川越八幡宮と仙波東照宮へ行ってきた【埼玉県の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、埼玉県にある川越八幡宮仙波東照宮です!

 

川越八幡宮は鳩づくし!八幡宮の神鳥が鳩なので、鳩がたくさんいるんですよ~

川越八幡宮、川越のメインストリートである蔵造りの町並みや川越氷川神社からは離れている神社ですが、是非一度訪れてみて貰いたい神社です。

 

仙波東照宮は川越八幡宮から近いわけではありませんが、川越八幡宮で御朱印を頂くことが出来る兼務社なので合わせて紹介します。

 

この二社をどちらも回ろうと思うとすると徒歩15分くらいかかるので、歩くのが苦手な人はバスを使って移動するのがおすすめです。

 

川越八幡宮

今回川越へ訪れて絶対行きたいと思っていたのがこちらの川越八幡宮です。

神社の概要

  • 御祭神:誉田別尊(応神天皇)
  • 御利益:夫婦円満、勝利祈願、合格祈願など
  • 例大祭日:春季大祭5月4日、5日 秋季大祭10月14日、15日
  • 創建:1030年
  • 御由緒

当社は長元3年、甲斐守源頼信の創祀と伝えられ、御祭神は、誉田別尊(応神天皇)です。

源頼信は、長元元年に起こった平忠常の平定のため、東国に出兵。その際、当地にて戦勝祈願をなしたところ、無事平定の誉を得たため、御神恩に感謝して八幡宮を創祀しました。

 

※川越八幡宮の御朱印はさみ紙より引用

 

はじめて参拝した時の様子 鳥居と手水舎

初めての参拝でした。

こちらの鳥居から奥に見えている拝殿へ参拝します。

参拝の前に手水舎で手を清めます。

こちらの手水舎も水が出ているのは龍の口です。

 

拝殿と御神木 縁結びイチョウ

拝殿の写真。

こちらは参拝させて頂きました。

 

拝殿手前に御神木のイチョウの木があります。

縁むすびの木としてご利益があるそうです。

 

その他の見どころ

桃の像もあります。

こちらは厄除け桃と呼ばれています。

 

社務所には窓口が2つあります。

手前が御朱印の授与処、奥がお守り授与処です。

 

鳩尽くし!

私がここへ行きたいと思った理由は、鳩尽くしなこの神社の鳩たちに癒されたかったからです。

実際に生きている野生の鳩ではなく、鳩の絵がたくさん描かれています。

 

外にある駐車場には、酉年の大きな絵馬がありました。

地元の学校の美術部の作品だそうです。

 

絵馬も鳩!

良縁祈願と書かれた絵馬には、オスとメスの鳩がいますね!

 

お守りも鳩尽くし。

その中でも私が気になったのはこちらの勝守

どんな勝負事にも勝てるように祈願されているお守りだそうです。

黒の勝守を購入したので、御朱印と一緒にこの先で紹介しています。

 

そして紋も鳩!

ほんと鳩好きにとっての天国だ…!

 

2019年に再訪した川越八幡宮の鳥居と狛犬

再訪した川越八幡宮の境内の写真を載せていきます。

拝殿に向かって建っている鳥居の写真です。

この鳥居の先を少し進むと立派な狛犬がいるのですよ~

ってあれ?狛犬の上に鳩!?

この鳩は幸運の鳩。川越八幡宮の境内にいる8羽の鳩のうちの1羽です。

この鳩については後に詳細を書いています。

 

そしてこちらは拝殿前にいる狛犬。

こちらのほうが歴史を感じる狛犬ですねぇ。

 

境内社 民部稲荷神社

境内社を紹介していきます。

まずは唯一境内社で御朱印を頂くことが出来る民部稲荷神社から!

縁結びイチョウの隣に鳥居もある境内社です。

倉御魂神を祀るお稲荷さんで、衣食住全てを守って下さると言われています。

それだけでなく、別名「相撲稲荷」とも呼ばれているお稲荷さんで、足腰の健康にも御利益がある珍しいお稲荷さんです。

 

民部稲荷神社については、まんが日本昔ばなしでもその伝説が語られていることで知られています。

昔、八王子に住んでいた老狐が、人間に化け「民部」と名のり暮らしていたが、老僧に正体を知られたため、川越の梵心山に移り住んだ。この民部は、相撲が得意で、老僧に「捻挫や打ち身」の手当の仕方を教えて去っていったとの伝説があり、「まんが日本昔ばなし」でも「民部稲荷」として紹介されました。

 

※境内にある看板より一部抜粋

 

鳥居の先にある社殿へしっかり参拝させて頂きました!

社の前には狛狐もいますよ~

御利益を頂きたい方、御朱印を頂く方はしっかり参拝しましょう!

 

その他の境内社とぐち聞きさま

こちらは民部稲荷の奥にある目の神様。

人間の目の形をした石像が御神体になっています。黒目の部分には平仮名で「め」と書かれています。

御祭神は大国主命と小彦名命。国造りをした二人の神様です。

生きるための技術や医薬の道を授け、病に苦しむ、特に「心身の目」に悩む人を救ったと言われています。

このことから眼病平癒に御利益があるとされ、こうして境内に祀られているのです。

 

目の神様の近くに三峯神社があります。

伊邪那岐命、伊邪那美いのちの夫婦神を祀る社です。

夫婦円満、火除盗難除、除災招福に御利益があります。

 

更に奥、ちょうど拝殿の左奥の方へ進むと菅原神社があります。

菅原道真公を祀るこちらの社はいわゆる天満宮です。

学業成就、受験合格に御利益があります。

 

その隣にあるのは稲荷神社です。民部稲荷とは別にもう1つお稲荷さんがあります。

御祭神は民部稲荷同様、倉御魂神(別名 保食神)です。

民部稲荷は、特に足腰に御利益があるお稲荷さんでしたが、こちらは本来のお稲荷さんの御利益(五穀豊穣や商売繁盛)などにより御利益があります。

 

更にその隣にぐち聞きさまがいらっしゃいます。

こちらの耳を澄ましている方がぐち聞きさまです。

その正体は聖徳太子!

聖徳太子は一度に十人の訴えを聞き分けたとされる人物で、苦しみ悩む人々の救いになった人物です。

そのことから、こちらの神社ではぐち聞きさまとして祀り、ここで参拝者の愚痴(悩みなど)を聞いて下さっているのです。

 

場所は変わりこちらは拝殿の右手前あたり。

ここには新しく厄割り桃が設置されました。

中央に置かれた厄と書かれた石に、その手前で販売している厄割り桃(桃玉)を投げて厄を落とす、厄落としが出来るスポットです。

桃は古来より、厄除の果物として知られているので、こちらが設置されたようですねぇ。

桃玉は1つ200円です。

 

境内には8羽の鳩の像が!幸運の鳩探しをして運気をアップしよう!(2019年6月に追記)

先ほども狛犬の紹介の際、少しだけ触れましたが、境内には8羽の鳩の像が設置されています。

全ての鳩を探すと運気がアップするのだとか!

 

答えは御朱印受付の窓口にもあるのですが、そのうち7羽の鳩の画像を写真付きでここにも載せていきますよ~!

最後の1羽はぜひ実際に参拝して見つけてみて下さ~い!

 

まず1羽目は狛犬の上にのる鳩!

怖~い顔の狛犬の上に乗る鳩の目つきはとても凛々しくてかっこいい!

狛犬と一緒に鳩も参拝者を見守ってくれているのかな?

 

2羽目はこの近くにある手水舎にいます。

水を飲みたがっているように見える鳩です。

 

3羽目は厄割り桃の近く!

厄落としをする参拝者を見守ってくれています。

 

4羽目は民部稲荷神社の鳥居!

羽ばたく鳩の姿が鳥居の中にありました!

 

5羽目はぐち聞きさまのお賽銭箱の上!

この鳩も愚痴を聞いてくれているのかな?

厄割り桃のところにいた鳩は、足をスッとのばしていましたが、この鳩はリラックス状態のようで、足をしまっています。

1羽1羽の違いを楽しむのもこの鳩探しの面白いポイントです。

 

6羽目は御朱印受付窓口近くに鳥居の上!

民部稲荷の鳥居にいた鳩のように、羽ばたいている鳩です!

 

7羽目は裏手にある駐車場近くの鳥居の上!

鳥居の上にいる鳩は羽ばたいている子を見つけてきましたが、こちらの鳩は佇んでいますねぇ。

 

8羽目はどこなのか?!ぜひ実際に行って確かめてみて下さ~い!

2019年6月に再訪したところ、この記事で載せている鳩も含め、一部の鳩の場所が変わっていました。

2019年6月の鳩の場所の答えが載っている紙を撮影しましたよ~

黄色いシールが貼ってある場所に、鳩がいます。

この紙は御朱印の窓口にあるので、伺った時はこの答えをチェックしてみましょう!

 

改めて、前回撮影していなかった鳩たちの写真を載せていきます。

 

こちらは手水舎の足元にいる鳩。

踏まれないかちょっと心配です。とりあえず可愛い。

 

拝殿にいる鳩。

左上の方にいました。

 

ぐちきき様の隣の稲荷社にいる鳩。

社の右後ろのほうに隠れています。

 

民部稲荷社の脇にある柵の下の鳩。

この鳩はけっこうわかりにくい位置にいました。

 

6月の境内は紫陽花の鉢が飾られているよ!

6月に訪れた川越八幡宮の境内は、手水舎の近くに紫陽花の鉢がたくさん並んでいました。

その中からピンク色の紫陽花を撮影。

この色の紫陽花、珍しい気がします!

他にも様々な色の紫陽花が並んでいてとても素敵でした~!

 

参道の一部にも地面に紫陽花が植えられているのですが、こちらは私が伺ったタイミングでは咲き始めで、見頃ではありませんでした。

参道に紫陽花が並ぶ様子もまた、素敵な予感…!!

 

御朱印

御朱印は拝殿の右手前あたりにある専用窓口で頂くことが出来ます。

御守授与の窓口と御朱印の窓口は隣同士ですが、それぞれ頂ける場所が決まっているので、間違えないように注意しましょう。

2017年9月に頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

鳩が飛んでいる印が押されています。

 

2019年1月に頂いた御朱印

2度目の参拝で頂いた御朱印はこちらの2種です。

左が境内社 民部稲荷の御朱印、右が川越八幡宮の御朱印です。

川越八幡宮の御朱印は、月替わりになりました!

現在、御朱印の初穂料は1つ500円です。

 

2019年6月に頂いた御朱印

約半年ぶりの再訪で頂いた御朱印は2種です。

まずは奉祝記念御朱印(書置のみ)

初穂料は800円。

 

「令和」の文字や白鳩が飛んでいる絵入りの御朱印です。

紙が特別な和紙のようで、数量限定で頒布されているものでした。

 

月替わりの御朱印はこちら。

6月の御朱印には「幸」の文字が書かれた鳩の印が押されています。

鳩の印の色、前回と違いますねぇ。

色も月替わりなのかな(違ったらすいません)

 

限定御朱印情報

毎月、御朱印は月替わりです。

はさみ紙にその詳細が書かれていますよ~

毎月鳩の持っているイチョウの葉に書かれている言葉が変わるのです。

鳩の羽ばたく姿もそれぞれ違いますねぇ。

拡大するとより見やすいと思いますよ~

 

オリジナル御朱印帳

川越八幡宮のオリジナル御朱印帳はこちらです。

水色とピンクがあったので、水色を頂きました!

こちらは御朱印代込みで2000円。

御朱印帳のみの場合1500円。

 

勝守り

こちらは勝守。

黒い物を購入しました。

初穂料は500円。

後ろには川越八幡宮と書かれています。

 

川越八幡宮へのアクセス

住所 埼玉県川越市南通町19-3
電話番号 049-222-1396
開門時間 不明
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 東武東上線、JR埼京線、有楽町線「川越駅」東口より 徒歩6分

西武新宿線「本川越駅」より 徒歩7分

公式サイト こちら

 

仙波東照宮

次に紹介するのは喜多院の隣にある仙波東照宮です。こちらは日本三大東照宮の一つです。

神社の概要

  • 御祭神:徳川家康公
  • 御利益:商売繁盛、出世開運など
  • 例大祭日:8月17日
  • 創建:1617年
  • 御由緒:

元和2年に薨去した祭神の法要は、久能山から日光山に改葬される際の元和3年に、江戸幕府の「黒衣の宰相」と称された天台宗の僧侶・天海によって喜多院で行われ、後水尾天皇から東照大権現の勅額が下賜され、同年にその地に天海によって創建された。1638年)の川越大火で焼失するが、徳川家光によって川越藩主で老中の堀田正盛が造営奉行に命ぜられ、幕府によって再建された。江戸時代を通じ社殿や神器等全て江戸幕府直営であった。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

正面の入り口はこちら。

喜多院の方から歩いて行くと、この正面から入ることは出来ません。

門をくぐり先へ進むと階段があります。

前回、7月に川越へ行ったときは、階段の先の門が閉まっていたので参拝することが出来ませんでしたが、この日は空いていました。

拝殿の写真。

こちらは参拝させていただきました。

 

この拝殿手前で見れるのが、灯篭の並ぶ景色です。

日光東照宮でも似たような灯篭の並ぶ景色が見れますよね。

 

御朱印

川越八幡宮で頂いたこちらの神社の御朱印はこちらです。

初穂料は500円。

 

川越八幡宮で、東照宮の御朱印もお願いしますと言うと頂くことができます。

仙波東照宮の階段手前にある茶屋でも御朱印を頂くことが出来るそうなので、東照宮のみ参拝する方はその場でも頂くことが出来ます。

仙波東照宮へ行ったら、ぜひ近くにある喜多院や成田山新勝寺川越別院にも行ってみてください。

 

 

仙波東照宮へのアクセス

住所 埼玉県川越市小仙波町1-21-1
電話番号 ありません
開門時間 不明 ※日中でも開門していない日もあります
御朱印受付時間 川越八幡宮で頂く場合 9:00~17:00
駐車場 有料(喜多院の有料駐車場が最寄りです)
最寄り駅からのアクセス 東武東上線、JR埼京線、有楽町線「川越駅」東口より 徒歩20分

西武新宿線「本川越駅」より 徒歩9分

公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

川越のメインストリート 蔵造りの街並みの方へ進んでいくと蓮馨寺れんけいじ川越熊野神社喜多院(川越大師)成田山川越別院仙波日枝神社があります。

 

少し離れた場所に縁結び風鈴が有名な川越氷川神社があります。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。