【嵐山】旧嵯峨御所 大本山 大覚寺へ行ってきた【京都の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは京都の有名観光スポットを代表する嵐山にあるお寺旧嵯峨御所 大本山 大覚寺(きゅうさがごしょ だいほんざん だいかくじ)です!

嵐山の中心からは少し離れた場所にありますが、バスも出ているのでアクセスしやすいお寺です。

真言宗十八本山 5番札所、近畿三十六不動尊 13番札所、神仏霊場巡拝の道 第89番札所になっています。


Twitterのアイコンにもしています。
このお寺、私が京都の中でも特に大好きな場所です。

 

寺の概要

  • 御本尊:五大明王
  • 宗派:真言宗大覚寺派
  • 山号:嵯峨山
  • 寺号:大覚寺
  • 創建:876年
  • 開基:嵯峨天皇
  • 御由緒

嵯峨野の北東に位置するこの地には、平安時代初期に在位した嵯峨天皇が離宮を営んでいた。嵯峨天皇の信任を得ていた空海が、離宮内に五大明王を安置する堂を建て、修法を行ったのが起源とされる。嵯峨天皇が崩御してから30数年後の貞観18年、皇女の正子内親王(淳和天皇皇后)が離宮を寺に改めたのが大覚寺である。淳和天皇の皇子(嵯峨天皇には孫にあたる)恒貞親王(恒寂(ごうじゃく)法親王、仁明天皇の廃太子)を開山(初代住職)とした。

鎌倉時代の徳治3年に後宇多法皇が大覚寺を再興した。法皇は伽藍の整備に力を尽くしたため、「中興の祖」と称されている。また、ここで院政を行ったため嵯峨御所(さがごしょ)とも呼ばれ、法皇の父である亀山法皇から続く系統は当寺にちなんで「大覚寺統」と呼ばれ、後深草天皇の系統の「持明院統」と交代で帝位についた(両統迭立。この両系統が対立したことが、後の南北朝分裂につながったことはよく知られる。元中9年、南北朝の和解が成立し、南朝最後の天皇である後亀山天皇から北朝の後小松天皇に「三種の神器」が引き継がれたのも、ここ大覚寺においてであった。ただし、南北朝時代を通じて南朝方寺院であったというのは事実ではなく、南北朝分裂後に南朝方の性円法親王(後宇多法皇の皇子)と北朝方の寛尊法親王(亀山法皇の皇子)が相並ぶ分裂状態が続いたものの、南北朝が和解した時期には北朝・室町幕府方の有力寺院となり、後に室町幕府3代将軍であった足利義満の子・義昭を門跡に迎える素地となった

このように、皇室ゆかりの寺院であり、代々法親王が住職となった門跡寺院であるため、現在でも御所風の雰囲気がただよっている。御所跡地が国の史跡に指定されている。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

大覚寺の入口はこちらです。

建物は広く、たくさんのお堂がありそれぞれが廻廊で繋がっています。

 

拝観料を払いまず最初にたどり着くのがこちらの門。

手前は枯山水になっています。

早速紹介していきたいと思います!

 

大覚寺と言えば廻廊!

私がこのお寺を大好きな理由は廻廊の多さです。

先ほども書きましたが、たくさんのお堂はそれぞれ廻廊で繋がっています。

と言うわけで廻廊コレクション!

途中で2つに分かれた廻廊やまっすぐ伸びる廻廊などたくさんあります。

全て別の廻廊なのです。

まっすぐ伸びる廻廊もあれば階段になっている廻廊もあります。

私の一番のお気に入りがこちらの場所です。

Twitterのアイコンにしている廻廊です。

霊明殿に繋がる廻廊なので、行く方は必見です!

 

これらの廻廊は村雨の廊下と呼ばれていて、鶯張り(踏むとキュッと言う感じの音がなる廊下)になっています。

 

刀剣 膝丸

このお寺でここ数年話題になっているのがゲーム刀剣乱舞にも登場する膝丸(ひざまる)と言う刀剣です。

膝丸はこのお寺の宝物として大覚寺が所有している刀です。

大沢池という境内にある池の向かい側にある本堂では膝丸のお守りや絵馬などがありました。

刀剣のパネルもありました。

 

期間限定で境内にある霊宝館で膝丸を展示していました。

定期的に膝丸をはじめとした大覚寺の宝物を展示する企画展を開催しているそうです。

本物の膝丸は撮影禁止なので、こちらの詳細が書かれた紙を撮影しました。

ここには膝丸に関しての紹介が記載されています。

 

紅葉と廻廊

私が行った11月中旬はまだ紅葉はピークではありませんでしたが、色付き始めていたので撮影してきました。

廻廊からもちらほらと紅葉が見えています。

きっと11月下旬頃が一番見頃かもしれません。

私のお気に入りの廻廊のあたりが一番綺麗に紅葉を見る事が出来ました。

 

御朱印

御朱印は値段300円です。

拝観料を払う窓口の隣に御朱印を預ける場所があるので、そこの御朱印帳を預けて帰りに受け取るようになっています。

2016年1月に頂いた御朱印

はじめて頂いた御朱印です。

 

2017年11月に頂いた御朱印

前回と同じ御朱印を頂きました。

中央に御本尊「五大明王」の文字が書かれている御朱印です。

 

今回はお堂がある屋内だけを拝観しましたが、屋外の大沢池周辺(こちらは別途拝観料

がかかります)も見て回ることが出来ます。

ゆっくり大覚寺を参拝するのも楽しそうですね!

嵐山へ行く際は是非こちらへ行ってみてください!

 

アクセス

住所 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
電話番号 075-871-0071
拝観料 大人 500円

小中高校 300円

※祇王寺との共通拝観券は600円(大人の拝観券しかありません)

開門時間 9:00~17:00(受付時間 16:30)
御朱印受付時間 開門時間と同じ
駐車場 有料
最寄り駅からのアクセス JR「嵯峨嵐山駅」より 徒歩20分

阪急「嵐山駅」より 徒歩35分

京福「嵐電嵯峨駅」より 徒歩25分

公式サイト こちら

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。