戸越八幡神社へ行ってきた【東京の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは戸越八幡神社とごしはちまんじんじゃです!

戸越銀座からのアクセスが良好な神社で、何度もテレビで紹介されている有名な場所です。

商店街から少し歩いた先にある神社で、自然豊かでおもてなし精神満載のとってもほっこりする神社ですよ〜

注意

戸越銀座の近くにある八幡さまですが、はじめて参拝する人は戸越銀座経由で行くと少し迷うかも。

私もその1人でしたが、近くまで行ったらローソンのある角を奥へ曲がりましょう。

すると、住宅街の中に戸越八幡神社の鳥居があり、辿り着くことができるはず。

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:応神天皇
  • 御利益:厄除、家内安全など
  • 例大祭日:9月第2土日
  • 創建:1526年

御由緒

当神は人皇百四代後柏原天皇の大永六戌丙年八月十五日、村内藪清水水源地から御神体が出現し、行永法師が草俺に奉安して、山城国(京都府)石清水男山八幡宮の御分霊を勧請して倶に祀ったのが、創立の起源であると伝える。

御祭神は誉田別命「応神天皇」で、深く内外の政治に意を用いて、文学を奨励し殖産興業を盛にし多くの池溝を開き灌漑の便を計り、大船を作って交通の道を開き、朝鮮の百済王から縫衣工女真毛津を呼び、弓月君が百二十七県の民を連れて帰化し養蚕絹織を始め、阿直岐が良馬を引いて来博士王仁が論語千字文を携えて来た。

 

※公式サイトより引用

 

実際の様子

正面の鳥居と参道と手水舎

戸越八幡神社の正面の鳥居。

手前には「村社 八幡神社」と書かれています。

 

戸越八幡神社の注目ポイントの1つは参道です。

本殿へと真っ直ぐ伸びている趣のある参道です。

こちらは反対側から撮影した写真。

 

新緑の季節にリベンジ!

緑が映える素敵な参道ですね~!

戸越八幡神社の公式サイトのトップ画面になっている参道の写真は、もっと素敵な写真なので是非そちらも見てみてください。

戸越八幡神社公式サイトはこちら

 

参道を進むと、社務所の近くに手水舎があります。

龍のいる手水舎です。

本殿と狛犬

こちらの社殿は、拝殿が無く、本殿のみとなっています。

参拝はこちらにさせて頂きました。

 

少し遠めから撮影した本殿。

大きくて立派です。

 

狛犬は手水舎を少し進んだ先にあります。

足元には2匹の子供がいる大きな狛犬です。

境内にあるダーツや輪投げは結果が良いとお守りを頂くことが出来ます!

神楽殿の手前に、くまのプーさんのダーツがあります。

真ん中のプーさんに入った人は、1日先着5人限定でお守りを頂くことが出来ます。

 

神輿庫の近くには運試し輪投げもありました。

こちらは全ての的に一つずつ輪を入れられたら、こちらの神社の限定お守りを頂くことが出来ます。

1人1日1回しかチャレンジ出来ません。かごの中に8つの輪が入っているので、これを投げて的を目指しましょう。

私は挑戦しましたが、1つも入りませんでした…意外と難しいですな…

どんどん進化していく境内

御朱印を待つ間、境内に用意されているソファで待つことが出来ます。

ソファなどの詳細は御朱印と共に紹介しているのですが、はじめて伺った2018年1月から比べ、2018年12月にはどんどんこの待合の場所が進化している様子を感じました。

まず注目したいのはパラソル。猫ちゃんのぬいぐるみが上で寝てます。

見つけた時、本物の猫かと思ってちょっとびっくりしました笑

本物の猫ちゃんが境内を歩いていることもあるので、見つけたらほっこり癒されましょう~

 

そしてこれ!

何の機械だかわかりますか??

これ、充電スポットなんですよ…!!!

ケータイなどの電池がなくなったら充電できちゃう便利アイテムです。

神社でこんな現代的なものを見かけるのは中々に珍しい気がするのは私だけでしょうか…??

 

戸越八幡さんは伺う度に新しい発見がある素敵な神社さんです。

御朱印

初穂料は様々なので、それぞれの御朱印ごとに書いていきます。

2018年1月に頂いた御朱印

2018年元旦から限定300体で頒布されていた鶏徳開運御幣と御朱印のセット。

初穂料1000円です。

紙の御朱印ですが、半紙ではなく厚紙で光沢のある用紙でした。

 

帳面に書いて頂いた2種類の御朱印。

どちらも通常頂ける御朱印です。

初穂料は左が300円、右が500円。

 

千鳥の絵が書かれた左の御朱印は、日曜日以外は通常紙のみの頒布になります。

この500円の御朱印は、戸越八幡神社のご神体が豊かな水の泉から出現されたというこの神社の由緒を元にデザインされたものです。

戸越八幡神社を代表する御朱印でもあります。

 

見開きサイズの紙の御朱印。

初穂料は500円。

鶴のイラストが描かれている御朱印です。

月ごとに見開きサイズのイラストが描かれた御朱印が5種類くらい登場するので、毎月楽しみですね。

2018年3月に頂いた御朱印

お正月にも頂いた千鳥の御朱印。

真ん中には金色の印で「戸越八幡神社」の文字が書かれています。

日曜日のみ御朱印帳に書いて頂ける御朱印なのですが、平日に伺ったところ「帳面にお書き致しますね」と神社の方が言ってくださり、書いて頂くことが出来ました。

平日でも書いて頂ける場合があるようなので、御朱印帳に書いて頂きたい方は、一度聞いてみると良いかもしれません。

 

こちらの2種類も御朱印帳に書いて頂いたひなまつりの御朱印です。

お内裏さまとお雛さまの2種類があります。

初穂料は各500円。

お内裏さまの右隣に犬のシールを貼って頂きました。

今年の干支にちなんでいるようです。可愛いですねぇ。

 

こちらの金色と銀色の御朱印は書置きの紙の御朱印です。

初穂料は各500円。

2018年4月に頂いた御朱印

4月限定御朱印のうち、御朱印帳に書いて頂ける2種類の御朱印を頂きました。

左は桜の印が押された「戸越八幡神社」の御朱印、右は「幸せの卯月」と書かれた御朱印です。

見開きでお願いしたところ、帳面全体に桜の花びらが舞っているようでとても綺麗でした。

2018年6月に頂いた御朱印

6月限定御朱印のうち、御朱印帳に書いて頂ける2種類の御朱印を頂きました。

4月と同じ見開きになっている御朱印です。

藤の花と季節を感じる紫陽花が綺麗な御朱印です。

 

書置きの御朱印のうち1種の御朱印も頂きました。

夏越の大祓のことが説明されている御朱印です。

2018年8月に頂いた御朱印

8月16日以降限定で頂くことが出来る御朱印2種です。

色とりどりの花火と星空、そこを元気に泳ぐ鯛が可愛い御朱印です。

中央には、両面にかけて「目出たいね!」の文字が書かれています。

鯛と目出たいをかけているのですね~

2018年12月に頂いた御朱印

今回は帳面に通常頂ける御朱印のうちの1つである千鳥の御朱印と、書置きの開運招福(12月限定)を頂きました。

久しぶりに千鳥御朱印頂きました!やっぱり可愛いなぁ~

開運招福御朱印には西遊記の孫悟空らしきお猿さんの印が押されていました!

 

12月の月替わり御朱印はクリスマスのものだったそうで、クリスマスが過ぎたシーズンの御朱印の種類は少なくなっていました。

こだわりのはさみ紙

戸越八幡神社のはさみ紙は毎月変わります。

2018年1月のはさみ紙は犬と「今年もよいことありますように。」と書かれたはさみ紙です。

3月に参拝した際、2月と3月両方のはさみ紙を頂きました。

2月は節分、3月はひなまつりのイラストです。

どちらも「とごし八幡」の文字がありました。

4月は桜と蝶の印が押された紙でした。

4月のはさみ紙と共に、こちらのほこり取りシールを頂きました。

衣類、スマホやパソコンの画面に貼ってはがすと小さなほこりが取れるしくみになっているシールです。

 

8月に頂いたはさみ紙。

花火と共にいるのは桃太郎かな?

 

12月に頂いたはさみ紙(右)と感謝シール。

千鳥のいる通常御朱印を頂くと「ありがとう」と書かれたはさみ紙を頂くことが出来ます。

感謝シールは2度目以降の参拝者の人のみ頂けるシールです。

御朱印を頂く際「参拝ははじめてですか?」と聞かれたので、違いますと答えた所、こちらのシールを頂きました。

御朱印待ちの間にお茶とお茶菓子を頂きました!

こちらの神社では、御朱印をお願いすると、「待っている間にお茶をどうぞ」と、お茶とお茶菓子を渡してくれるのです。

その時その時で用意されているお茶菓子が違うようです。

お茶は日本茶で、熱過ぎない程よい温度になっているお茶なので、お茶菓子と一緒に美味しく頂くことが出来ます。

 

お茶が頂ける境内のスペース。

屋外なのにソファや椅子、テーブルが広く用意されていて、テーブルの上には本も用意されているので休憩することも出来ます。

 

2018年8月に参拝したところ、お茶がセルフサービスになっていました。

御朱印をお願いする際、お茶菓子としてうまい棒1本を頂きました。

「お茶はソファのそばにあるので、ご自由にどうぞ」とのことです。

すぐ隣には使い終わった紙コップなどのごみを捨てるためのカゴも用意されていました。

社務所の方の対応も笑顔が素敵で親切なので、とてもあたたかい気持ちになる神社です。

ちく

限定御朱印情報

毎月月替り御朱印が登場します。

帳面に書いて頂ける御朱印、イラスト入りの書置御朱印など、毎月いくつもの限定御朱印が登場します。

毎年、同じ月でもデザインが変わるようなので、同じデザインのものはもうその時しか手に入らない御朱印です。

 

季節のイベントに合わせて当日のみ限定御朱印が登場する場合があります。

元旦や七夕など、特定の時期にのみ当日のみ限定御朱印が登場する場合があります。

アクセス

住所 東京都品川区戸越2-6-23
電話番号 03-3781-4186
開門時間 不明
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 ありません
最寄り駅からのアクセス 都営浅草線「戸越駅」より 徒歩8分

東急池上線「戸越銀座駅」より 徒歩10分

東急大井町線「戸越公園駅」より 徒歩10分

東急大井町線「下神明駅」より 徒歩12分

公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

五反田駅の近くに雉子神社があります。その隣の大崎駅の近くに居木神社があります。

【五反田】雉子神社へ行ってきた【東京の神社】 居木神社(いるぎじんじゃ)へ行ってきた【東京の神社】

 

少し歩いて移動すると下神明天祖神社上神明天祖神社磐井神社があります。

下神明天祖神社へ行ってきた【東京の神社】 【白蛇さま】上神明天祖神社へ行ってきた【東京の神社】 磐井神社へ行ってきた【東京の神社】

 

その他の東京都内の神社仏閣情報や限定御朱印情報はこちらの2つの記事でチェックしてみて下さい!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在239箇所】

 

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在239箇所】

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。