【境町】こだわり御朱印が話題の神社!境香取神社へ行ってきた【茨城の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは茨城県猿島郡境町にある境香取神社(@sakai_katori)です!

御朱印が話題の神社ですよ~!

 

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:経津主大神
  • 相殿神:誉田別命
  • 御利益:国家鎮護など
  • 創建:不詳
  • 御由緒は不明です

実際の様子

神社の入口と鳥居

神社の入口はこちら。

車で行く場合は、おそらくこちらの鳥居をくぐらず、脇から境内へ入る流れになると思います。

鳥居をくぐり、先へ進みましょう。

するともう1つ鳥居がありました。

 

別角度から見た同じあたりの景色。

こうしてみると、大きな木があることがわかります。

 

2つ目の鳥居をくぐると、すぐ左手に手水舎があります。

参道とたくさんいる狛犬たちと花々

参道をまっすぐ進んでいきましょう。

すると、途中にたくさんの狛犬たちがいます。

でこぼこの岩にのった狛犬と、しっかりとした土台にいる狛犬です。

伺ったのは2月、境内には梅の花が咲いていました!

ちく

この他にも獅子岩のようになっているものも。

そうそう、参道の途中には変わった形の木がありました!

こちらは馬酔木あせびの木です。特徴的なお花が咲いていました。

忠霊碑と手水舎

参道の途中、右手に忠霊碑があります。

こちらの石碑の手前には蝋梅ろうばいが咲いていました。

 

更に先へ進んでいくと参道の途中、右手に手水舎があります。

こちらで手を清めてから先へ進みましょう。

手水舎の奥に駐車場があります。更に駐車場の奥に牡丹園があります。

5月頃になると、牡丹の花を見ることが出来るのだそう!

拝殿と舞殿

参道を進んでいくとつきあたりに拝殿があります。

こちらへ参拝させて頂きました!

 

拝殿の右手に社務所があります。その隣には舞殿がありました!

いわゆる神楽殿です。たくさんの御神酒が奉納されていました。

境内にあるたくさんの境内社

拝殿の左手に更に進む道があります。

この道のつきあたりにあるのは境内社の天満宮です。

こちらには菅原道真公が祀られており、天神さまの名で親しまれています。学問や至誠、厄除の神様です。

 

天満宮の左手に参拝順路と書いてある看板があります。

この看板の先を進んでいくと、伊勢神社がありました。

天照皇大御神が祀られており、別名 大日霊おおひるめの名で呼ばれています。伊勢神宮 内宮の神様が祀られているんですよ~

太陽神である、皇祖神です。国家安泰や子孫繁栄、五穀豊穣や生命力向上に御利益があります。

▼伊勢神宮 内宮の記事はこちら

【お伊勢参りを徹底紹介!】ちくの伊勢神宮参り~その3 内宮編~【三重の神社】

伊勢神社の向かい側あたりに小さな用水路になっている場所があります。

ここにかかる橋の先に厳島神社がありますが、現在は整備中で参拝することは出来ません。

 

順路を進んでいくと、鳥居ともう1つ境内社があります。

こちらの写真に写っているのは下田権現神社です。

こちらにも伊勢神社と同じく天照皇大御神(大日霊)が祀られています。

 

鳥居の先に階段が続いており、その先に浅間神社があります。

こちらには木花咲耶媛命が祀られています。酒解子神さけとけのこのかみとも呼ばれています。

安産子授け、農業漁業、火防、織物業守護の神様として親しまれています。

 

順路を進んでいくと、最初に歩いてきた参道の途中に戻ってきました。

こちらは参道の途中、左手にある2つの境内社です。ちょうど馬酔木の木の奥の方にあります。

左は太子宮、右は水神宮です。

太子宮には聖徳太子が祀られています。聖徳太子は、厩戸皇子うまやどのおうじ/豊聡耳とよさとみみ/上宮王かみつみやおうとも呼ばれています。職工、建築建具の神として親しまれており、夢成就や学業成就、身体健全、交通安全にも御利益があります。

水神宮には罔象女神みずはのめのみこと(弥都波能売神)が祀られています。水神様として親しまれている神様です。水難除け、農業や商業守護に御利益があります。

 

こちらは狛犬たちの近くにある境内社。

左は大杉神社/恵比寿社、右は白山神社です。

大杉神社には大己貴神(大国主神)/恵比寿社には恵比寿(事代主命)が祀られています。七福神の大黒天と恵比寿が祀られています。

大己貴神は縁結びや悪縁切り、起業経営、厄除の御利益があります。恵比須は商売繁盛、除災招福、五穀豊穣、大漁守護に御利益があります。

白山神社には菊理媛命くくりひめのみことが祀られています。別名 白山比咩命しらやまひめのみことと呼ばれています。縁結びや和合、罪や穢れを祓う、五穀豊穣、山や海の神、万事をくくる(まとめる)神として親しまれています。

 

場所は最初のほうに戻ります。

2つ目の鳥居をくぐってすぐ、神輿庫の隣にある境内社です。

こちらは稲荷神社(正一位稲荷大明神)

宇迦之御魂大神(御倉神/豊受気毘売神)が祀られています。

商売繁盛や産業興隆、家内安全、芸能上達、交通安全、商工業や穀物、稲作の神として親しまれています。

境香取神社は、たくさんの神様が祀られており、心がほっこりするパワースポットでした!

境内社1つ1つに解説が書かれた看板があり、わかりやすくなっていましたよ~

ちく

御朱印

御朱印は拝殿の右手にある社務所で頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印(2種)

今回頂いた御朱印はこちらの2種です。

左は御祭神御朱印、右は通常御朱印。

初穂料は御祭神御朱印が500円、通常御朱印が300円。

 

同じ神社で頂いた御朱印ですが、それぞれ違いがあって素敵~!!

墨書きの字に味があって魅力を感じますねぇ。

日曜日に御朱印を頂きに行ったら凄く混んでいたけれど、心がほっこりしたお話

境香取神社の限定御朱印は、主に毎週日曜日に授与していることが多いので、私も日曜日に伺いました。

授与開始5分前くらいに伺ったところ、既に10人くらい並んでいました。

 

9時の少し前になると、宮司さんやその奥様、更にお子さんまでやってきました。子どもは女の子で、小学生?中学生?くらいの子です。

並んでいる人々に、宮司さんたち皆さんが「おはようございます」と挨拶をし、準備をしてから御朱印受付が開始されました。

朝から素敵な挨拶をして下さる宮司さんのご家族の対応に心がほっこりしました。

 

かなり御朱印待ちの時間が長く、1時間半くらい外で待ちました。

そして自分の番が来て御朱印帳を受け取ると「大変お待たせしました」と、お子さんから御朱印帳を受け取りました。

凄くしっかりした子だなぁ…と凄く関心しつつ、この丁寧な対応に心がまたまたほっこりしました。

冬だったので待っている間は寒かったですが、それを忘れるくらい素敵な対応をして頂き、心がとってもあたたかい気持ちになりました~

ちく

限定御朱印情報

毎月、1日と16日に月次祭限定御朱印が登場します。

他にも1月に正月限定御朱印、2月に節分や初午祭などの限定御朱印が登場します。

それ以外の限定御朱印は日曜日に登場します。

最新情報は公式Twitter(@sakai_katori)をチェック!

アクセス

住所 茨城県猿島郡境町宮本町1758
電話番号 0280-87-0789
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00〜17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 最寄り駅から離れているので車で行くのがおすすめです
公式サイト ありません

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

同じ境町に伏木香取神社があります。

【境町】おもてなしにほっこりする御朱印が話題の神社!伏木香取神社へ行ってきた【茨城の神社】

その他の茨城の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

【限定御朱印情報もあるよ!】王道から穴場まで!茨城で御朱印を頂くことが出来る神社&お寺まとめ

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。