物を見ることが出来るそうです。

 

早速紹介していきます!

 

神社の概要

  • 御祭神:大国魂神おおくにたまのかみ大那牟遅神おおなむちのかみ少彦名神すくなひこなのかみ、明治天皇
  • 御利益:開拓・経営守護など
  • 例大祭日:6月15日
  • 創建:1869年
  • 御由緒

北海道の開拓・経営を行うために、明治2年7月に開拓使が設置され、同8月15日には蝦夷地は北海道と改称されました。

同年9月1日に東京の神祇官において、開拓使の長官以下の北海道への赴任に先だち、明治天皇の勅使により開拓の守護神として、大国魂神大那牟遅神、少彦名神の3神を祀る「北海道鎮座神祭」が斎行されました。これが北海道神宮の創祀とされます。同月21日、3神の御霊代は開拓長官 東久世通禧ひがしくぜみちとみに奉じられ品川港から函館に到着、ここから開拓判官 島義勇しまよしたけがこれを奉じ銭函の仮役所に仮安置し、同年12月3日、札幌に入り、現在の北二条西一丁目の「札幌第一番役宅」に御霊代を奉遷しました。

明治3年5月15日に現在の北五条東一丁目の仮社殿に遷座し、「一の宮」「勅祭社」とよばれました。明治4年5月14日「札幌神社」と社名が定められ、社格は国幣小社に列し、同9月14日には、この円山の地に社殿が完成し、開拓判官 岩村通俊いわむらみちとしが祭主となり遷座祭が行われました。

その後、発展をつづけ、北海道神宮へと改称されました。

 

※由緒書きより一部抜粋

 

実際の様子

北海道神宮の参道と鳥居

駐車場に車を停めて歩いていく道。

表参道が別の場所にあるので、この道は写真を撮るだけにして、遠回りしました。

この近くに北海道の有名なお菓子屋さん 六花亭があります。

マルセイバターサンドをはじめ、他にも色々なお菓子を販売していたり、小さなお茶屋さんにもなっているので、小休止にオススメのスポットです。

 

こちらが正面の鳥居。

この先に表参道があります。

表参道の写真。

春には桜の木々が綺麗に咲く参道です。

夏の時期は緑の木々が生い茂る涼しげな雰囲気の参道になります。

この道をまっすぐ進んでいくと本殿があります。

 

手水舎と神門

表参道を進むと、途中に神門があります。

その神門の左手前にあるのがこちらの手水舎。

かなりの大きさの手水舎で、たくさんの参拝客が絶えず手を清めていました。

 

手水舎の近くにとても大きな銅像があります。

この人物は開拓判官 島義勇。

この神社をつくるにあたり、尽力を尽くした人物です。

 

こちらが神門。

この先に本殿があります。

 

本殿とその周辺

こちらが本殿。

神社は本殿の前に拝殿があり、参拝客はその拝殿に参拝することが多いのですが、こちらの神社では本殿に直接参拝することが可能になっています。

私も本殿へ参拝させて頂きました。

 

本殿周辺には、ところどころに気が植樹されています。

これらの木々は皇室の方々が植えられた木です。

それぞれの木の前に植えられた人のお名前が書かれています。

 

こちらは神門から本殿へ続く道の一つ、西回廊。

どこか異世界につながっていそうな、不思議な雰囲気の道でした。

 

この西回廊を進んでいくと、途中に御朱印を頂ける授与所があるのですが、その途中で1匹のリスを見かけました。

動きが早くて、すぐに逃げてしまったのですが、野生のリスがいる境内になんだかほっこりした気持ちになりました。

 

開拓神社

次は境内社 開拓神社を紹介します。

北海道神宮の本殿からは少し離れた位置にあるので、開拓神社への行き方が書かれた看板などを頼りに目指しましょう。

こちらが開拓神社の入口。

御祭神は、北海道の開拓に心血を注ぎ、偉大な業績を果たした功労者の37名です。

この鳥居の左手に写っている小屋は無人の授与所です。

お守りやお札などが販売されています。

 

鳥居の右側には開拓神社の手水舎があります。

大きな石の鉢に水が入っている手水舎です。

 

そしてこちらが開拓神社の拝殿。

こちらは参拝させて頂きました。

 

その他の境内社と境内の森林

こちらは開拓神社のすぐ近くにある穂多木神社。

北海道拓殖銀行の守護神であり、北海道拓殖銀行の物故功労者をお祀りしている社でもあります。

 

その隣には札幌鉱霊神社があります。

こちらは鉱山殉職者を慰霊する為の社です。

 

開拓神社へ向かう途中の道は、どこも木々がたくさん並んでいました。

場所により植えられている品種が違うのですが、その多くが桜の木だそうです。

桜の木も1種類ではなく、ソメイヨシノやヤエザクラ、エゾヤマザクラと3種類の桜が植えられているので、境内では様々な桜を楽しむことが出来るようです。

夏は全て緑ですが、それもまたこの時期しか見られない景色なので、素敵ですよね!

 

御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は500円。

 

御朱印と共に桜の花びらが可愛いしおりを頂きました。

参拝記念に授与して頂けるしおりです。

白い台紙と共に、透明の袋に入った状態で渡して頂くことが出来ます。

 

お守り授与所とは別に御朱印の授与所があるので、そちらで頂きましょう。

後から知りましたが、北海道神宮の授与所で、開拓神社の御朱印も頂けるそうです。

開拓神社の御朱印も頂きたい場合は、「開拓神社の御朱印もお願いします」と授与所で声をかけましょう。

 

アクセス

住所 北海道札幌市中央区474
電話番号 011-611-0261
開門時間 時期により変わります

詳細は公式サイトの開門時間を参考にしてみて下さい

御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 地下鉄東西線「円山公園駅」より 徒歩15分
公式サイト こちら

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。