【新橋】烏森神社へ行ってきた【東京の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは新橋にある烏森神社からすもりじんじゃです!

可愛い御朱印を頂けることで有名な神社です。お祀りしている主祭神が倉稲魂命うかのみたまのみこと(稲荷神社の主祭神)なので、別名烏森稲荷とも呼ばれています。

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:倉稲魂命
  • 相殿神:天細女命あめのうずめのみこと瓊々杵尊ににぎのみこと
  • 御利益:必勝成就、商売繁盛、技芸上達、家内安全
  • 例大祭日:5月4日、5日、6日
  • 創建:940年

御由緒

平安時代の天慶3年に、東国で平将門が乱を起こした時、むかで退治で有名な鎮守将軍藤原秀郷(俵藤太)が、武州のある稲荷に戦勝を祈願したところ、白狐がやってきて白羽の矢を与えた。その矢を持ってすみやかに東夷を鎮めることができたので、秀郷はお礼に一社を勧請しようとしたところ、夢に白狐が現れて、神鳥の群がる所が霊地だと告げた。そこで桜田村の森まできたところ、夢想のごとく烏が群がっていたので、そこに社頭を造営した。それが、烏森稲荷の起こりである。

 

※公式サイト(神社の創始)より引用

実際の様子

参道

こちらが参道。ここから境内へ歩いて向かいます。

ひなまつりシーズンの参道には、ピンクのひなまつりの旗が並んでいます。

手水舎

こちらの神社、手水舎らしい柄杓のある鉢がありません。

唯一水の流れている場所がこちらです。

柄杓はありませんが、こちらで手を清めました。

拝殿

拝殿の写真がこちら。

コンクリートで出来ている都会らしい場所です。

ひなまつりシーズンには、ピンクの雛祭と書かれた提灯がありました。

心願色みくじ

こちらの神社には心願色みくじと言う、願い事に合わせて4色のおみくじの中から1色を選んで引くおみくじがあります。初穂料は500円です。

それぞれの色の御利益はこちら

→恋愛、良縁

→金運、幸運、商売

→厄祓、仕事学業

→健康家庭

社務所でおみくじを引いて、何色のおみくじにするか伝えます。

最近、我が家のインコ、ぽこが手術をしたので、インコ達の健康を願い、緑のおみくじを選びました。

緑色のおみくじとお願い札、お守りを頂きます。

お願い札に願い事を書き、境内にある結び処に結んで帰ります。

お願い事を書くスペースに、それぞれの色のパンが用意されているので、自分の選んだ色のペンでお願い事を書きます。

書くスペースと結び処は、何箇所か設置されています。

結び処もそれぞれの色の暇があるので、自分の選んだ色の紐に、お願い札を結んで帰ります。

MEMO
このおみくじには、超大吉と言う大吉があり、それを引くと福分けセットと言うお守りなどが入ったセットもゲット出来るので、是非烏森神社へ行ったらチャレンジしてみて下さい!

また、おみくじと一緒に頂ける願い玉と言う玉(写真の左上に写っているもの)は、次に来た時に同じ色のおみくじを引くと、更に大きな願い玉に交換して頂くことが出来ます。

ちなみに私は末吉でした。

御朱印

何度か参拝して御朱印を頂いているので紹介していきます。初穂料は全て500円です。

例大祭限定御朱印

ゴールデンウィーク中にこちらの神社の例大祭があります。

2016年に頂いた例大祭限定御朱印。

烏森神社の文字が金色で書かれている御朱印です。

 

こちらは2018年に頂いた御朱印。

正月限定御朱印(2018年)

お正月限定御朱印です。2018年は貰える期間が1月中旬まででした。

右側に新春参拝の文字が書かれています。

正月限定御朱印(2019年)

2019年のお正月限定御朱印はデザインが変わっていました。

中央の印が金色になっている豪華なデザインです。

ひなまつり限定御朱印

ひなまつり限定の御朱印です。

2017年までは1日300枚限定でしたが、2018年からは上限なく頒布をしています。

ピンクの可愛い御朱印です。

 

烏森神社と言えば、御朱印と一緒に頂けるお守りなどがあるのも特徴の1つです。

ひなまつりの御朱印を頂いた時は、ひなまつり御守と梅茶を頂きました。

写真の左下に写っているシールは、心願色みくじと一緒に頂けるステッカーです。

夏越の大祓限定御朱印

6月30日の夏越の大祓の限定御朱印です。

涼しい色合いが特徴の御朱印です。

2018年は枚数制限が無く、書置きのみでした。

七夕限定御朱印

7月7日の七夕まつり限定御朱印です。

左の7月7日と言う日にちの隣の短冊に、実際に参拝した日の日付が入っている御朱印です。

烏森神社の限定御朱印は約2週間~3週間と長いことで知られていますが、こちらの御朱印のみ1週間限定の御朱印です。

年越大祓限定御朱印

12月末に合わせて登場する年越大祓限定御朱印です。

右側に「年越大祓」と書かれています。その下にはこちらも金色の形代に「年越」と書かれた印が押されています。

左上のイラストは幸運の振り太鼓です。この太鼓は、実物が授与所にて販売されています。

 

こちらの神社は東京福めぐりの神社の1つでもあるので、そちらの御朱印も頂く事が出来ます。

通常いただける御朱印以外の御朱印を頒布している期間は、御朱印は1人1つしか頂く事が出来ないので注意しましょう。

限定御朱印情報

新春限定御朱印が1月中旬頃まで頂くことが出来ます

正月限定御朱印です。こちらはその年ごとに混雑状況によって授与期間が延長する場合があります。

 

1月28日から2月3日まで節分祭限定御朱印が登場します

節分に合わせて登場する限定御朱印です。

 

2月下旬から3月3日までひなまつり限定御朱印が登場します

 

4月中旬から5月6日まで例大祭限定御朱印が登場します

 

6月中旬から6月30日まで夏越の大祓限定御朱印が登場します

 

7月1日から7月7日まで七夕限定御朱印が登場します

七夕当日以外は、参拝日が書かれた短冊の印を押して頂くことが出来る御朱印です。

烏森神社の限定御朱印は参拝日当日の日付が記載されることが少ないのでとても珍しい御朱印です。

 

11月中旬から下旬にかけて新嘗祭限定御朱印が登場します

 

12月20日から12月31日まで年越大祓限定御朱印が登場します

アクセス

住所 東京都港区新橋2-15-5
電話番号 03-3591-7865
開門時間 不明
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料駐車場はありません。
最寄り駅からのアクセス JR「新橋駅」西口・日比谷口より徒歩2分・烏森口より徒歩3分
東京メトロ銀座線・都営浅草線「新橋駅」より 徒歩2~3分
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

同じ新橋駅が最寄りの神社に、日比谷神社もありますよ~!

 

築地市場の方へ進むと波除神社築地本願寺があります。

【専用御朱印帳もあるよ!】築地市場の近くにある波除神社(波除稲荷神社)へ行ってきた【東京の神社】

 

虎ノ門の方へ向かうと、虎ノ門金刀比羅や出世の階段で有名な愛宕神社青松寺があります。

オフィス街のパワースポット!虎ノ門金刀比羅宮へ行ってきた【東京の神社】 【虎ノ門】出世の石段がある愛宕神社へ行ってきた【東京の神社】 【虎ノ門】オフィス街にある山門が立派なお寺 青松寺へ行ってきた【東京の寺院】

 

東京タワーの方へ進むと、増上寺やその塔頭寺院である宝珠院、更に芝大神宮芝東照宮佛願寺幸稲荷神社があります。

大本山 増上寺へ行ってきた【東京の寺院】 東京タワーのすぐ近く!増上寺塔頭 宝珠院へ行ってきた【東京の寺院】 【大門/浜松町】芝大神宮&讃岐小白稲荷神社へ行ってきた【東京の神社】 東京タワーのすぐ近く!芝東照宮へ行ってきた【東京の神社】 【大門/浜松町】人の優しさに触れ合える親切なお寺 佛願寺へ行ってきた【東京の寺院】

 

その他の東京都内の神社仏閣情報や限定御朱印情報はこちらの2つの記事でチェックしてみて下さい!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在252箇所】

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。