彌彦神社(伊夜日子神社)へ行ってきた【北海道の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは彌彦やひこ神社(伊夜日子いやひこ神社)です!

漢字での書き方が2つあります。

「彌彦」は万葉集での書き方、「伊夜日子」は万葉仮名の書き方です。

本社は新潟県にある彌彦神社です。

札幌にあるこちらの神社は、中島公園内にあります!

ちく

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:天之香具山命あめのかぐやまのみこと、菅原道真公
  • 御利益:縁結び、安産、健康長寿、石油開発、商業・工業発展、学業成就
  • 例大祭日:7月27日
  • 創建:1912年
 

御由緒

当社は本社が由緒ある新潟県の彌彦神社で、天之香具山命をお祀りし、皆様の無事安泰をお祈り申し上げております。

明治の末、新潟県から札幌に移住された有刺の方々により、この中島公園の地に小さなお宮を建立したのが始まりで、大正9年には60坪の社殿が造営されました。

そして、昭和45年の太宰府天満宮(福岡県)より学問の神様である菅原道真公の御分霊を配戴し「札幌の天神様」と呼ばれ、今日に至っております。

 

※由緒書きより一部抜粋

実際の様子

鳥居と手水舎

こちらが神社の入口。

とても大きな鳥居と社号標が目印です。

社号標には「伊夜日子神社」と書かれています。

 

鳥居の先を進んで行きましょう!

参道はまっすぐ、社殿に続いていますよ〜!

 

途中、右手に手水舎があります。

写真を拡大するとよく見えますが、龍のいる手水舎です。

口から水を出しています。

 

二つ目の鳥居。

この周辺は一部の木が既に紅葉を始めていました。

まだ8月なのに早いですねぇ。

狛犬と社殿

神社の狛犬はこちら。

なんとも言えないアンニュイな表情をしていますね〜

 

参道の突き当たりにある社殿。

こちらへ参拝させて頂きました。

社殿の手前には絵馬掛けがあります。

御朱印

社殿の左手前にある社務所に声をかけると頂くことが出来ます。

書いて頂いている間は、中にある待合室で待つことが出来ます。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は300円。

 

大きく彌彦神社と書かれている隣に、小さく伊夜日子とも書かれています。

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

アクセス

住所 北海道札幌市中央区中島公園1-8
電話番号 011-521-2565
開門時間 不明
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 市営地下鉄南北線「幌平橋駅」より 徒歩1分
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

すぐ近くに札幌護国神社多賀神社があります。

同じ札幌市内に北海道神宮やその頓宮札幌伏見稲荷神社西野神社があります。

札幌護国神社とその境内社 多賀神社へ行ってきた【北海道の神社】 【札幌】北海道神宮とその境内社 開拓神社へ行ってきた【北海道の神社】 札幌伏見稲荷神社へ行ってきた【北海道の神社】 【札幌】西野神社へ行ってきた【北海道の神社】

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ〜!

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

4 COMMENTS

ちく

ご指摘ありがとうございます!
大変失礼致しました。
早速修正させて頂きます!!

返信する
匿名

度々のコメントとなりすみません。
読みについてですが、彌彦は「やひこ」、伊夜日子は「いやひこ」です。

元来、彌彦ですが万葉集では「いやひこ」と詠まれ、万葉仮名で伊夜日子とされています。
本社がある新潟では「おやひこさま」として親しまれている美しい神社です。
是非一度お越しになってくださいませ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。