【日暮里】安立寺へ行ってきた【東京の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは日暮里にある安立寺あんりゅうじす!

谷中エリアにある日蓮宗のお寺です。

本堂は寺務所で声をかけると中にあがって参拝することが出来ます。

 

早速紹介していきます!

寺の概要

  • 御本尊:大日如来
  • 宗派:日蓮宗
  • 山号:常観山
  • 寺号:安立寺
  • 創建:1630年
  • 開基:鶴林院日養

御由緒

寛永7年京都本法寺の鶴林院日養(明暦3年(1657年)没)が隠居所として開創した。崇敬開山は久遠成院日親。

 

※Wikipediaより引用

実際の様子

お寺の入口

お寺の入口はこちら。

開門時間以外は、門が閉まっていて入ることが出来ないようです。

門が開いている時は入ることが出来るので、参拝する場合は境内へ入りましょう。

本堂周辺

参道をまっすぐ進むと本堂があります。

写真のとおり、門が閉まっていてここから中へ入ることは出来ません。

またお賽銭箱も設置されていないので、お賽銭を奉納することも出来ません。

本堂内へ入って御本尊へ直接参拝したい場合は、本堂の左手前にある寺務所の玄関で声をかけて、中はあがらせて頂きましょう。

お寺の方に、参拝で伺ったので御本尊様へ直接参拝させて頂きたいとお願いすると、参拝可能です。

また、本堂内にいらっしゃる仏様の解説もして下さるので、よりこのお寺の歴史に触れることが出来ます。

 

お賽銭箱は本堂内にも設置されていません。お賽銭泥棒が出たことがあるそうで、それから置かなくなったそうです。

お賽銭を奉納したい場合は、事務所の玄関の脇に、募金箱があるので、そこはお金を入れましょう。

 

こちらは本堂の隣にある擁護殿。

こちらも門が閉まっていて、中へ入ることは出来ません。

 

本堂の手前にある塔。

南無妙法蓮華経と書かれています。

 

手水舎としての役割があると思われるつくばい。

こちらも本堂手前です。

 

夏に伺ったので、豚の蚊取り線香が置かれていました。

古き良き時代の風物詩ですねぇ。

御首題

本堂の左手あたりにある寺務所の玄関で声をかけると頂くことが出来ます。

今回頂いた御首題

日蓮宗のお寺なので御首題を頂きました。

値段はお気持ち。

御主題のお支払いもお賽銭同様、募金箱に納めるようになっています。

限定御首題情報

こちらのお寺では限定御首題は登場しません。

アクセス

住所 東京都台東区谷中5-3-17
電話番号 03-3821-3813
開門時間 不明
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 ありません
最寄り駅からのアクセス JR/京成/日暮里舎人ライナー「日暮里駅」より 徒歩9分

東京メトロ千代田線「千駄木駅」より 徒歩8分

公式サイト ありません

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

同じ日暮里エリアに瑞輪寺本妙院長運寺観智院全生庵などがあります。

【日暮里】観智院へ行ってきた【東京の寺院】 【日暮里】全生庵へ行ってきた【東京の寺院】

 

その他の東京都内の神社仏閣情報や限定御朱印情報はこちらの2つの記事でチェックしてみて下さい!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在239箇所】

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。