V字御朱印で話題!瀧野川八幡神社へ行ってきた【東京の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは瀧野川八幡神社たきのがわはちまんじんじゃです!

東京都23区のうち北区にあるこちらの神社は、御朱印の形が特徴的なことで知られている神社です!

 

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:品陀和氣命ほんだわけのみこと(応神天皇)
  • 御利益:必勝祈願、勝運、厄除など
  • 例大祭日:9月15日
  • 創建:1202年

御由緒

八幡神社っは旧滝野川村の鎮守で、品陀和氣命をお祀りしています。創建は1202年、また「江戸記」によると1189年に頼朝が観請したとの記述がありますが定かではありません。社殿の裏手からは縄文時代後期の住居址が発見されており、社地は考古学的にも貴重な遺跡に立地しています。

※瀧野川八幡神社 御朱印はさみ紙より引用

実際の様子

鳥居と手水舎

神社の正面の鳥居はこちら。

こちらの鳥居から先へ進みます。

 

入ってすぐ、左側に大きく八幡神社と書かれていました。

この写真の右側に写っている整備された道が参道です。

 

参道を進むとすぐにこちらの手水舎があります。

手水舎は人感センサーが付いているので、近くへ行くと、水が流れるようになっていました。

拝殿と手水舎

こちらが拝殿。夏越の大祓の前に参拝したので、茅の輪が用意されていました。

こちらへ参拝させていただきました。

 

拝殿から右奥へ進むと、境内社があります。

この境内社は、稲荷社、富士社、榛名社の3社が合祀されています。

境内の狛犬

瀧野川八幡神社へ実際に参拝してみて感じたのは狛犬の多さです。

規模がそこまで大きくない神社ですが、合計3組の狛犬が置かれていて、珍しいなと思いました。

それぞれを写真付きで紹介していきます(各狛犬の片方の写真を載せています)

 

まずは正面の鳥居を入ってすぐ先にある狛犬です。

顔が大きくて立派な狛犬です。

 

こちらは境内社の狛犬。

体を含め、全体的に大きな狛犬です。

 

正面の鳥居とは別の鳥居の近くにある狛犬です。

この鳥居と狛犬は、境内社の近くにある神社の出入口付近にあります。

他の2つの狛犬に比べて、小さいサイズの狛犬です。

顔も他の狛犬より怖い顔をしているわけではありません。

御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

左が夏越の大祓限定御朱印、右が普段頂ける通常頂ける御朱印です。

初穂料は夏越の大祓限定御朱印は500円、通常御朱印は300円。

 

タイトルや冒頭にも書きましたが「瀧野川八幡神社」の文字がVの形をしているのが特徴です。

八幡神社は勝利の神と崇められ、V(ビクトリー)サイン型またピース(平和)サイン型に、勝運また平和への祈りを込めてお書きしております。

※瀧野川八幡神社はさみ紙より引用

V字だとは思っていましたが、ピースの形も表していると言うことは知りませんでした。

書き手の方は気持ちを込めて書いて下さっていると言うことが伝わってくるこの文章に、心が温かくなりました。

 

ちなみに毎月1日、15日は金色で「瀧野川八幡神社」と書いて頂ける限定御朱印(初穂料700円)が登場します。

アクセス

住所 東京都北区滝野川5-26-15
電話番号 03-3916-2890
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~16:30
駐車場 有料
最寄り駅からのアクセス JR埼京線「板橋」より 徒歩9分

都営三田線「西巣鴨駅」より 徒歩7分

公式サイト こちら

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

王子駅のほうへ進んでいくと東京十社の1つである王子神社王子稲荷神社装束稲荷神社があります。

ちくの東京十社めぐりその3〜白山神社と王子神社編〜 【北区】王子稲荷神社&装束稲荷神社へ行ってきた【東京の神社】

 

更にその先、赤羽駅へ移動すると関ジャニ∞や鉄道ファンの聖地になっている赤羽八幡神社があります。

【関ジャニ∞の聖地】赤羽八幡神社へ行ってきた【東京の神社】

 

その他の東京都内の神社仏閣情報や限定御朱印情報はこちらの2つの記事でチェックしてみて下さい!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在239箇所】

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。