青春と音楽が見事に混ざり合う映画「サヨナラまでの30分」

こんにちわ。おはようございます。こんばんわ。マベ太郎です。

今回も映画に関する記事を書いていきたいと思います。

 

今回の記事は、予告編を映画館で観た瞬間から観たくて観たくてしかたなかった映画「サヨナラまでの30分」の感想とか見どころを書こうと思います!この映画、主人公の成長と青春、再生を音楽を通して楽しめる本当に最高の映画です!本当にいろいろな人に観てもらいたいです!そして、劇中のバンド”ECHOLL“の音楽も本当にテンションめちゃくちゃ上がります!本当におすすめの映画です!

サヨナラまでの30分前、とは?

そもそも、サヨナラまでの30分前という映画はどんな映画なのか?というのがわからないと思うので、まずは下の予告編を観てもらいたいです!映画の中で流れる曲もとても良い曲ばかりですよ~!

 

<ストーリー>

「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して。」

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然大学生の颯太が現れ、 メンバーのヤマケン、重田、森の日常にずかずか踏み込み再結成を迫る。
誰をも魅了する歌声を持ち、強引だがどこか憎めない颯太に、少しずつ心を動かされていくメンバーたち。
実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わる事ができ、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手で、はじめはアキを毛嫌いしていた颯太。
「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
30分ごとの入れ替わりを何度も繰り返す、正反対の2人の共同生活がスタート。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知る。
アキも颯太の体を使ってバンドを復活させ、音楽のある生活を取り戻したが、
「ECHOLL」を去った恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
そんな日々の中で颯太もカナに心惹かれていき、カナもどこかアキの面影を感じる颯太に、心を開き始める。
すべてがうまくいくように見えたが、ふとした事から颯太=アキなのではないかとカナは気が付いてしまう。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく——。

サヨナラまでの30分 映画HPより引用

映画の見どころ

ここからは自分的な映画の見どころを書いていこうと思います!少しでも映画の事を知ってもらって、映画館に足を運んでもらえるようになると嬉しいです!

2人の主人公とカナ、ECHOLLのバンドメンバー

今回の映画は、人付き合いが嫌いで自分の中に籠りがちな大学生”颯太“、1年前に死んでしまったバンド”ECHOLL”のボーカル”アキ“、そして、アキを失ったことで音楽から距離を置く”ECHOLL”のピアノ担当でアキの恋人である”カナ“、”ECHOLL”のバンドメンバー3人”山科健太“、”重田幸輝“、”森涼介“によって紡がれていきます。

登場人物それぞれには葛藤や悩みがあります。アキはメジャーデビューを前にして、交通事故で亡くなってしまっていて、自分が亡くなってしまった事で、カナは音楽と距離を置き、バンドを辞めてしまい、バンドはバラバラになり、解散してしまいます。アキは自分のせいで、カナの笑顔を奪ってしまった事、バンドを解散させてしまった事を後悔しています。

そんなアキに身体を貸す事になる“颯太”は、本当は音楽が好きで自分で作曲も行っています。時間があれば、近くの閉演してしまったテーマパークのプールで機材とパソコンを持ち込んで、こっそりと自分の曲作りをしてしまうくらい、自分に好きなものがありますが、その自分が作り出した音楽を決して外に出そうとしません。あくまでも自分が満足できれば良いと思っていて、また自分の音楽が誰かに否定されてしまうのではないか?というネガティブな考えが先に来るからです。

そして、カナは自分に音楽の楽しさ、そして、みんなで奏でる音の素晴らしさを教えてくれたアキという存在がいなくなってしまった事、また、その音楽の楽しさや素晴らしさを自分で何かで上書きして、忘れてしまうという事が無いように、音楽から離れてしまいます。バンドメンバーの皆も同じです。アキを失い、カナも音楽を離れた事で、バンドメンバーの3人も音楽から離れる事にしてしまいます。ただ、彼らの本当にやりたい事は音楽なのです。音楽の代わりにやっている仕事も、どこから退屈そうにこなしています。”音楽“という共通点を持っているこの5人がどのような心境の変化を誰かが誰かに与え、どんな変化をしていくのかがこの映画の魅力です!

ECHOLLというバンドの音楽

今回の映画でなんといっても、“ECHOLL”というバンドの演奏シーンが本当にキラキラ輝いていて、その場に居合わせているかの臨場感があって、自然と体が動いてしまいそうになります!”ECHOLL”のライブのシーンは回想シーンなども含めて、何度かありますが、観客を引き付ける声、そして、文字を追ってみたくなる歌詞の言葉の一つ一つ、ステージの上で躍動する”ECHOLLメンバー”。この映像を観ると、バンドメンバーでもないのですが、幸せを噛み締められます!青春って、こういうものだよな~っていう感覚が呼び出されます!僕はこの映画を観て、この映画が本当に好きになったので、サウンドトラック買ってしまいました!(笑)予告編でも流れるのですが、リード曲”瞬間”という曲が好きです。一度、聴いてみてください!

どうですか?この曲以外にも良い曲がいっぱいあります。そして、その曲それぞれが映画のシーン一つ一つと一体となって、心を震わしてきます。この文章を書いてる間にももう一度、この映画を観たくなってきました!

颯太を演じる、北村匠海さんとアキを演じる、新田真剣佑さんの演技

そして、この映画のストーリーも素晴らしく、その物語の中を縦横無尽に駆け回る、颯太を演じる北村匠海さんとアキを演じる新田真剣佑さんの二人の演技が素敵でした。本当に好きです!物思いに耽る顔から満面の笑み、誰かを想って流す涙、戸惑いと葛藤の中で思い悩む姿も本当に自分の感情が持っていかれてしまいます。

今回の映画の中では、”颯太”が一人で、颯太本人アキという2つの人格を演じ分ける必要があります。それは颯太本人を演じている時の他の人との距離感と、アキを演じている時の他の人との距離感が全く変わりますし、「俺にこじ開けられない扉はない」なんて言葉を口に出すポジティブなアキの雰囲気と、人とできる限り関わらずに自分のペースで活動する事を好む颯太の持つ雰囲気では全く違うのですが、その演じ分けが違和感なく、本当に乗り移っているかのように演じる北村匠海さんの演技がよかったです。

そして、アキを演じる”新田真剣佑さん”も自分が颯太の身体で、活動する事で少しずつ颯太自体が注目を浴びるようになっていく、自分が作り出した場所が少しずつ颯太の居場所にもなっていくという感覚、焦燥感のようなものだと思います。そして、30分しか入れ替わる事ができないという時間の制約が彼を縛っています。本当に必要な時、自分が出ていきたい時に、何もできない事もあるのです。そして、出ていったとしても姿はあくまでも”颯太“なのです。アキではないのです。アキではない自分にできる事には限りがありますし、颯太だからこそできる事というのもあります。颯太とアキという正反対の性格の二人が、この30分という時間を使ってこの映画の中でどんなエンディングを作り出していくのでしょうか。最後の場面は本当に身体のすべてが感動に包まれる、幸福感に包まれるそんな感覚になりました。

 

さて、いかがでしたでしょうか。今年、この映画を観れて本当によかったと思います!映画館で、大きなスクリーンでそして、良い音響でこの映画を堪能してもらいたいです!そして、”ECHOLL”というバンドで颯太、そしてアキが奏でる音の粒の一つ一つを全身で浴びて、幸せを受け取ってもらいたいです。そういえば、今ふと思い出しましたが、音楽プロデューサー役で出演している”松重豊さん”が演じる、吉井さんという方の言葉もとても良い言葉でした。グッと来ました。そして、その一言で救われる人もいます。名言や名演が光る本当にいい映画です。観て後悔することはないと思いますので、本当に一人でも多くの人に観てもらいたいです!よろしくお願いします!

あぁ~早くサウンドトラック来ないかな~サウンドトラックが届くのを楽しみにしています♪♪ それではまた~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。