縁結び風鈴で有名な川越を代表する神社!川越氷川神社を満喫してきた【埼玉の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、埼玉県川越市にある川越氷川神社です!

小江戸と呼ばれる川越でも特に有名なのがこの神社です。

今回は、縁むすび風鈴を見に、夏の氷川神社へ行きました。

それでは、早速紹介していきたいと思います。

 

神社の概要

  • 御祭神:素盞嗚尊
  • 相殿神:脚摩乳命、手摩乳命、奇稲田姫命、大己貴命
  • 御利益:家庭・夫婦円満、縁結びなど
  • 例大祭日:10月14日、15日
  • 創建:欽明天皇2年
  • 御由緒

川越氷川神社は今から約千五百年前、古墳時代の欽明天皇二年に創建されたと伝えれらています。室町時代の長禄元年、太田道真・道灌父子によって川越城が築城されて以来、城下の守護神・藩領の総鎮守として歴代城主により篤く崇敬されました。 江戸時代に入ってのちも歴代の川越藩主より社殿の造営や特別の計らいを受けました。現在の本殿には緻密な彫刻が施されており、県の重要文化財となっています。 また、昔より縁結びの神様としての信仰を集め、人々のご縁を取り持ってまいりましたのは、お祀りしている五柱の神様(ご祭神)にあります。

 

※公式サイトより引用

 

実際の様子

鳥居

こちらは氷川神社にある大きな鳥居です。

場所は氷川会館と言う隣の建物の方から神社へ入ると見ることが出来ます。

 

もう一つの鳥居。こちらは道路に面しています。

この鳥居は例大祭が近い10月に撮影した写真です。

 

手水舎と拝殿

手水舎の写真。

龍の口から水が出ています。

まずはこちらで手を清めて、参拝しました。

 

拝殿の写真。

土曜日に行った所、常に人が絶えず参拝していました。

私もこちらへ参拝させて頂きました。

 

2019年1月に再訪した時の拝殿。

ちょうど誰も参拝していないタイミングで写真を撮ろうと思ったのですが、前を2羽の鳩が横切りました!

屋根の上あたりにある2つの黒い影が鳩たちです。

 

自然豊かな御神木周辺

拝殿の脇から奥へ進むと、ご神木があります。

ご神木は手前と奥の2本が寄り添うようにあります。

八の字に回れるようになっています。

苔の緑が良い感じの雰囲気です。

 

フォトジェニックスポットとして有名な鯛みくじ

この神社で有名なのが鯛みくじです。拝殿と社務所の近くに用意されています。

このおみくじは「1年安鯛みくじ」と言う全体運に対するおみくじと「あい鯛みくじ」と言う恋愛運を占う2種類のおみくじがあります。どちらも初穂料300円。

このように鯛みくじで釣りあげるようになっているのです。

くじを引くだけでなく、本物の鯛のように魚を釣るようになっています。

楽しさもあると言うのが面白いですね。

 

2019年1月の鯛みくじの様子

おみくじの入っているカゴが変わっていました。このカゴになってから、更に入っている量が増えたかな?

 

その他の見どころ

こちらは拝殿隣にある灯です。

こういう景色、風情があって良いですね。

 

こちらは戌岩と言う物です。

拝殿の方を向いている犬の顔をしているような岩です。

鼻の頭に柄杓で水をかけると、子育て祈願になるそうです。

 

桶と石灯篭。

手水舎の近くにありました。

 

絵馬をかける場所。

トンネルのようになっています。

 

御神木から拝殿側へ歩いて行く道。

青紅葉が綺麗でした。

縁結び風鈴シーズンでなくても景色を楽しめますね。

 

昼の縁むすび風鈴

昼に見た縁むすび風鈴の景色です。

拝殿の隣にあるトンネルです。

ここで何枚か写真を撮っていました。

綺麗ですねぇ。

別角度からの写真。

色々な色の風鈴があって、とてもフォトジェニックです。

 

トンネル脇の青もみじと撮影。

緑とカラフルな風鈴が綺麗です。

 

別の風鈴トンネル。

少しアップにして撮影。

一つの風鈴にピントを合わせて撮るのも綺麗です。

拝殿と風鈴。

丸い球の中に風鈴が入っている物もありました。

ピンクの風鈴のみを撮影。

色々な所に風鈴があって、とても綺麗でした。
広告



夜のライトアップと縁むすび風鈴

夜のライトアップを見るために暗くなってからもう一度やってきました。

まず鳥居がライトアップされています。

 

バス停、駐車場の方から入ることの出来る正面の入り口です。

人がとても多かったです。

この日は恋あかりの初日だったので、とくに混雑していたようです。

 

風鈴もライトアップされています。

カラフルな風鈴のトンネルの所は大混雑だったので、行きませんでした。

透明な風鈴の場所は人がそこまで多くなかったので、こちらを撮影していました。

時間によってライトの色が変わるようです。

こちらは別角度から撮影して写真ですが、同じ風鈴です。

 

7月22日から恋あかりと言う、夜の特別良縁祈願のイベントをやっていました。

 

その記念品として授与されるのが、特製ぼんぼり。

このぼんぼりは、17時から1500円で販売しているので、買うことが出来ます。

私はぼんぼりのみを購入しました。

ぼんぼりはカラフルで綺麗に光ります。

色々な場所に置いて写真を撮ると、綺麗ですね。

良い思い出が出来ました。

 

光る川

こちらは氷川神社内にある小さな川。

19時から21時まで、この川もライトアップされています。

綺麗に光っています。

一部の場所は霧が出ていました。

カラフルで綺麗な光が幻想的ですね。

 

御朱印

社務所で御朱印を頂くことが出来ます。

御朱印帳を預けると、フルネームを聞かれます。

書き終わっていると、特定の場所に御朱印帳が置いてあるので、巫女さんに自分のフルネームを言って、お金を払うようになっています。

御朱印の初穂料は300円、見開きの御朱印は500円です。

2015年4月に頂いた御朱印

通常頂ける御朱印です。

2016年6月に頂いた御朱印

2017年7月に頂いた御朱印

2017年9月に頂いた御朱印

2019年1月に頂いた御朱印

この時は1月のみ頂ける御朱印を頂きました。繁忙期と言うことで、書置きのみの対応でした。

中央に押されている印が変わるのです。

社紋に似た形の印に開運の文字が書かれている縁起の良い御朱印です。

2019年7月に頂いた御朱印

縁結び風鈴の季節に頂いた御朱印はこちら。

風鈴のイラスト入りの御朱印です。

限定御朱印情報

毎年1月限定御朱印が登場します。

1月中のみ、中央の社紋印が変わります。

 

7月から9月に開催される縁結び風鈴に合わせて限定御朱印が登場します。

この時期のみ縁結び風鈴のイラスト入りの書置き限定御朱印が登場します。

縁結び風鈴の御朱印は7月と8月でイラストが変わります。

アクセス

住所 埼玉県川越市宮下町2-11-3
電話番号 049-224-0589
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス JR、東武東上線「川越駅」より 徒歩35分

西武新宿線「本川越駅」より 徒歩22分

公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

川越のメインストリート 蔵造りの街並みの方へ進んでいくと蓮馨寺れんけいじ川越熊野神社喜多院(川越大師)成田山川越別院仙波日枝神社があります。

 

喜多院のすぐ近くに仙波東照宮があります。こちらは川越駅よりの場所にある川越八幡宮の兼務社です。

 

川越城本丸御殿の近くに通りゃんせ発祥の地三芳野神社があります。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。