【下関】嚴島神社/厳島神社へ行ってきた【山口の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは山口県下関市にある嚴島いつくしま神社/厳島神社です!

高杉晋作が戦勝祈願をした歴史がある神社です。

 

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:宗像三神(市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命)
  • 御利益:海上安全、交通安全など
  • 例大祭日:10月第3土日
  • 創建:平安末期

御由緒

「嚴島神社記録帳」によると、治承・寿永の乱(いわゆる「源平合戦」)の時代、平家の守護神として安芸国の嚴島神社の分霊を安徳天皇が乗る御座船にまつっていたが、壇ノ浦の戦い後磯辺に放棄されていたという。その後、地元住民に「吾は嚴島姫の神也、早く祭るべし、かしこの磐之上にあり」との神託が下された。住民は不思議に想いながらそこに行って見ると、磯辺に御鏡太刀様の物を見つけた。文治元年住民たちは社殿を建立し、安芸国厳島神社より分霊をあらためて勧請した。元禄17年社殿を再建し、天明7年拝殿を修建した。

 

※Wikipediaより一部抜粋

実際の様子

鳥居とインパクトのある参道

神社の鳥居はこちら。

鳥居の先の参道は階段になっています。この階段の左手にある御神木のインパクトが凄いのです…!

階段を上りきると更に参道が続いています。この参道の途中には鬼の門があり、こちらもまたインパクトが凄い!!

鬼の反対側はおかめになっていました。2月に伺ったので、節分を彷彿とさせる門だという印象を受けました。

狛犬と手水舎

参道途中にいる狛犬。凛々しい顔つきでこちらを見ています。

参道途中右手に手水舎があります。

拝殿と大太鼓

参道のつきあたりにある拝殿はこちら。

こちらへ参拝させて頂きました!

 

参道途中左手には太鼓があります。こちらの太鼓は高杉晋作が戦勝祈願をし、無事に勝利し、神恩への感謝を込めて奉納したものなのだとか!!

御朱印

御朱印は参道途中、右手にある社務所で頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちら。

初穂料は500円。

 

神社名が中央に墨書されている御朱印です。

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印が登場しません。

アクセス

住所 山口県下関市上新地町1-1-11
電話番号 083-232-1138
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00〜17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス JR山陽本線•山陰本線「下関駅」より 徒歩13分
公式サイト ありません

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

下関にある「福徳稲荷神社」「中山神社」「住吉神社」「生野神社」「大歳神社」「櫻山神社」「彦島八幡宮」「亀山八幡宮」「赤間神宮」「功山寺」「忌宮神社」「乃木神社」「豊功神社」「東行庵」

同じ下関市に福徳稲荷神社、中山神社、住吉神社、生野神社、大歳神社、櫻山神社、彦島八幡宮、亀山八幡宮、赤間神宮、功山寺、忌宮神社、乃木神社、豊功神社、東行庵があります。

※福徳稲荷神社、中山神社、住吉神社、生野神社、大歳神社以外の個別の記事は近日公開予定です

その他の山口の神社仏閣まとめ

その他の山口の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

※個別の記事は鋭意作成中です

1人で行くのは不安…効率良く人気の寺社を巡りたい!

そんな人にバスツアーをオススメします!

人気の神社仏閣、観光地を巡るツアーをクラブツーリズムで探してみましょう!

中には御朱印巡りツアーや、ツアーでしか頂くことが出来ない御朱印もあるんですよ〜

バスツアーは神社仏閣&御朱印巡り好きさんとも繋がれるきっかけになりますよ〜

ちく

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA