川越熊野神社へ行ってきた【埼玉の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、川越にある川越熊野神社です!

こちらも、川越に御朱印巡りをしに行ったら外せないスポットの一つだと思います。

早速紹介したいと思います!

 

神社の概要

  • 御祭神:伊弉諾尊、事解之男尊、速玉之男尊
  • 御利益:開運、縁結びなど
  • 例大祭日:春季大祭 4月15日、秋季大祭 10月15日
  • 創建:1590年
  • 御由緒

その歴史は、天正18年(1590/安土桃山時代)に、この川越熊野神社の道を挟んで反対側にある蓮馨寺の二世然誉文応僧正が紀州熊野より勧請したことに始まったそうです。
元々、蓮馨寺の一部でしたが神仏分離により、川越熊野神社となり今に至りました。

 

※こちらのサイトより引用

 

実際の様子

境内までの道

大正浪漫通りから歩くと、正面の鳥居が見えてきます。

こちらが正面の入り口です。

鳥居の前には、熊野神社と書かれた提灯もあります。

 

鳥居をくぐると、ヤタガラスの提灯が並んでいます。

お祭りシーズンらしい提灯の並びを見ると、なんだかそれだけでわくわくしますよね。

 

ちなみに、鳥居手前の少し大きめに提灯にも、熊野神社の文字以外にヤタガラスが描かれています。

この写真のみ、夕方にこの神社の前を再度通りかかった時に撮影した写真です。

提灯が光っていました。

 

そして、この熊野神社と言えばこれです!

先ほどのヤタガラスの提灯の下の道。

足つぼにめちゃくちゃ効きそうな石が並んでいます。

土足厳禁なので、靴を脱いでこの上を歩きます。

痛い部分によって、体のどこが悪いのかがわかるようになっています。

 

夏詣仕様の境内

足つぼの先へ進むと、その先には拝殿があります。

その手前にも、熊野神社の提灯と鳥居があります。

 

鳥居の先には、夏越の大祓の注連縄と短冊のついた笹の木がありました。

注連縄の回り方の解説が置いてあったので、その通りに回ってから拝殿へ参拝しました。

 

摂社の厳島神社。

ここには、撫で蛇様がいます。

左右に金の卵を抱え、とぐろを巻いている蛇さんが2匹いますが、こちらが撫で蛇様です。

撫でる所によって、頂けるご利益が違います。

 

こちらは銭洗弁天。

ざるなども用意されているので、ここにお金を入れて、洗えるようになっていました。

 

こちらは、加祐稲荷神社。

こちらは参拝後、その隣にある運試し輪投げをしました。

輪投げは用意された輪を3つ持って、自分が得たいご利益の所に投げるようになっています。

左から、心願成就運、金運、健康運、仕事学業運、恋愛運となっています。

 

2019年6月に訪れた久しぶりの熊野神社

ちょうど茅の輪が設置された2019年6月17日、久しぶりに熊野神社へ参拝させて頂きました。

 

夏越の大祓へ向けて、形代(人型)が用意されていました。

男性用、女性用、男児用、女児用、車用の5種類があります。

車って珍しい!!

 

新しくヤタガラスから一言お告げを頂ける場所が出来ていました。

この写真の奥、2つのヤタガラスが並ぶ場所の前に、3つの珠があります。

それぞれお願い事が書いてあるので、叶えたいお願い事の珠へ触れましょう。

すると音が鳴り、ヤタガラスからの一言を頂くことが出来ます。

 

御朱印と御朱印帳

御朱印は、以前は初穂料が300円からのお気持ちでしたが、今は初穂料500円からのお気持ちです。

2015年4月に頂いた御朱印

はじめて頂いた熊野神社の御朱印です。

中心にヤタガラスの紋が押されています。

2016年6月に頂いた御朱印

この御朱印を頂いた時も初穂料は300円のお気持ちからでした。

2017年7月に頂いた御朱印

2017年の夏に頂いた御朱印2種類です。この時は境内社の厳島神社の御朱印も頂けるようになっています。

夏詣の印が押されています。

熊野神社の御朱印にはヤタガラス、厳島神社の御朱印には弁財天様の印が押されているのが特徴です。

2019年6月に頂いた御朱印

久しぶりの参拝で頂いた御朱印はこちらの2種です。

ちょうどこの日から夏詣がはじまったと言うことで、夏詣印が押されている御朱印を頂きました。

御朱印帳

こちらではオリジナル御朱印帳を頂いたことがあります。

初穂料は1200円です。

 

限定御朱印情報

1月1日から1月15日まで初詣限定御朱印が登場します。

 

3月第3日曜日から5月のゴールデンウィーク終了日まで春詣限定御朱印が登場します。

 

6月第3日曜日から8月第3日曜日まで夏詣限定御朱印が登場します。

 

9月第3日曜日から11月3日まで秋詣限定御朱印が登場します。

 

12月5日から12月30日まで冬詣限定御朱印が登場します。

 

季節に合わせて○○詣(四季詣)の印が押された限定御朱印が登場するのです。

この限定御朱印は熊野神社、厳島神社どちらの御朱印も登場します。

この5種類の四季詣御朱印をすべて揃えると、記念品として七福神財布をを頂くことが出来ます。

 

アクセス

住所 埼玉県川越市連雀町17-1
電話番号 049-225-4975
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 なし(車で行く場合、近くの有料駐車場に停めていくのがオススメです)
最寄り駅からのアクセス JR、東武東上線「川越駅」より 徒歩18分

西武新宿線「本川越駅」より 徒歩6分

公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

川越のメインストリート 蔵造りの街並みの方へ進んでいくと蓮馨寺れんけいじ喜多院(川越大師)成田山川越別院仙波日枝神社があります。

 

喜多院のすぐ近くに仙波東照宮があります。こちらは川越駅よりの場所にある川越八幡宮の兼務社です。

 

少し離れた場所に縁結び風鈴が有名な川越氷川神社があります。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2 COMMENTS

むなやけ

ちく様、お疲れ様です!
更新頻度がまったく衰えてないですね、素晴らしいです

川越といえば、菓子屋横丁のぎんなん細工が印象的です
版権キャラクターを模した細工の無理やり感が、たまらなくツボでした

返信する
ちく

むなやけさん、いつもコメントしてくださりありがとうございます✨
菓子屋横丁で、私も同じものを見かけました!
これからも更新を続けていきますので、今後ともよろしくお願いします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。