「あの花」「ここさけ」の長井龍雪監督 最新作「空の青さを知る人よ」少しネタバレと感想

こんにちわ。おはようございます。こんばんわ。マベ太郎です。

今回も映画に関する記事を書いていきたいと思います。

 

さて、今回の記事は「あの花」や「ここさけ」といった大人でも泣ける感動作を世に送り出してきた長井龍雪監督の最新作「空の青さを知る人よ」です。
本作は、音楽一本で他に興味なしの高校生のあおい、あおいの事を母親の代わりに育ててきた姉のあかね、あかねの目の前に突如現れたあかねの元恋人の慎之介、そしてあおいの練習場所に現れた慎之介の高校生の姿をした、しんの4人の過去の約束、後悔、気持ち、恋心を儚く、そして愛おしく観せてくれる映画です。

空の青さを知る人よとは?

「あの花」も「ここさけ」も知らない!どうせ、良くあるアニメ映画でしょ?と思われた方やどんな映画なのかわからない。という方もいらっしゃると思いますので、まずは、予告編を見てみてください。

 

ストーリー
山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。二人は、13年前に事故で両親を失った。当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。姉の人生から自由を奪ってしまったと…。そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンとして、ある男の名前が発表された。金室慎之介。あかねのかつての恋人であり、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人。高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が、ついに帰ってくる…。それを知ったあおいの前に、突然“彼”が現れた。“彼”は、しんの。高校生時代の姿のままで、過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。思わぬ再会から、しんのへの憧れが恋へと変わっていくあおい。一方で、13年ぶりに再会を果たす、あかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

空の青さを知る人よHPより引用

予告編はどうでしたか?もし気になったら、映画館へ行って鑑賞しましょう!

 

各キャラクターについて

さて、ここからは各キャラクターの事をもう少しだけ紹介したいと思います。少しネタバレを含む内容になっているので、もしネタバレをされたくなかったら、映画を観てから読んでもらえると嬉しいです!

相生あおい:上京してミュージシャンになることを夢見る、高校生

相生あおいは、幼くして両親を失い、姉である”あかね”に育てられてきた、高校生です。彼女は音楽が好きで、ベースを背負い、時間があればベースの練習を行っています。こんなにも熱心にベースの練習をする理由は小さなころに当時高校生だった慎之介に「強い憧れ」を抱いていたからだと思います。あおいが幼いころにカッコよく見えた、そして同じ眼の中に「ほくろ」がある「目玉スターズ」としてチームになれた事がきっと、幼心に大きな影響を与えたのでしょう。そして、その幼いあおいにもう一つに大きな影響を与える、もう一つの悲しい出来事は両親が幼くして、亡くなってしまった事。そして、あおいの姉である、あかねを田舎という巨大な牢獄の中に閉じ込めてしまったという事。予告編でも、彼女は「私たちは巨大な牢獄に収容されているの」という言葉をあかねに告げていますが、そこには幼くして両親を亡くしてしまった事で、あおいの面倒を見る親役をどうしてもあかねが努めなければならず、あかねの青春を奪ってしまった。そして、あかねと慎之介が東京へ行くはずだったのに、あおいが引き留めてしまったと思っており、後悔しているんです。もし、引き留めなければ、あかねと慎之介は今でも一緒にいて、きっとあかねは理想的な幸せな世界へ行くことが出来たと思っているのです。自分があかねを縛ってしまっている事が許せないあおいは、東京へ行く事であかねから離れ、あかねを自由にしてあげたいと思っています。なんとも姉想いのあおいですが、あかねの本当の気持ちや想いにもちゃんと向き合えているのでしょうか?

相生あかね:幼くして両親を亡くし、あおいの親代わりとなった姉

相生あかねは、あおいの姉であり、幼くして両親を亡くし、高校三年生の時からあおいの親代わりとなって、自分の人生をあおいに尽くしてきています。そんなあかねは、両親を亡くした当時、慎之介とは恋人の関係であり、卒業後はともに東京へ行くことを約束していたが、あおいの親代わりとなるため、東京へ行くという夢を諦めて、あおいに尽くす人生を選択しています。それ以降は慎之介との連絡は途絶えてしまい、今では慎之介がどこで何を行っているのかすら知りません。あかねには両親もいないため、きっと頼れる人もおらず、一人であおいとの二人の世界を守ってきたんだと思います。そんなあかねを見て、あおいは姉は自分がいたから、姉の自由を奪ってしまったと思ってしまっています。でも、あかねにとってあおいこそが「最愛の人」で、理想の世界なのだと思います。その愛情の深さは慎之介への愛情よりも深く、広いものなのではないでしょうか。妹のために、料理のレシピを覚えて、その料理を頬張って笑顔を見せるあおいの姿が好きで好きでたまらなかったんだと思います。それでも、心のどこかでは、慎之介という存在をどこかでは拠り所にしています。彼がソロでプロデビューした際のCDも買って、聴いていたのですから。いつか、彼が夢を叶えて、ここに戻ってくる事を心の片隅では夢見ているのではないかと思います。

金室慎之介:プロミュージシャンを夢見て上京した、あかねのかつての恋人

金室慎之介はプロのミュージシャンを目指して、高校卒業と同時に上京したあかねのかつての恋人です。本当は、高校を卒業すると同時にあかねと一緒に東京へ行く事になっていたのですが、あかねとあおいの親が亡くなってしまった事によって、その約束は叶わなくなってしまいました。慎之介は東京に行くべきか、それとも恋人であるあかねと一緒に地元に残り、プロのミュージシャンを諦める代わりにあかねと共に生きるべきか、きっと悩んだんだと思います。どちらを選んでも、きっと何かを捨てる事になってしまうのですから。結局は、上京することを選んだのですが、それ以降、あかねとの疎遠になってしまいます。なぜなら、プロのミュージシャンになるという夢も道半ばで、あかねをカッコよく迎えに行く事ができなくなってしまったからです。そんなカッコ悪い姿をきっとあかねに見せたくなかったのでしょう。そして、そんな姿になってしまっているという事をあかねに悟られたくもなかったのでしょう。現在は、大物歌手のバックミュージシャンとして、活躍することになっています。今回は、その大物歌手が地元の秩父で行う音楽フェスの招待された事によって、自分の意志ではなく、地元へと凱旋する事になったのでした。慎之介にとっては忘れたかった、カッコいい過去の自分とかつての恋人であるあかねを思い起こさせる故郷。今回の帰郷を通して、慎之介はどのような変化が起こるでしょうか?

もう一人の慎之介「しんの」:13年前、高校卒業時の姿であおいの前に現れた、慎之介

もう一人の慎之介、「しんの」は、13年前の姿のまま、突然、あおいのベースの練習場所に現れました。13年前の姿のままで、そして、その練習場所から一歩も出る事が出来ません。それでも、慎之介の地元への凱旋と時を同じくして、ここに降り立ったという事には何らかの意味があるのだと思います。そして、「しんの」はあかねへの想いを全く曇らせる事なく、13年前の卒業時のまま持ち続けています。なので、自分がすぐにあかねのもとに行って、ずっと一人で頑張ってきたあかねを迎えに行ってあげたいと思っています。彼がなぜここに現れて、なぜ囚われてしまっているのか。その謎を解く鍵はこの場所がどういった場所なのか、そして、この場所にどういった想いを閉じ込めてしまっているのか?という事です。

 

さて、各キャラクターの印象はどうでしたか?今回の作品も誰も彼もが色々なそれぞれの想いを抱えていて、誰かが誰かのために、悩んで考えて決断をしていきます。とても初恋の儚さとか甘酸っぱかった気持ちが楽しめます。そしてエンドロールまで楽しめます。エンドロールに入ったからといって、席を立たずに最後まで観てください。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。