【雑司ヶ谷】法明寺へ行ってきた【東京の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは雑司ヶ谷にある法明寺ほうみょうじです!

有名な鬼子母神堂の本院ですよ~!

 

早速紹介していきます!

▼雑司ヶ谷鬼子母神の記事はこちら

【雑司ヶ谷】鬼子母神堂へ行ってきた【東京の寺院】

寺の概要

  • 御本尊:三宝尊
  • 宗派:日蓮宗
  • 山号:威光山
  • 寺号:法明寺
  • 創建:810年
  • 開山:日源

御由緒

当山は810年、真言宗・威光寺として開かれました。後の1312年、宗祖日蓮聖人のお弟子の1人、日源上人が日蓮宗に改宗し威光山法明寺と改めました。以来、仏様の教えを五十代に渡って伝え、約七百年の歴史を歩んできました。その間、徳川三代将軍・家光公より御朱印を受け、代々多くの寄進を受けています。また二十四世日宏上人の代には、内大臣西園寺公晃卿より、緋紋白袈裟と乗輿等の寄進を受け、宗門弘通の道場として、あらためて広く知られることになりました。

 

※法明寺 由緒書きより一部抜粋

実際の様子

山門とその周辺

こちらが法明寺の山門。

屋根にご注目!

山号である威光山の文字が刻まれているのです。

 

山門の先を進んで行きましょう。

途中、左手に幽顯の塔があります。

凄く特徴的な字で書かれていますねぇ。

こちらは井上有一氏と言う人物に関わるものだそうです。

本堂とみみずく

山門の突き当たりにある本堂がこちら。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

本堂前で後ろを振り返ると山門までまっすぐ伸びる参道がとても素敵でした。

本堂前を右手へ進んで行くと、寺務所があります。

御首題の対応は寺務所の玄関に入り、声をかけるとして頂くことが出来ます。

 

寺務所周辺にはすすきみみずくの形をした木彫りの置物がありました。

今更ですが、みみずくってフクロウの仲間の名前なんですって!

犬や猫のようなピンとたっている耳のような形の羽が頭にある種類のフクロウをみみずくと呼ぶそうです。

なのでこの法明寺の境内にある像はフクロウの像と呼んだ方が正しいみたいです!

鬼子母神にもありましたが、さすが本院!こちらにもみみずくたちがいますねぇ。

御首題

御首題は本堂の右手にある寺務所の玄関で声をかけると頂くことが出来ます。

日蓮宗のお寺なので御首題を頂きました!

御首題帳を持っておらず、御朱印帳を持っている場合は御朱印も対応して頂くことが出来ますよ!

その際は「妙法」と大きく墨書きされた御朱印になります。

今回頂いた御首題

今回頂いた御首題はこちらです。

値段は300円。

 

右上にすすきみみずくの印に特徴を感じる御首題です。同じ印は鬼子母神でも押して下さっていました。

書かれている言葉が鬼子母神と一部違います。

限定御首題情報

こちらのお寺では限定御首題は登場しません。

アクセス

住所 東京都豊島区南池袋3-18-18
電話番号 03-3971-4383
開門時間 不明
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 ありません
最寄り駅からのアクセス JR山手線「池袋駅/目白駅」より 徒歩10分

都電荒川線「鬼子母神前駅」より 徒歩7分

東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷駅」より 徒歩10分

公式サイト こちら

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

近くに別院である雑司ヶ谷鬼子母神があります。

他にも雑司ヶ谷七福神の1つである大鳥神社があります。

【雑司ヶ谷】鬼子母神堂へ行ってきた【東京の寺院】 【雑司が谷】大鳥神社へ行ってきた【東京の神社】

 

更に東京五色不動の1つである目白不動尊こと金乗院がありますよ~!

ちくの東京五色不動尊めぐりその4〜金乗院(目白不動尊)編〜

 

東池袋駅の方へ進んでいくと、池袋大仏のある仙行寺があります。

池袋大仏のいる仙行寺へ行ってきた【東京の寺院】

 

その他の東京都内の神社仏閣情報や限定御朱印情報はこちらの2つの記事でチェックしてみて下さい!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在252箇所】

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。