【京都駅付近/紅葉シーズン】東寺の夜間特別拝観へ行ってきた【京都の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは京都府京都市南区にある東寺とうじ(教王護国寺)です!

京都駅から少し移動したところにある京都の中でも有名な世界遺産のお寺の1つです。

今回は紅葉シーズンの夜間特別拝観へ行ってきたので、その時の様子をお届けします!

ちく

MEMO
真言宗十八本山 第9番、西国愛染十七霊場 第8番札所、洛陽三十三所観音霊場 第23番札所、京都十三仏霊場 第12番札所、都七福神(毘沙門天)、神仏霊場巡拝の道 第84番札所、京都十二薬師霊場 第2番札所になっているお寺です。

早速紹介していきます!

寺の概要

  • 御本尊:薬師如来
  • 宗派:東寺真言宗
  • 山号:八幡山
  • 寺号:教王護国寺
  • 通称:東寺、左大寺
  • 創建:796年
  • 開基:桓武天皇

御由緒

8世紀末、平安京の正門にあたる羅城門の東西に「東寺」と「西寺」という2つの寺院の建立が計画された。これら2つの寺院は、それぞれ平安京の左京と右京を守る王城鎮護の寺、さらには東国と西国とを守る国家鎮護の寺という意味合いを持った官立寺院であった。

南北朝時代に成立した、東寺の記録書『東宝記』によれば、東寺は平安京遷都後まもない延暦15年、藤原伊勢人が造寺長官(建設工事責任者)となって建立したという。藤原伊勢人については、公式の史書や系譜にはその名が見えないことから、実在を疑問視する向きもあるが、東寺では古くからこの796年を創建の年としている。それから二十数年後の弘仁14年、真言宗の宗祖である空海(弘法大師)は、嵯峨天皇から東寺を給預された。この時から東寺は国家鎮護の寺院であるとともに、真言密教の根本道場となった。

 

※Wikipediaより引用

実際の様子

慶賀門から境内へ!

夜間特別拝観の時の東寺の入口がこちらの慶賀門です。

ここから境内へ入りましょう。

この門のすぐ隣に交番があります。お寺のすぐ隣に交番があると言うのも珍しいですよねぇ

ちく

夜の宝蔵を囲む紅葉

門を入るとすぐ左手に宝蔵を囲むように池があります。

池の水にライトアップされた紅葉がリフレクションして綺麗でした~!!

池の周りを歩きながら先へ進みます。

途中、左に曲がる順路になります。奥に東寺のシンボル的存在である五重塔が見えてきました。

先へ進むと夜間特別拝観の拝観受付があります。

拝受受付の手前から宝蔵も見えましたよ~!!

拝観受付の先を進むと五重塔が近付いてきました!

更に進んで行きましょう!

講堂と経蔵へ!

五重塔を目指して進んで行くと国の重要文化財に指定されている講堂が左手に見えてきました。

このお堂の中には大日如来を中心に五智如来が配置され、更に五菩薩、五大明王、四天王、帝釈天と梵天が並ぶ立体曼荼羅を見ることが出来るお堂です。

とても大きなお堂の中に1つ1つが大きな仏像が並ぶ姿は圧巻!大日如来は重要文化財、帝釈天・梵天・不動明王は国宝に指定されている仏像です。夜の暗い中、明かりで照らされているお姿も素敵でした…!!

 

更にその隣にも大きなお堂があります。こちらは金堂国宝に指定されたお堂で、東寺の本堂にあたるお堂です。

この中には御本尊である薬師如来さまを中心にその左右に脇侍である日光菩薩、月光菩薩が並びます。お薬師さまの足元には土台を支えるように十二神将も並んでいます。このお堂の仏様は全て重要文化財に指定されています。

東寺と言えば五重塔!

奥へ進んで行くと五重塔がどんどん近付いてきました。

改めて、近くでじっくり見てみましょう。

五重塔も金堂と同じく国宝です。現存する日本の古塔の中で最高の塔と言われています。

瓢箪池周辺の紅葉

五重塔の近くに瓢箪池ひょうたんいけがあります。こちらの池の周辺は池泉回遊式庭園のようになっています。紅葉のライトアップを楽しめる場所の1つなのでじっくり歩いてみました。

やっぱり池にリフレクションした紅葉がとっても綺麗~!

よく見ると、池の中には鴨がいました。東寺周辺はけっこう都会なのですが、この自然が残る場所は京都の鴨たちにとって居心地の良い場所なのですね。

様々な角度から夜の紅葉を楽しむことが出来ました~!!

iPhoneで撮影した写真

夜の京都の写真は一眼レフと同時にiPhoneでも写真を撮っていました。一眼とはまた違った雰囲気の写真を撮っているので、合わせてこちらもお楽しみください。

五重塔と巨木

五重塔ライトアップ

瓢箪池と紅葉

夜間特別拝観は行ける場所が限られており、東寺全体を拝観出来るわけではありません。ですが、夜だけの特別な景色をたっぷり楽しむことが出来ました。

また改めて、昼に伺いたいと思います。その時は今回紹介出来なかった場所も含めて記事を作成するので、ぜひお楽しみに~!!

御朱印帳と御朱印と授与品

御朱印は食堂内にある納経所で頂くことが出来ます。

拝受可能な御朱印の種類はこちらです。

  1. 弘法大師/御影堂の御朱印(四国八十八ヶ所の出発の地)
  2. 十一面観世音菩薩/食堂の御朱印(洛陽三十三観音)
  3. 大日如来/講堂の御朱印(京都十三仏霊場)
  4. 毘沙門天/毘沙門堂の御朱印(都七福神)
  5. 愛染明王/毘沙門堂の御朱印
  6. 薬師如来/金堂の御朱印
  7. 虚空蔵菩薩/観智院の御朱印
  8. その他にも御朱印があるかも?!

夜間特別拝観の時間帯は東寺のスタンダードな御朱印である弘法大師の御朱印のみ頂くことが出来ます。

夜間特別拝観限定御朱印帳

東寺には、桜と紅葉に開催される夜間特別拝観の時にだけ頂くことが出来る限定御朱印帳があるのです。

そのうちピンクの色合いの御朱印帳を頂きました!

値段は2500円(御朱印2種代込)

 

講堂内の立体曼荼羅がモチーフになっているデザインの御朱印帳です。金色や銀色で様々なイラストが描かれていて可愛いんですよ〜!

同じデザインの御朱印帳でピンクの部分が紺色ベースのものもあります。

今回頂いた御朱印(直書/夜間拝観御朱印帳に書かれている限定御朱印)

今回頂いた御朱印のうち、夜間拝観限定の御朱印帳に書かれている2種の御朱印はこちら。

この御朱印帳にしか書かれていない帝釈天と梵天の御朱印です。

帝釈天は銀、梵天は金の印でそれぞれの梵字が押されています。

今回頂いた御朱印(書置/弘法大師)

今回頂いた御朱印のうち、書置の御朱印はこちら。

値段は300円。

 

東寺のスタンダードな最も御朱印です。

日中であれば他にも拝受可能な御朱印がありますが、この時間帯はこの御朱印の書置のみ授与していました。※夜間拝観御朱印帳を頂いた人のみ1つ前に紹介している御朱印も拝受することが出来ます。

紅葉にちなんだ水引の授与品

東寺の授与所で素敵だなぁと思って頂いたのがこちらの紅葉モチーフの授与品2種です。

左はクリップ、右はお守りです。

どちらも水引で紅葉の葉っぱがデザインされているのです。秋らしさを感じるデザインに一目惚れしました。

似たようなデザインで桜のものもあります。秋でも桜デザインのものも頂くことが出来ますよ〜!

ちく

限定御朱印情報

そうだ京都、行こうの限定ツアーに合わせて限定御朱印が登場します。

新緑の季節など、季節限定ツアーの旅行を申し込んだ人限定御朱印です。

夜間特別拝観期間限定御朱印が登場します。

こちらの限定御朱印は限定御朱印帳を拝受した人のみ頂くことが出来る御朱印です。

アクセス

住所 京都府京都市南区九条町1
電話番号 075-691-3325
開門時間 5:00〜17:00
拝観時間 金堂/講堂 8:00〜17:00

宝物館/観智院 9:00〜17:00

御朱印受付時間 9:00〜17:00 ※夜間特別拝観の期間は夜間も拝受可能です
拝観料 季節により異なります

公式サイトを参考にしてみて下さい

駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 近鉄京都線「東寺駅」より 徒歩10分

JR「京都駅」より 徒歩15分

公式サイト こちら

公式インスタグラムはこちら

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

京都駅周辺にある「東本願寺」「西本願寺」「本光寺」「くらげ庵」「六孫王神社」「文子天満宮」「福田寺」「市比賣神社」

京都駅周辺に東本願寺、西本願寺、本光寺、くらげ庵(真如寺京都別院)があります。

東寺の近くに六孫王神社があります。

渉成園の方へ移動すると文子天満宮、福田寺、市比賣神社があります。

その他の【京都駅周辺】の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

この他にも京都駅周辺にはたくさんの神社仏閣があります。個別の記事にまとめたので、この周辺で寺社巡りをする際、ぜひ合わせてご活用下さい!

京都【京都駅周辺】の神社仏閣まとめ【御朱印情報も満載!】

その他の京都の神社仏閣まとめ

その他のの京都の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

※こちらの記事は鋭意作成中です

一生に一度は行きたい【京都】の神社仏閣まとめ【御朱印情報も満載!】

京都はちょっと遠いけど気になる、行ってみたい!と言う人は旅行へ行きましょう!

じゃらんnetホテルや移動の新幹線、飛行機などを安く予約できる予約サイトです。ぜひ行く際は活用してみて下さいね〜

ちょっと贅沢な旅をしたい人には一休.comがオススメです!

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA