【芳賀郡益子町】必勝祈願におすすめ!益子焼で有名な益子町にある鹿島神社へ行ってきた【栃木の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは栃木県芳賀郡の焼き物が有名な街 益子にある鹿島神社です!

勝負事の必勝祈願に御利益があることで有名な神社ですよ~

 

境内に益子焼の大盃が置かれている神社で、この盃を使った祇園祭は、関東の三大奇祭の1つとして知られています。

同じ三大奇祭で知られる神社のうち、茨城県龍ヶ崎市にある八坂神社へは私も訪れたことがありますよ~!

 

それでは、鹿島神社の様子を紹介していきたいと思います!

 

 

神社の概要

  • 御祭神:武甕槌命たけみかづちのみこと、ひやはひのみこと(漢字が出ないのでひらがなで記載しています)、甕速日神みかはやひのみこと
  • 御利益:勝負必勝、家内安全、交通安全、開運厄除
  • 例大祭日:11月15日
  • 創建:845年
  • 御由緒

仁明天皇の845年9月28日に創建、大永、永禄年間には宇都宮盛綱及び広綱などが守護職と称し、慶長9年には徳川家康より祭祀料として黒印を付せられ、慶安元年9月3代将軍家光のより社領7石の朱印を賜る。明治10年には村社に加列せられ、同年12年社殿を再建。

しかし、大正4年1月に大火に遭い、現在の社殿っは昭和2年10月4日に再建。その後、昭和56年に大改修工事を計画し、社殿銅板屋根葺替、社殿内天井新築、拝殿改修工事、回廊新築工事を行い、昭和57年5月31日竣工した社殿です。

 

※鹿島神社 由緒書きより抜粋

 

実際の様子

鳥居と手水舎

写真の中央あたりにある石造りの鳥居が鹿嶋神社の鳥居です。

手前に2つの大きなポールがありますね!

おそらくここに旗がたっている時があるのだと思います。

 

鳥居をくぐると、すぐ左手に手水舎があります。

こちらで手を清めてから先へ進みますよ〜!

 

拝殿と大盃と天地石

こちらが拝殿です。

朱色の社殿が色鮮やかでとても素敵です。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

拝殿のお賽銭箱の脇に大盃があります。

こちらの大盃は益子町指定の無形民俗文化財「御神酒頂戴式」で使われています。

毎年、7月24日の益子祇園祭の日に当番町の引継の儀式として、1年365年になぞり、約6.5リットルの熱燗を受当番の男衆10名で3杯飲み干す儀式が御神酒頂戴式です。

このお祭りは冒頭にも書いたように、関東三大奇祭の1つになっている珍しい儀式です。

 

拝殿の左手前には天地石があります。

天と地を表す2つの石、どちらも同じような石に見えますが、片方だけしっかりと足をつけている感覚が体験出来ると言う石です。

 

まず左側の石の上に立ち、誰かに両肩などを押して負荷をかけてもらいます。

その後、右側の石の上に立ち、同じように負荷をかけてもらいます。

 

天の石に立った時は、その負荷に耐えられます。地の石に立った時はその負荷に耐えられないはずです。

感覚が鋭い人は、どちらが天の石で、どちらが地の石かわかるはずだと言う不思議なパワーストーンです。

 

ちなみに実際に行った私は、左側の石のほうが負荷をかけても耐えられました。

正解はわからないので、私の感覚は鋭いのかどうなのか謎です…笑

しかし、同じような石のはずなのに、負荷に耐えられる石と耐えられない石があったのは確かでした!

 

境内社と夢福神

こちらは拝殿の左隣にある境内社 八坂神社です。

素盞嗚尊が祀られていますよ~!御神酒頂戴式がはじまったきっかけになった神社でもあります。

 

その近くにあるこちらは益子焼の陶祖と言われている大塚啓三郎氏を祀る社があります。

この土地らしい神様を祀っているので、益子焼と言う地域の特色と触れ合った記念に、こちらの神社へお参りするのも良いかもしれませんね!

 

神社の鳥居の左手側に夢福神像があります。バクの姿をしている像です。

栃木県内にある9つの夢福神のうちの1つで、こちらの夢福神は勝負必勝に御利益があります。

他の神社も訪れているのでわかるのですが、この神社の夢福神像はめっちゃリアルな獏なんですよね~!!

他の神社の夢福神はもうちょっとコミカルな感じの像が多いのです。ディズニーっぽい雰囲気なんですよ~!

 

背中に大きく夢と言う文字が書いてあります。

勝負必勝の御利益と言うことで、スポーツの勝利祈願で訪れる人が多いようです。

像の隣には野球の球やゴルフボールが奉納されていました。

 

この夢福神像の近くには大きな絵馬もあります。

「勝」と書かれた絵馬、勝負運を授けてくれること間違いなしですね!

 

御朱印

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は500円。

 

正月限定の書置きの御朱印を頂きました。ピンク色の和紙に書かれている御朱印です。

右上には「寿」と書かれており、縁起の良さそうな御朱印です。

左下の「勝」の印は通常の御朱印にも押されるこの神社の御朱印最大の特徴的なポイントです。

 

場合により宮司さん等が不在で御朱印対応をしていない日も…そんな時は郵送で!

鹿島神社は宮司さんや神主さんがいらっしゃらない場合はあります。

その時は参拝をした方に限り、公式サイトから御朱印帳と御朱印をセットで郵送注文することが出来ます!

 

鹿島神社の御朱印の郵送対応は、参拝をしたのみ対応して下さるそうです。

必ず一度参拝し、誰もいない場合のみ郵送での授与をして頂きましょう。

 

こちらが鹿島神社の通販ページです。

 

限定御朱印情報

icon-check-circle-o 正月限定御朱印が登場します。

書置きのみの御朱印です。今回私が頂いている御朱印が限定御朱印です。

この限定御朱印が登場している期間も、通常の御朱印を帳面に記帳して頂くことも可能です。

 

アクセス

住所 栃木県芳賀郡益子町益子1685-1
電話番号 0285-72-6221
開門時間 24時間
御朱印受付時間 8:00~17:30
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 真岡鐡道真岡線「益子駅」より 徒歩10分
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

益子のメインストリートから少し山の方へ進んで行くと坂東三十三観音の札所になっているお寺で、笑い閻魔が有名な西明寺があります。

 

車で少し移動すると同じ芳賀郡に芳賀天満宮やバイク神社が境内にあることで有名な安住やすずみ神社があります。

 

道の駅はがの方へ行くと祖母井うばがい神社があります。

 

栃木県内にある神社やお寺をまとめた記事はこちらです。

栃木観光の参考にしてみて下さい!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。