【日光】こだわりの御朱印で話題!森友瀧尾神社へ行ってきた【栃木の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは森友瀧尾たきのお神社です!

安産や子授けに御利益があると言うことで有名な神社です。

御朱印が特徴的な神社でもあるのです。

 

早速紹介していきます!

 

神社の概要

  • 御祭神:田心姫命、大己貴命(大国主命)、味耜高彦根命あじすきたかひこねのみこと軻遇突知命かぐつちのみこと
  • 御利益:縁結び、子授け、安産(子宝)
  • 例大祭日:12月15日
  • 創建:1242年
  • 御由緒

1242年建長4年後深草天皇の時、田心姫腰掛の地(767年日光へ勧請される途中休息された所)に御祭神として祀られ、1916年再度現在地に遷座する。

 

※栃木神社庁 森友瀧尾神社のページより引用

 

実際の様子

鳥居と狛犬と手水舎

神社の鳥居と狛犬はこちら。

神社の鳥居は小さめの大きさでした。

狛犬さんはかなりもふもふボディです!

 

鳥居の先を進むと、すぐ左手に手水舎があります。

石の鉢の中から、水が湧き出るようになっている手水舎です。

こちらで手を清めてから先へ進みます。

 

拝殿と腰掛石

こちらが拝殿です。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

こちららの注連縄は縁結びや子宝に御利益があります。

2本の縄は男性、女性を意味しており、垂れる3つのふさは3人の子供をあらわしています。

こちらの注連縄は、毎年例大祭前に作られて奉納されるので、1年ごとに変わるのです。

出雲大社の注連縄に形が似ているなぁと思っていたら、まさにその出雲大社の注連縄作りをしている方が指導をしてこの注連縄を作るようになったそうです。

毎年この注連縄の為に、5月末に土曜日におお杉御田植祭を、8月中旬におお杉青刈り祭を行います。

青刈りし乾燥させた高品質の青藁を厳選し、毎年この注連縄を作るのです。

 

右手へ進んでいくと通路があります。

道に従い進んでいくと腰掛石がありました。

屋根のついた場所にあるので、雨の日でも濡れないようになっています。

脇にお賽銭箱が設置されているので、こちらにもお賽銭を奉納し、参拝させて頂きました!

 

腰掛石の近くには大きな枝垂れ桜があります。

福島県三春町にある有名な三春の瀧桜の子供です。

春には桜の花が咲き、立派な姿が見られそうですねぇ。

 

御朱印

拝殿の左手にある社務所で御朱印を頂くことが出来ます。

こちらの神社では神職さんが不在の場合でも授与時間内であれば書置きの御朱印を頂くことが出来ます。

ただしその場合、用意されている数には限りがあるので、なくなり次第終了です。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらの2種です。神職さんが不在だったので、用意されていた書置きの御朱印を頂きました。

初穂料は各300円。人がない為、お賽銭箱の中へ初穂料を納めました。

 

腰掛石の御朱印(左)と神社の御朱印(右)です。

腰掛石は金色の印、神社の御朱印には緑色の注連縄の印が押されています。

どちらもこの神社の由緒あるものなので、神社らしさが出ていて素敵です。

また、神社の御朱印には「縁」、腰掛石の御朱印には「子宝」とそれぞれの御利益が書かれているのも特徴的なポイントですねぇ。

 

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

 

アクセス

住所 栃木県日光市森友995
電話番号 0288-22-5732
開門時間 24時間
御朱印受付時間 8:00~17:30
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 最寄り駅から離れているので車で行くのがおすすめです
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

大室方面へ進んでいくと大室高靇神社があります。

 

今市方面へ進んでいくと報徳二宮神社、今市の瀧尾神社があります。

 

更に日光方面へ進んでいくと、有名な日光東照宮二荒山神社日光山 輪王寺があります。

 

栃木県内にある神社やお寺をまとめた記事はこちらです。

栃木観光の参考にしてみて下さい!

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。