【北区】真言宗豊山派の寺院!城官寺へ行ってきた【東京の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは平塚神社からすぐ近くの場所にあるお寺城官寺じょうかんじです!

神仏分離令により平塚神社と分かれたお寺です。

こちらのお寺は、愛媛県にある四国八十八箇所霊場の第47番札所八坂寺やさかじのうつしです。

御府内八十八箇所第47番札所、豊島八十八ヶ所霊場第47番札所、滝野川寺院めぐり第8番札所、上野王子駒込辺三十三観音霊場第6番札所になっているお寺です。

 

早速紹介していきます!

 

寺の概要

  • 御本尊:阿弥陀如来(秘仏、定期開帳なし)
  • 宗派:真言宗豊山派
  • 山号:平塚山
  • 院号:安楽院
  • 寺号:城官寺
  • 創建:1634年
  • 御由緒

当寺院は昔筑紫(現在の福岡県)の安楽寺の僧侶が諸国巡礼の折、当寺に宿泊したことに始まる。その際に阿弥陀如来像を置き安楽院と称した寺院を創建した。当初はその関係から浄土宗の寺であった。

寛永11年には平塚神社の別当して、当寺院を再興し真言宗の寺院とした。

明治時代になり、神仏分離令により平塚神社と切り離され、現在に至っている。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

山門

道沿いに見える立派な山門。

都内の住宅街に佇んでいるこの雰囲気…めっちゃ良い…!!!

この門を見つけ、私はこのお寺を参拝しようと決めました。

 

山門全体の写真。

ここから境内へ入ります。

 

本堂とその周辺

山門をまっすぐ進むと本堂があります。

手水舎が見当たらなかったので、こちらの本堂へそのまま参拝させて頂きました。

本堂内は許可がない限り、立ち入り禁止です。

私は外から参拝させて頂きました。

 

本堂側から撮影した写真。

左側に写るこれ、なんて名前なんだろう…?

夜になると光りそうですね〜

提灯なのかな?

 

石で出来た生き物たち

参拝が、少し境内散策をしました。

すると、本堂の左手前あたりにくまモンとピカチュウ(?)の像を見つけました。

お賽銭が置かれています。

水がはっていませんでしたが、おそらく手水舎であろう場所にこの像が置かれていました。

 

こちらは猫の像と石の鉢。

鉢の中には本物の生きているメダカが泳いでいました。

メダカが暮らしているだけあって、水はとても綺麗でした。

猫の像はくつろいでいるように見えますね!

 

御朱印

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

値段は300円。

 

御本尊 阿弥陀如来の御朱印です。

特に指定しない場合「第四十七番」の印を右上に押して頂くことが出来ます。

 

御朱印を頂き、お金をお納めしたところ彩果の宝石(グミ)と神社の縁起が書かれている紙を頂きました。

こちらは頂いたお菓子(彩果の宝石)。

帰る際は静かに合掌して見送って下さるなど、他にもとても親切な対応をして頂きました。

 

限定御朱印情報

こちらのお寺では限定御朱印は登場しません。

 

アクセス

住所 東京都北区上中里1-42-8
電話番号 03-3910-3343
開門時間 不明
御朱印受付時間 不明(おそらく9:00~17:00)
駐車場 ありません
最寄り駅からのアクセス JR京浜東北線「上中里駅」より 徒歩3分

東京メトロ南北線「西ヶ原」1番口より 徒歩5分

公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

すぐ近くに平塚神社があります。

 

王子駅のほうへ進んでいくと東京十社の1つである王子神社王子稲荷神社装束稲荷神社があります。

 

更にその先、赤羽駅へ移動すると関ジャニ∞や鉄道ファンの聖地になっている赤羽八幡神社があります。

 

その他の東京都内の神社仏閣情報や限定御朱印情報はこちらの2つの記事でチェックしてみて下さい!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。